睡眠のお供。

テーマ:

ここ数日寒さが一段と厳しいですね。

 

冷え性の私は体の末端が氷のようになります。

 

なので日中はもこもこスリッパに夜寝るときには電気あんかが必須でした。

 

でも電気あんかって温度の調整が難しくて暑いなと思って下げたら寒かったり調整を足の指でするのでつったり。

 

そこで登場したのが昔から冷え性の強い味方、湯たんぽです。

 

娘にと思って昨年買って使ってみたらまぁなんと使い勝手のいいこと。

 

温度調整いらず、朝までずっと暖かい、適度な優しい温度で冬の夜の睡眠がすごく快適になりました。

 

陶器がいいって聞いたのですが、我が家はドジな人間が3人なのでベッドから落とす可能性があってこわいのでプラスチック素材にしました。

 

でも電気あんかの時にはよく落としていたのですが、温度調整しなくていいし直接足をのせなくても温かいので落ちたことはありません。

 

今年は旦那と私の分も買い足して3個使用しています。

 

朝には出して食器を洗った後のすすぎに使ったり歯磨きなんかの時に使っています。

 

朝でも暖かいお湯なのでありがたい。

 

気になっていたのはお湯をすごく使うのでエコではないのでは?という点だったのですが、

容量は娘のが600mlで十分暖かかったので私たちは780mlのものにして、

2リットルのやかんの八分目くらいのお湯で済みます。

 

中にはひとつ2リットル使用する湯たんぽもあるようですが私たちはこれで十分朝まで暖かいです。

 

ほんとは3つとも600mlでもよかったのですがもう売ってなくて。。。

 

購入したのは西村ジョイで一つ680円から900円(税抜き)くらいで買えました。

 

湯たんぽお勧めです。

 

 

(画像はお借りしました)

AD