原理原則

テーマ:
僕は学生時代から
たくさん怪我をして
たくさん身体が悲鳴をあげて
たくさん辛い思いをしてきました

だから身体が辛い人の気持ちがわかります
だから勉強し続けてきました
今も勉強し続けてます

解剖学・生理学・病理学・栄養学…etc

鍼灸の国家資格を取得して
現場に出ると世間からは
プロとしてみられます

しかし実際は教科書通りにはいかず
患者さん、自分自身に対して
悔しい思い、情けない思い、申し訳ない思い
たくさんしてきました

勉強して勉強して勉強して
目の前の患者さんの痛みや悩みを解決すると
さらに難しい患者さんが紹介で来るという連鎖

嬉しい反面
自分の力ではどうにもならない方まで
紹介で来ることが多々あります

力になれない悔しい負のスパイラル

そうだ、割りきろう!と
思った事も多々ありました。

しかし

自分の家族だったら割り切れるか?
と考えるようになり、やはり
治療家という生き方を選んだ以上
目の前の方をどうにかしてあげたい
そう思いました

ご縁があって
素晴らしい師匠に出会えて
人間の身体の原理原則を学び
どんな患者さんが来ても
今は自信を持って対応できます

なぜなら
あらゆる健康問題に対応できるから。

自信を持って自分の家族に
一番受けてもらいたい治療です
身体の原理原則を知ってしまうと
むやみに他の治療は受けてもらいたくない 
なぜなら大切な家族だから。

明日も大切な患者さん一人一人
真剣にガチンコで向き合います!!

福島県二本松市の
訪問はりきゅう整体あおぞら治療院