移方転気7(まとめ) | 方鑑学(方位鑑定)

方鑑学(方位鑑定)

運を開く。運を開くと人生を拓いていくことが出来ます。運を開いているか、閉じているのかは大きな違いです。方位を使って運を開くことが出来ます。方位とは非常に大事なものなのです。そのことに気が付いてもらえるように。毎日少しずつ書いていきます。

例会のお知らせ

 

 

開催日 令和2年2月5日(木)

時 間 夜7時から8時

内 容 方鑑学についてのお話し

料 金 1,000円(お茶代込・税込)

会 場 東京事務所もしくはその近く

残 席 7名(1月14日現在)


二次会 金竜本店さんを予定。会費は実費。
 

※新年会・講演会・例会へのお問い合わせは、kaichou☆keiyuukai.net(☆をあっとまーくに変えて) まで。

 


おはようございます。

 

皆様のご厚意によってランキングが上がっています。

先にこちらを押してから本文をお読み下さい。

お願いします。

 


人気ブログランキングへ

 

 

本日は水曜日です。

昨日も充実した日でした。

ありがとうございました。

今日は鑑定の仕事です。

頑張ります。

明日は、浜松へ帰ります。

久しぶりです。

5日の新年会のために、4日からずっと東京方面でした。

千葉にも行きましたが、色々とありました。

また、今度の日曜日にでも、お話ししようかな。





















さて、本日のお話です。

方鑑学の解説をしています。

開運方法のお話です。

今は、移方転気(かたがえ)についてです。

6回にわたり、移方転気についてお話をしました。

詳細な注意事項としましてはね。

吉方移転のところでお話ししたことをご覧下さい。

もしくは、復習してみて下さい。

簡単にいえば、吉方移転を2回おこなう。

そう考えれば良いのです。

正確にいいますと、ちょっと違うところがありますけどね。

その点は、移方転気4と5の仮移転1と2でお話しをしました。

ですから、吉方移転の注意事項ややりかたをよく読んで下さい。

そうすれば、移方転気もちゃんと出来ます。

または、ホームページなどにも、やりかたや注意事項を掲載しています。

そこをしっかりと押さえておいて下さいね。

開運方法について、昨年10月から再度お話をしてきました。

お水取り。

吉方増築。

動土。

吉方移転。

移方転気(かたがえ)。

それぞれについてのやりかた、注意事項などね。

ここで書けることに関しましては、お話ししました。

次のお話にいくのか。

もうちょっと、開運についてのお話をするのかはね。

明日の気分次第ということで。


といったとことで。

本日のお話はこの辺で。


明日をお楽しみに。



携帯サイト


携帯やスマホで、今年の運勢や毎月の運勢が無料で見られます。

毎日の良い方位と運勢を携帯やスマホへお送りしています。

携帯サイトはこちらから。


これからも毎日、ぜひポチッとをお願いします。
pcのかたはぜひお願いします。スマートフォンでも大丈夫みたいです。
ポチッとを宜しくお願いします。

 


人気ブログランキングへ

 

 


講演会のお知らせ

 

開催日  令和2年6月10日(水)

開 場   午後5時45分から

お食事    午後6時から

講演時間  午後6時半から8時まで

内 容   「令和2年後半の個人運」と「方鑑学詳細」

会 費   5,000円(食事付き)を予定

会 場   ホテルベルクラシック東京(JR大塚駅南口徒歩1分)