中学生で包茎の気配!?全然むけなかった僕のチンコの皮 | 包茎手術で包茎をキレイに治した体験談!おすすめクリニックもご紹介します!

包茎手術で包茎をキレイに治した体験談!おすすめクリニックもご紹介します!

長い間「真性包茎」で悩んでいた管理人が一念発起!包茎手術で包茎を治した体験談を、病院選びから実際の手術、手術後の経過まで詳しくご紹介します。


テーマ:
中学生の包茎

僕が「大人のちんこ」について詳しくなったのは中学三年生のとき。

今どきの子どもは、小学生くらいでも「性の知識」を知るらしいですが、僕はどちらかというとそういう話には奥手で、大人のちんこの仕組みや、セックスや性の知識を正しく知ったのは中学三年生になってからでした。

・大人のちんこは皮がむけること
・勃起したちんこを挿入してセックスすること

この事実を知ったときの衝撃は今でも覚えています。

中でも「大人のちんこは皮がむける」ということに、驚きを隠せませんでした。

このページでは、中学時代の僕のチンコの様子と、一般的な中学生のチンコの状態・何歳くらいでチンコの皮がむけるのか?についてご紹介します。

完全に皮がかぶっていた僕のちんこ

何でそこまで驚いたかというと、中学生の僕のちんこは完全に皮がかぶっていたからです。

普通の状態のときは亀頭まですっぽり皮が覆っていて、外尿道口(おしっこや精子が出てくる口)も見えないくらいだったし、勃起しても外尿道口がちょっと見える程度でした。

後々、これは「真性包茎」という状態だということを知るのですが、このときはまだ包茎の知識はなかったので、「大人になるにつれて、そのうち剥けてくるだろうな」くらいにしか考えていませんでした。

真性包茎でもオナニーはできていた

そもそも、僕があまり危機感をおぼえなかった理由のひとつに、オナニーは普通にできていたというのがあります。

真性包茎の場合、人によってはオナニーもできません。

勃起しただけで痛みがある人や、勃起しても外尿道口が出ないで、射精した精液がペニスの皮の中に溜まってしまう人もいます。

こういった日常生活に支障がでたりセックスに支障がでる状態の場合は、包茎専門のクリニックで「包茎手術」が必要です。

僕の場合、勃起時は多少窮屈で、亀頭が圧迫されるような感覚がありましたが、陰茎をシゴくと普通に射精することができていました。

他の子どもと見比べる機会がなかった

危機感をおぼえなかったもうひとつの理由に、他の子どもちんこと見比べる機会がなかったというのがあります。

僕の子どもの頃は、銭湯や温泉に行く機会はありませんでした。
プールに行っても更衣室で着替えるし、学校のプールの授業のときも、スカートのようなタオルを巻いて見えないように着替えます。

当然見せ合う機会なんかないし、他の子どものちんこを見る機会もありません。

唯一、修学旅行のお風呂の時間で裸になる機会がありましたが、そのときもタオルで前を隠していました。そもそも「包茎」というのを知らなかった時期なので、他の子どものちんこを注意して見ることもありませんでした。

こうして、僕は自分のチンコの状態をあまり意識することなく中学生を終えるのでした。

中学生のチンコの状態の正しい知識

一般的な中学生のチンコの状態について、正しい知識をご紹介します。

14才~20才くらいでチンコの皮がむける

チンコの皮がむけて包茎でなくなるのは、平均14才~20才です。

つまり、中学2年生くらいから大学生にかけて大人のチンコになります。

そのため、中学生でチンコに皮がかぶっていても変ではないし、すぐに「包茎」と決めつけるものでもありません。日本人の場合、高校生くらいからむけ始める人の方が多いでしょう。

チンコの皮がむけ始めるとどうなるのか?

中学生になり思春期を迎えると、男性ホルモンの働きが活発になります。

男性ホルモンの働きが活発になると、チンコの亀頭や陰茎自体も大きくなり、大人のちんこの準備が整います。放っていてもむける人もいるし、自分でむいているうちにむけるようになる人もいます。

この時期は、

・亀頭を触ると敏感になる
・皮をむくとき違和感や痛さがある

といった症状があるかもしれませんが、それは普通の状態です。今まで包皮が亀頭を覆っていたので、亀頭が外部の刺激に敏感になっているからです。

ただし、皮をむくときにあまり痛みが激しいようなら無理にむいてはいけません。

先ほども言ったように、高校生になってからむけ始める人もいるので、痛みがあるようならしばらくそっとしておきましょう。

チン毛が生えないのはおかしい??

チンコの変化とともに、チンコの周りにも「チン毛」が生えてきます。どちらかというと、チンコの変化よりも先にチン毛が生えるようになるでしょう。

ただし、チン毛の生える・生えないについても個人差があります。

中学1年生くらいで生える人もいれば、中学3年生になってようやく少し生え始める人もいます。これは、もともとの体質が毛深いかどうかなども関係するので、個人によってバラバラです。

ですが、チンコの皮がむけるのとは違い、チン毛は中学生では確実に生えてくるようです。

中学生のチンコはどのくらいなら大きいのか?

中学生のチンコは発展途上です。

そのためチンコのサイズも個人によって大きな差があります。

まだ発達してないチンコなら、平常時が3,4cmでも普通のサイズです。一方で大人なチンコに発達している人なら、勃起時に10cm以上ある中学生もいるでしょう。

中学生のチンコの平均サイズとしては

・通常時:5cm
・勃起時:9cm

とされています。

つまり、上記のサイズ(通常時5cm、勃起時9cm)よりチンコが大きければ「周りよりもでかいチンコ」と言えるでしょう。


さて、僕のチンコの話に戻ります。

中学生時代には全く自分の包茎に気づかなかった僕ですが、高校生になり、部活の先輩同士の会話の中で「自分が包茎だ」ということを認識するのでした。

次ページ:高校になっても皮がむけない!自分が包茎だということを知る!

houkei-manさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス