盤について21(運勢4) | 方鑑学(方位鑑定)
新型コロナウイルスに関する情報について

方鑑学(方位鑑定)

運を開く。運を開くと人生を拓いていくことが出来ます。運を開いているか、閉じているのかは大きな違いです。方位を使って運を開くことが出来ます。方位とは非常に大事なものなのです。そのことに気が付いてもらえるように。毎日少しずつ書いていきます。

ズーム例会のお知らせ

 

 

開催日 令和2年10月22日(木)

時 間 夜7時から8時まで

内 容 方鑑学についてのお話し

 

料 金 会員は無料。非会員は1,100円(後日振込み)

参加者名と人数をメールを送信して下さい。

 

ズームの招待を返信します。

 

ズームのご招待を返信します。


初めてズームを使うかたでも、割と簡単な操作で参加出来ます。


場所も関係なく、日本からのみならず海外からも参加出来ます。

 

お問い合わせ及びお申込みは、zoom-reikai☆keiyuukai.net(☆をあっとまーくに変えて) まで。

 

 

例会のお知らせ

 

 

開催日 令和2年11月4日(水)

時 間 夜7時から

料 金 千円

会 場 東京事務所

残 席 2名(10月16日現在)

※二次会は例会終了後、金竜本店さんで実費にて開催します。



※新年会・講演会・例会へのお問い合わせは、kaichou☆keiyuukai.net(☆をあっとまーくに変えて) まで。

 


おはようございます。

 

皆様のご厚意によってランキングが上がっています。

先にこちらを押してから本文をお読み下さい。

お願いします。

 


人気ブログランキングへ

 

 

本日は土曜日です。

何をするかって、今日も仕事です。

明日は千葉まで行きます。

会員さんでお友達のかたがお二人、ある楽器の生徒さんとして発表会があるそうです。

聴きに行ってきます。

日曜日から出かけちゃいます。

そのために、やるべきことを先にやっておかないとね。

 

 

 

(あくまでイメージ写真です)

 

 

 

 

 

方鑑学と私1(いつから勉強を始めたの?)



方鑑学と私2(なぜ方鑑学を勉強したの?1)



方鑑学と私3(なぜ方鑑学を勉強したの?2)



私と方鑑学4(なぜ方鑑学を勉強したの?3)




さて、本日のお話です。

暦でも、盤についてのお話をしていきましょう。

盤は、暦の図表化したものです。

10月になりました。

10月の月盤を出してみましょう。





これは簡易な盤です。


令和2年度の年盤を出してみましょう。

 

 

では、盤で分かることをお話ししてみます。

簡易盤で分かる運勢ですね。

黒くなっている星は運勢が悪い時です。


では、上の盤で考えてみましょう。

一昨日は10月の月盤、昨日は令和2年の年盤で、ちょっとだけご説明しました。

運勢は、年と月を考えていきます。

単独で考えるのではなくて、両方を考えていきます。

もちろん、単独で考える場合もありますよ。

ここでは、両方を考えるということでね。

年の盤を右、月の盤を左に置きます。

置くとは、頭の中でね。

そして、年の盤を下にして、月の盤を上にします。

それで、重ねてみます。


今日はここからです。

昨日は、令和2年10月節の一白命の運勢を考えました。

今日は、令和2年10月節の肉露命の運勢を考えてみましょう。

年の盤で、みてみましょう。

二黒という星は、南にいて歳破という凶殺を受けています。

令和2年の年盤で、南で黒くなっているのが二黒です。

(五黄以外で)黒くなっているから、運勢が悪い時と解釈します。

歳破は、年の破れです。

運勢が悪い年で、不運年となります。

ですから、新しい事をしない。

大きなことをしない。

ジッと耐える時期です。

病難怪我やその他の災難に中止すべき年です。

また、良い年に向かって準備をする時です。

準備することは良いのです。

何かを始めるのが良くない。

開店、就職、結婚、などの人生の節目となるようなことを始めるのは特にですね。

二黒命にとって、令和2年はそういう良くない年です。

では、月で考えてみましょう。

二黒という星は、10月の月盤で西にいます。

西は本来良い場所です。

東西南北は、特に安定しています。

四正(しせい)と言います。

しかも、西は恩恵に浴している場所です。

余裕があって、楽しく過ごせる時(ところ)です。

しかし、今年は良いと判断しません。

非常に災難が多い月と判断します。

その説明は、今回は省きます。

どうしても聞きたいというかたは、直接私にメッセージを送ってみて下さい。

今回、説明は省きますが、二黒命は10月節に悪い月となります。

年で悪く、月でも悪い運勢の時となります。

踏んだり蹴ったり、ということがあってもおかしくありません。

ジッと耐える月です。

小さなことでも、細心の注意を払って下さい。

災難が無ければ、最高だというくらいです。

そう判断します。


この簡易盤からでも、こういった運勢を考えることは出来ます。

ただ、詳しくみていくには、もっともっと詳細に運勢をみていく必要があります。

それは勉強会でお話しをしています。

例会(お話会)では無くて、個人的に受けて頂いている勉強会です。


といったところで。

本日のお話はこの辺で。


明日をお楽しみに。

 



携帯サイト


携帯やスマホで、今年の運勢や毎月の運勢が無料で見られます。

毎日の良い方位と運勢を携帯やスマホへお送りしています。

携帯サイトはこちらから。


これからも毎日、ぜひポチッとをお願いします。
pcのかたはぜひお願いします。スマートフォンでも大丈夫みたいです。
ポチッとを宜しくお願いします。

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

新年会のお知らせ

 

新型コロナを勘案致しまして、令和3年の新年会開催を中止します。

※9月末に決定しました。