自分の想い

テーマ:
今日は治療家という生き方を選んだ
自分の想いを書こうと思います

自分は高校生2年生まで学校の教員に
なろうと思っていました

それは


勉強が苦手だったから


なんでこんな問題わからないんだ?
と先生に言われると、いつも心の中では
逆になんで僕がわからないかを
先生はわかってくれないの?
と思ってました。

もし自分が先生だったら
わからない生徒の気持ちが
わかると自負していました。

しかし

部活にばかり懸命になっていた自分は
勉強が疎かになり、教員の夢を断ちました

そこで

部活で散々、怪我に苦しんだ経験から
治療家になりたい
そう決意し専門学校へ進学しました

同じ年代で
同じ筋肉量で
同じ練習をしてるのに
何故、自分だけ怪我をするのか

あちこちの医療機関や医療類似機関、
体の為に様々な所へ行きましたが
この答えを明確に教えてくれるところ
納得できるところは
どこもありませんでした。

言われること
やっていただくこと
それはどこも同じようなものばかり

だったら自分が同じ思いの人を
助けてあげたいと思ったのです

専門学校を経て鍼灸の国家資格を取得し
中国での人体解剖実習へ行って
ご献体を自らメスで切らせていただいたり
神奈川県横浜市の整骨院で働きながら
勉強会やセミナーへ参加し日々、学び…
学ぶ時や考える時は必ず
【なぜ?】を3回は自問自答し
365日、常に患者さんのこと、体のことを
考えては勉強し、遂には体の研究の為
アフリカ大陸にも行きました笑

それでも人体は奥が深く
健康とは何か、
治るとは何か、
根本治療とはなにか、

ずーーーーっと考え、学び、実践し

ようやく

ようやく

ようやく

自分が目指していた本物の治療家
実践者の師匠に出会いました

今まで遠回りしたかと言えば
遠回りではなかったです
今まで学び続けてきたからこそわかる
言葉の意味、深さ、施術の成果を
細胞レベルで感じることができたのです

自分が心の底から目指していたものを
学ばせていただいてる今の環境に
感謝しかありません

【患者の健康と生命を第一とする】

今の自分に出来る最善を尽くし
一ミリもブレずに精進していきます!