包茎手術で包茎をキレイに治した体験談!おすすめクリニックもご紹介します!

包茎手術で包茎をキレイに治した体験談!おすすめクリニックもご紹介します!

長い間「真性包茎」で悩んでいた管理人が一念発起!包茎手術で包茎を治した体験談を、病院選びから実際の手術、手術後の経過まで詳しくご紹介します。


テーマ:


・傷跡が残らない包茎手術の技術
・包茎手術の実績数業界No.1
・24時間体制のアフターケアの充実


こういった内容から、僕が包茎手術をするために選んだのが「上野クリニック」です。

高校生のときからのコンプレックスであった「真性包茎」を、社会人1年目でついに!治すことができる!

自分のチンコを手術することで最初は不安や躊躇がありましたが、調べていくうちに「安心・安全で後遺症もなくキレイに包茎が治る」という確信が持てたので、上野クリニックのWEBサイトの予約フォームから、包茎手術前のカウンセリングを予約したのでした。

ただ、ネットで包茎手術のことを調べていると

強引な勧誘があった
あとからオプションで料金がどんどん追加された

といった情報も目にします。


本当に強引な勧誘や料金の上乗せがあるのでしょうか?

このページでは、実際に包茎手術を受けた僕のカウンセリングの体験談をもとに、包茎手術を受ける人が手術前に気になることについてまとめたいと思います。

事前カウンセリングでやったことの全て

上野クリニックのWEBサイトから予約すると、その後はメール(もしくは電話)でカウンセリングの日程を最終決定します。

ここで、

・カウンセリング当日に包茎手術をしてしまうか
・別日に手術をするか

選ぶことができます。


すぐにでも包茎を治したい人はカウンセリング当日に包茎手術を予約するといいでしょう。

カウンセリング予約日に上野クリニックへ行く

予約日に上野クリニックへ行きます。

上野クリニックでは、完全予約システムで患者同士が顔を合わせなくてもいいように配慮してくれます。

包茎手術って恥ずかしいことだから、患者同士だとしても他人と顔を合わせなくていいのはポイント高いです。

いいクリニックかどうかって、こういう細かい部分の配慮にも行き届いているかどうかも重要です。

カウンセリングは以下の流れで進みます。

・問診票の記入
・問診票をもとに質疑応答
・上野クリニックのシステムの説明
・担当医師による診察
・契約書への署名(手術を受ける場合)


問診票は気軽に書いていきましょう

アンケート形式の問診票が渡されます。

・包茎の症状
・包茎でどういった悩みがあるか
・麻酔手術の経験の有無
・アレルギーの有無
・常用薬の有無


などです。

わからない部分や足りない部分などは、スタッフさんが補足しながら説明してくれるので、正直ベースで書いていきましょう。

質疑応答がきめ細かくて安心できた

問診票をもとに男性スタッフさんと質疑応答です。

ここで包茎の症状や悩みについて詳しく話しますが、スタッフさんに包茎の悩みや症状を理解してもらったことで、僕自身なぜか安心してしまいました。

スタッフさんが聞き上手というか、僕の症状や悩みをうまく引き出してくれて、長年ひとりで悩んできたことを自然に吐き出せて、ホント救われたというか。

数多くの包茎患者と向き合ってきたから、患者の気持ちがわかるんだと思います。

たぶんこういった患者の気持ちがわかる部分も、クリニックの実績とか経験があるからであり、人気の部分なんだな~と感じました。

問診票では「麻酔の経験は無い」と回答したのですが、カウンセリングで

「歯医者さんでも麻酔ありませんか?」

と聞かれて

「歯医者なら・・・あります!」

となりました(笑)

歯医者での麻酔も麻酔経験になるんですね。

上野クリニックのシステム・料金はわかりやすい

上野クリニック全体のシステムと料金の説明があります。

包茎の種類や手術の説明もありますが、上野クリニックは公式サイトの情報が充実しているので、基本的には公式サイトに載っている情報で間に合ってしまいます。公式サイトを見て、わからない部分や聞きたいことを何でも質問しましょう。

例えば僕は以下のようなことを質問しました。

・麻酔は痛くないのか?
・傷跡が残る可能性はないのか?
・性感帯が失われる(セックスやオナニーの感度が下がる)ことはないのか?


包茎手術の料金についても公式サイトに載っているとおりです。

ネットで調べていると「手術当日に追加料金を上乗せされて50万にもなってしまった」なんて情報もありますが、上野クリニックではいきなり料金を上乗せされるようなことはありませんでした。

包茎がキレイに治ることだけを考えているので、必要がなければ追加料金等も取られることはありません。

ただし、一部のクリニックでは患者を騙す悪徳クリニックもあります。よくある失敗例のページでまとめてあるので、ぜひ合わせて読んでみてください。

参考:包茎手術のよくある失敗例

真性包茎やカントン包茎の場合、ヒアルロン酸などの注入をした方がいいことがあります。

僕はヒアルロン酸治療は必要なかったのですが、担当医師の診断によりカウンセリングで勧められる場合もあるので、心の準備はしておきましょう。

※包茎手術や詳しい料金については、以下の公式サイトを確認してみてください。
参考:最新の上野クリニックの包茎手術と料金を確認する

担当医師による包茎の状態の診察

カウンセリングが終わると担当医師による診察です。

ズボンとパンツを脱いで、包茎ちんこを医師が診察します。

他人にちんこをマジマジと見られるのは初めてなので、ズボンとパンツを脱ぐ時は抵抗がありましたが、淡々と診察してくれるので、逆に「こういうものだな」とすぐに受け入れられました。

診察の結果は「真性包茎」

しかも包皮と亀頭が少し固着しているので、通常よりも手術時間がかかるとのことでした。

ただ

・手術すれば正常なチンコになる
・傷跡も残らないキレイな仕上がりになる
・痛みや違和感もなくオナニーやセックスもできるようになる


といったことを言われて「早く手術を受けたい!」という気持ちが強くなったのを覚えています。

契約書への署名

カウンセリングが終わると、いよいよ包茎手術です。

もう一度よく考えたいときは、後日、包茎手術を受けることも可能です。もちろん、包茎手術をすること自体を考え直したいというのでも構いません。

大事なことなので、少しでも引っかかることがあればムリに手術を受けなくてもいいでしょう。上野クリニックなら、手術前のカウンセリングは無料だし、その場で強引な勧誘なども一切ありません。

ちなみに僕は、そのまま手術をすることを決めました。

最初から手術をするつもりでクリニックには来たし、長年のコンプレックスを1日でも早く解消したいという思いもありました。

そして何より、カウンセリングを受けて「上野クリニックなら間違いなくキレイなちんこになる」と確信を持てたからです。

手術をする旨伝えると、契約書への署名と支払いです。

包茎手術は、外科手術の中では簡単で安全に受けられる手術です。実際に手術を受けて包茎を治した僕の経験上間違いありません。

ですが、100%安全というものはこの世にはありません。

稀に傷跡が残ったり、ちんこに攣りなどが残る場合もあるそうです。

契約書では、そのようなリスクを了承したうえで包茎手術を受けますか?ということに署名するためのものです。

上野クリニックなら、万が一、ちんこに攣りなどが残っても、担当医師が最後まで診察してしっかりサポートしてくれます。

包茎手術後のアフターケアの充実もクリニックを選ぶ上では重要です。

包茎男子が気になることへの回答

包茎や包茎手術で気になることをまとめました。

実際に体験したり担当医師に質問した内容なのでご参考にしてみてください。

強引な勧誘はあるのか?

有名で評判のよい包茎クリニックなら強引な勧誘はありませんが、一部、悪徳な病院やクリニックでは強引な勧誘があるそうです。

少なくとも、僕が包茎手術を受けた「上野クリニック」をはじめ、当サイトでご紹介しているおすすめのクリニックでは、強引な勧誘は一切ありません。

オプションで料金をどんどん追加されることはあるのか?

カウンセリング中にムダなオプションで料金を追加されることはありません。

これも、当サイトでご紹介している包茎クリニックならありえないことです。

ただし、ヒアルロン酸の注入治療など、包茎をキレイに治すうえで医師が必要を判断した場合は提案があります。

その場合は、医師の診断どおりにすることをおすすめします。

麻酔は痛くないのか?

最初の局部麻酔注射を打つときに痛みがあります。
手術中に痛みを感じることはありません。

傷跡が残る可能性はないのか?

手術の方法によって違います。

たとえば、上野クリニックの「複合曲線作図法」という手術方法の場合、傷跡が残ることはありません。また、縫合部分が亀頭のカリに隠れるようになるので、傷跡が目立つこともありません。

手術の種類と傷跡の件については以下のページでくわしくまとめてあります。ぜひ合わせて読んでみてください。

参考:【包茎手術の種類と術式】傷跡が残らないおすすめの手術方法

ちなみに、万が一、傷跡が目立つなど手術後の見た目に納得いかない場合は、キレイに修正再手術をすることも可能です。

性感帯(セックスやオナニーの気持ちよさ)が失われることはないのか?

上野クリニックの複合曲線作図法の場合、性感帯(セックスやオナニーで気持ちよさを感じる部分)となる裏スジ(包皮小帯)を残すような手術なので、包茎手術でセックスやオナニーの感度が下がることはありません。

但し、包皮小帯に関係なく、手術をキッカケに感度が一時的に鈍くなったと感じる人もいます。

・亀頭が露出して痛くて気持ちよくない
・チンコがしばらく攣るような感覚になる
・手術後に恐る恐るオナニーするので気持ちよくない


上記のような症状は一時的なもので、時間が経つと解消します。

また、手術後のアフターケアサービスでも相談に乗って、対処法を処置してくれるはずです。

僕は、亀頭の敏感な状態がしばらく続いてセックスを楽しむことができなかったのですが、半年もするうちに慣れて、それまで味わったことのないような気持いいセックスを体験することができるようになりました。

▼僕の真性包茎がキレイに治った「上野クリニック」はコチラ▼
上野クリニック

さて、僕のチンコの話に戻します。

カウンセリングで納得して、契約書にサインをして手術費用を支払いました。

当日手術のため、そのまま待機となります。

包茎手術を前にもっと緊張してドキドキするかと思っていましたが、意外と冷静に呼ばれるのを待つことができました。

前ページ:真性包茎の手術!失敗しない包茎手術の病院の選び方

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス