• 20 Nov
    • 県内ツアー2本目!上越アースでライブでした。

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。11/19 は県内ツアー2本目上越EARTHでライブでした。前予報通りの荒天。北陸道 大積ICから突然の降雪。途中で何台も中央分離帯にスリップして突っ込んだらしく大破しておりました。おー怖っ!スタッドレスタイヤのカワムーラ号は心配なしです。ラーメン上越屋が店主のギックリ腰でおやすみだったため昼食はあごすけでした。近くん眠そう。目が覚めた近くん、リハのマッキー。上越EARTH、天井が高い!リハではスネアがスコーンと抜けてベースも篭らずズドーンと出る感じが堪りませんでした。楽屋。和やかな雰囲気でした。いくらゆう君の話しが鉄板過ぎて笑いました!ボーカル、カサマタケヒトが弾き語りをするときの名義はかさまたろうでやっているのですが、それを本名だと信じていたいくら君は「もう何も信じられない。苗字は変わるかもしれないけども、名前にそれはないでしょう!」ずっも言っていました。ライブでの写真は…残念ながら無し。ボーカルカサマタケヒトのホームということもあり彼の所縁の面々が沢山ライブに来てくれました。以前組んでいたバンドでもない、弾き語りでもない中でアースのステージに立つことは彼にとってすごく新鮮だったみたいです。余程気合が入ったのか、ライブ中にはまさか弦を2本切るというアクシデント笑ほぼハンドマイクでのライブもまた新鮮でした。打ち上げは謎の中華料理店で。上越EARTH、すごく良いライブハウスでした。toneとしても気付くことが多くありました。共演のいくらゆう、マキタショウタそして上越EARTHのカオリさん、ユージさん、アオちゃんありがとうございました!また遊びに行きます!ツアー3本目は12/2 長岡音楽色堂!お待ちしております(´∀`)カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【toneインフォメーション】1st Triple A-side Single"New Groovy Tunes"2017.10.25リリース!”New Groovy Tunes”リリースツアー中!次回は11/19 上越アースにて!open: 18:30 / start: 19:00adv: 1,200yen / door: 1,700yen出演 いくらゆう/マキタショウタ/tone"ショーウィンドウ"ビデオクリップ公開中!https://youtu.be/qPoMy-7tL0sHP https://tone-niigata.jimdo.comMail tone.newsound@gmail.com

      テーマ:
  • 18 Nov
    • Say! Move on! Move on!! アルビレックス新潟に寄せて

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。明日は上越アースでライブ!雪予報が出るほどに冷え込んでいる日本列島。新潟も例外なく冷え込んでいます。ライブでの遠征を見越して、私の機材車も一足先に冬仕様にしました。夏タイヤは磨いて倉庫へ。ハロー純正タイヤのスタッドレス君。最終リハも終えて、ガン上がりのセットリストを組みました!上越アース、お楽しみに!11/19 上越アースopen: 18:30 / start: 19:00adv: 1,200yen / door: 1,700yen出演 いくらゆう/マキタショウタ/toneさて、今日はアルビレックス新潟の試合でしたね。仕事の傍、目はテレビ中継に釘付けでした。窓の外のビッグスワンを思いながら必死で応援しておりました。オウンゴールが決勝点になるという形でしたが結果的に1-0で新潟が勝利。ただ、後半44分頃、広島の勝ちが決定し新潟が14年ぶりとなるJ2降格となったのでした。ピッチの選手は恐らく、試合終了のホイッスル後にその事実を知ったことでしょう。…。アルビレックスとの出会いは16年前。当時中学2年生だった私は友人と電車に乗り白山駅から徒歩10分の陸上競技場で観戦していました。「ウ オイ!ウ オイ!船越ー!ゴールゴールゴールゴール」「オー アンヨンハー!イギョンラ イギョンラ アンヨンハー!」懐かしい歓声は今でも耳に残っています。日韓ワールドカップが新潟で開催された翌年の2003年、ビッグスワンで行われた第44試合最終節新潟が大宮を1-0で下しJ1昇格を決めたのでした。当然、私のその現場に居合わせて、歓喜の渦の中にいました。その翌年からサッカーからは離れてしまいました。ここ数年は下位で低迷していたアルビレックス。今日、遂に降格となってしまいました。ブラジルから獲得してきた選手は新潟で育ち財力のあるチームに移籍していくという負の連鎖。それでもカウンターサッカーを貫き、泥臭く闘ってきた新潟。遂にこんな日が来てしまった。新潟にプロスポーツが芽生えたのは確かアルビレックスが初めて。内には秘めても表には出さない県民性がアルビレックスを通して初めてその熱意が一つになって表に出るきっかけになったと思う。何かに熱狂できるという県民性を引き出したアルビレックスの功績は大きい。降格した今こそ、改めてその熱意を一つにまた昇格を目指して欲しい。toneの歌にこんな詞がある。Move on Move onできない理由探さないでMove on Move onただ真っ直ぐ 動き出すのさこの歌の通りただ真っ直ぐ昇格を目指して泥臭く闘って欲しい。アルビレックス新潟、これからも応援しています。tone "Move on"(Live)カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【toneインフォメーション】1st Triple A-side Single"New Groovy Tunes"2017.10.25リリース!”New Groovy Tunes”リリースツアー中!次回は11/19 上越アースにて!open: 18:30 / start: 19:00adv: 1,200yen / door: 1,700yen出演 いくらゆう/マキタショウタ/tone"ショーウィンドウ"ビデオクリップ公開中!https://youtu.be/qPoMy-7tL0sHP https://tone-niigata.jimdo.comMail tone.newsound@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 新潟カルチャーショック

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。毎朝のカワムーラのグッドモーニングみなさん、見てますか??是非リアクションください笑Twitter@Hottyhotteaフォローミー!いよいよ冬が近づいて来ましたね。今日は今年いちばんの冷え込みと言うことで朝は随分と寒かったです。今日は季節行事のタイヤ交換。雪の降らない地域の人には馴染みがないことでしょう。新潟は完全なるクルマ社会です。クルマが無いとどこにも行けないから、だいたい1人一台です。しかも雪が半端なく降るので、スタッドレスタイヤを持っていない人はほぼいません。いや、いません。スキー場に普通タイヤで来て事故を起こす人、当たり前です(笑)そして田舎の方ではガソリンスタンドも近くにありません。なので、タイヤ交換は基本自力です。私は小学3年生の頃からみっちり仕込まれました。最近ではタイヤ交換はガソリンスタンドやらカーショップに頼む人が多くなって来たけども、台数が多いとなかなかお金もかかる。という事で、今シーズンも4台一気にスタッドレスタイヤに換装してきました。デカい。タイヤ交換中のBGMはoasis。ロックンロールスター。大好きなoasis。英語は割と出来ない方。完全に音楽の雰囲気で入ったoasisだったけども最近では英詞とその和訳を見ながら聞くことが増えた。改めて歌詞の深みの凄さに気付く。歌詞の中で物語を完結させると言うよりも聴き手に寄り添って、受け取り方を聴き手に委ねるような歌詞が多いような。こんな風に誰かの心を動かせるような歌が作りたい!新譜リリース後も、新しいものは作り続けています。そうそう、今回のツアーでは2nd Mini Album 「talkback」収録曲もセットリストに入っています。今のtoneは今までのtoneの延長線上にある。自分たちの伝えたいことをより伝わるように形が少し変わっただけ。…かさまくんが加入して劇的に変わったけども笑是非、ライブハウスに見に来て欲しいです。次回ライブ!2017/11/19NewGroovyTunesリリースツアー@上越アースOpen 18:30 / Start 19:00ADV ¥1,200- / DOOR ¥1,700-ACTいくらゆう/マキタショウタ/toneお待ちしております!という事で全身バッキバキのカワムーラでした。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【toneインフォメーション】1st Triple A-side Single"New Groovy Tunes"2017.10.25リリース!”New Groovy Tunes”リリースツアー中!次回は11/19 上越アースにて!open: 18:30 / start: 19:00adv: 1,200yen / door: 1,700yen出演 いくらゆう/マキタショウタ/tone"ショーウィンドウ"ビデオクリップ公開中!https://youtu.be/qPoMy-7tL0sHP https://tone-niigata.jimdo.comMail tone.newsound@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 09 Nov
    • ツアー1本目でした!

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。遂に始まりましたNGTリリースツアー!11/3クラブリバーストにお越しいただいた方々、ありがとうございました!「いわむロックを見て好きになりました!」というお客さんもいらっしゃって嬉しい限りでした。出番前にNGTを置いて頂いている島村楽器新潟BP店へポスターを持って改めてご挨拶へ伺いました。いつもありがとうございます!万代でばんにゃいに遭遇。ツイッターを通して応援されました。昨日はライブ後の反省会でした。ブログ更新はミーティング後に、なんて勝手に決めていたら遅くなってしまいました。tone結成6年、初のツアーです。新譜を作って、改めて自分たちの持ち味を再確認することが出来た。あとはそれをステージでどう出すか…です。気心通ったメンバーでも、やはり個性は四者四様。ミーティングで思ったことを言葉にしてやり取りするのは大事にしています。自分たちの歌とビートを届けるために、このツアーで成長して行きます^ - ^ツアー2本目は11/19 上越アースにて。お待ちしております!カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【toneインフォメーション】1st Triple A-side Single"New Groovy Tunes"2017.10.25リリース!”New Groovy Tunes”リリースツアー中!次回は11/19 上越アースにて!open: 18:30 / start: 19:00adv: 1,200yen / door: 1,700yen出演 いくらゆう/マキタショウタ/tone"ショーウィンドウ"ビデオクリップ公開中!https://youtu.be/qPoMy-7tL0sHP https://tone-niigata.jimdo.comMail tone.newsound@gmail.com

      テーマ:
  • 27 Oct
    • 秋晴れの新潟

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。少し音楽から離れたブログを。本日はオフ。農業を営む両親の依頼で畑を耕していました。安定のクボタ。慣れない手つきでなんとか耕す。見よ、このウネを!排水のための溝掘りです。秋を感じるものがチラホラ。ブロッコリーの葉っぱ。姪っ子作のフォックスフェイス。地元のジェラート屋さん。ジェラテリア・レガーロ新潟県新潟市西蒲区橋本240-7https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15001185/top_amp/新潟に来た際はお立ち寄りください!結構ヘビーに来ています。さて、toneはというと11/3のレコ発ツアー初日に向けてセットリストが決まりました。残るリハは2回!着々と仕上がって来ていますよ!ショーウィンドウMVでtoneのエッセンスを感じたあなた!そうあなた!生のライブを是非見に来て欲しいな!11/3のラインナップはこちら。出番は17:40〜と少し早めです。連休初日、街へ飲みに繰り出す前に遊びに来てテンション上げていきましょうー!ご予約は下記より!お待ちしております^ ^http://tone-niigata.jimdo.com/contactカワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【toneインフォメーション】1st Triple A-side Single"New Groovy Tunes"2017.10.25リリース!”New Groovy Tunes”リリースツアーは11/3から!"ショーウィンドウ"ビデオクリップ公開中!https://youtu.be/qPoMy-7tL0sHP https://tone-niigata.jimdo.comMail tone.newsound@gmail.com

      4
      テーマ:
  • 25 Oct
    • New Groovy Tunes 本日発売!

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。2017.10.25ついに本日、トリプルA面シングル"New Groovy Tunes"の販売を開始します!!みなさん、お待たせしました。今年の3月にカサマタケヒトを加え再スタートを切ったtone。6月にベーシックトラックのレコーディング7月にボーカルレコーディングとダビング8月にミュージックビデオ撮影9月にミュージックビデオ完成と順を追って参りましたが、ようやく発売です。今回もジャケットデザインはDr/Cho 皆川智司写真撮影はGt/Cho 近駿祐が担当しました。1作目、2作目に続いてかっちょよく出来ています!購入はHP、ライブハウス、下記店舗でどうぞ!HP :https://tone-niigata.jimdo.com/webshop/<販売店舗>・島村楽器 新潟BP店・島村楽器 イオン長岡店・柳都オレンジスタジアムそして新譜を引っ提げて県内ツアーに回ります!11/3 新潟クラブリバースト 17:40-11/19 上越アース12/2 長岡音楽色堂―ツアーファイナル―12/8 新潟ゴールデンピックスブラックステージ新譜は僕らの音楽のエッセンスが詰まっています。ショーウィンドウMVを見て、それを感じ取ってくれたのであれば是非ライブにも足を運んで欲しいっす。生のビートに乗っかる2本のギターとベース回るミラーボールの下で踊るように演奏する4人組。…楽しいでしょ!ライブ会場に来ていただいた方、ご依頼がありましたらサインをさせていただきます!ライブのご予約はtone.newsound@gmail.comまたはホームページの問い合わせフォームよりどうぞ!https://tone-niigata.jimdo.com/contact/みなさん、ライブ会場で会いましょう!!カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【toneインフォメーション】1st Triple A-side Single"New Groovy Tunes"2017.10.25 リリース決定!”New Groovy Tunes”リリースツアー決定!"ショーウィンドウ"ビデオクリップ公開中!https://youtu.be/qPoMy-7tL0sHP https://tone-niigata.jimdo.comMail tone.newsound@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 20 Oct
    • NGT発売まであと5日です。

      新潟4ピースロックバンドtoneのベーシストカワムーラです。【お知らせ】NGTご予約の方にお知らせです。本日、予約注文分を全て発送致しました!ご好評頂いており、私の愛のこもった梱包作業は深夜まで続いたのでした…笑ご到着まで今しばらくお待ちください!さて!本日はCDのプロモーションで新潟県内各地をぐーるぐるしてきました。そりゃもうぐーるぐるで、お昼に食べた激辛ラーメンと直後に飲んでいた人工甘味料多めの炭酸飲料のせいでおれのお腹もぐーるぐるでした。朝から長岡へ出発!12月2日にツアーでお世話になる音楽色堂さん。待ち合わせの時間になっても誰もこないなぁなんて思っていたらなんと!音楽食堂違い!最近は2店舗態勢になったようです。音楽色堂近くのカレー屋さん。スッゲーうまそう!辛いの上がなんだか絵的にも抜群に辛くなってそうな感じ。昭和レトロ。ライブ前行くの決定!この街並み、すっごい懐かしい。今日は20日だから朝市やってた。今日1日でたくさんの人のところへNGTを届けてきました。いつもお世話になって、支えてくれている人のお陰でこうして音楽が出来ていることを改めて感じました。本当に感謝です。。。まだまだ回りきれていないところがあるので、また日を改めて伺います。現在、新譜NGTはHPからのみ購入出来ますが10月25日以降、下記店舗でも販売を開始します。長岡市・島村楽器イオン長岡店新潟市・島村楽器新潟BP店・柳都オレンジスタジアム(敬称略)近日中にもう少し購入可能店舗が増える予定です!ショーウィンドウMVの再生回数も既に1000回間近!キリ番を踏んだら教えてください^ - ^NGT発売まであと 5日!お楽しみに。カワムーラ【toneインフォメーション】1st Triple A-side Single"New Groovy Tunes"2017.10.25 リリース決定!”New Groovy Tunes”リリースツアー決定!"ショーウィンドウ"ビデオクリップ公開中!https://youtu.be/qPoMy-7tL0sHP https://tone-niigata.jimdo.comMail tone.newsound@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 17 Oct
    • NGT収録曲"ショーウィンドウ"ビデオクリップ サイドストーリー

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。急に寒くなりましたね!寝間着をタンクトップ×トランクスから厚手の長袖長ズボンスウェットに替えました。極端?毎年のこうです笑。さて、10/25発売の新譜NGTよりリード曲ショーウィンドウのビデオクリップが公開されましたね!今日はビデオクリップに込めた想いを語りたいと思います。ショーウィンドウの曲の世界観については以前ブログで紹介しましたね。(過去ログ参照)ビデオクリップでは思い描いてた自分と現実の自分のギャップに苦しむ様を描きたかった。直感で浮かんだ主人公が「サラリーマン」だった。音楽を仕事にして生きていける人はたぶん一握りなんだと思う。みんなそれぞれ、夢を追いながら生活のために働いて働いて…大好きな音楽をやる。そんな生活を送っているミュージシャンはきっと沢山いる。中には挫折して、そのまま生きて行くために仕事を主として行く人も居るだろう。やりたい事のためにやりたくない事する。それは生きて行かなければいけないから。そんな姿を体現していたのが、分かりやすいサラリーマンだった。…サラリーマンカサマは入社6年目。後輩も入ってきて、上からも下からも挟まれている中堅社員。外回りの営業で万代に出ていたところ突然の会社からの電話。強い口調で上司に戻りが遅いと叱責される。…こんな冒頭で始まるストーリー。彼は会社員の傍ら音楽の夢を諦められずにいる。社会人としての経験年数が経つにつれて、毎週やってきた弾き語りもだんだんと足が遠のいて来てしまう。オーディションに応募するも、審査にはなかなか通らない。夢と現実の狭間に苦悩する主人公。心の中の描いていた自分がスーツ姿の自分を嘲笑している。悔しい。悔しい。こんなはずじゃなかった…!目をこすり改めて心のミラーを見たら写っていたのはサラリーマン姿の自分だった。きっと僕らくらいの年齢の人は一度は直面する場面。このままでいいのか…悩むよね。僕だって悩む。だけども、誰も進むべき道は教えてくれない。立ち止まって考えて考えて自分の道を切り開いて行くしか無い。現実は厳しいけども、今を見つめ直す機会があれば別の人生も歩めるかもしれない。僕もあなたも今、そんな微妙な年齢を生きているんじゃないかな?こんなサイドストーリーを聞いて改めて見るビデオクリップはあなたの心にもっと突き刺さるものになるかもしれない。ショーウィンドウビデオクリップ必見です。tone "ショーウィンドウ" (Official Music Video)カワムーラ--------------------------------------【toneインフォメーション】1st Triple A-side Single"New Groovy Tunes"2017.10.25 リリース決定!”New Groovy Tunes”リリースツアー決定!"ショーウィンドウ"ビデオクリップ公開中!https://youtu.be/qPoMy-7tL0sHP https://tone-niigata.jimdo.comMail tone.newsound@gmail.com

      テーマ:
  • 14 Oct
    • NGT収録曲紹介!「ショーウィンドウ」

      4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。本日は朝からの更新。さぁ近くんを探せ、です。これもなかなかシュール。さて本編。01.ショーウィンドウ作詞/作曲 カワムラリョウスケ編曲 toneNGTのリード曲として猛プッシュしている曲です。さらりと言いますが10月15日20時にショーウィンドウのミュージックビデオを公開します。お楽しみに。また追ってお知らせしますが。僕は年齢は公開していない(笑)けれども人生酸いも甘いも大体味わってきたであろう年齢になってしまった。ふと鏡に映る自分を見たら、ものすごい数の白髪があってね。もう数えきれないくらいに増えていた。はじめに思ったのが「年取ったな」ではなくて「誰だこれ?」だった。当然、光を反射するものであればなんでも自分の姿は映る。久しぶりに万代を歩く。新しくできたビルの1階にあるアパレルショップのショーウィンドウにはやはり見慣れない白髪の人が映っていた。なぜ「誰か?」なんて思ったんだろう。それは「こんなはずじゃなかった」と心のどこかで強く思っていたからだと気付いた。なりたかった自分と今の自分とのギャップは結構ある。その時々によって、持っていた夢も違うし。学校の先生にもなりたかったし、自動車整備士にも、気象予報士、スポーツトレーナープログラマーだって。もちろん音楽で成功もしたかった。今の自分はそのどれにも当てはまっていなかったんだろう。だから 誰? と。きっとみんなもそうなんじゃないかな。僕だけじゃなくてさ。なりたかった自分と今の自分とのギャップに苦しんで「心の中の自分」と話をして、夢と現実との折り合いをつけて生きていくんだと思うんだ。前ばかり見て突っ走っていないでたまに立ち止まって振り返ったり、考えてみると違う道が見えてくるかもしれない。あなたの夢は何ですか?今の自分、満足していますか?この曲が考えるきっかけになれたらいいな。カワムーラ---------------------------------------【toneインフォメーション】1st Triple A-side Single"New Groovy Tunes"2017.10.25 リリース決定!”New Groovy Tunes”リリースツアー決定!HP https://tone-niigata.jimdo.comMail tone.newsound@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 12 Oct
    • NGT収録曲紹介!「マスク」

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。この写真は6/3の藤沢で撮ったやつ。本場の家系ラーメンをこの日初めて食べたけども…また食べたくなりました。ラーメン…!さて本編。02.マスク作詞/作曲 カワムラリョウスケ編曲 tone前々から思っていたモヤモヤを形にしようともがいて出来た曲。前にも形にしようと作ってはみたものの、混沌としたドスみたいなところが出せなかった。今回の原案もそう。試しにベースをドロップDにしてみたら…ハマった感じがあり採用。自分探しをしてもがき苦しむ様を醸すいいエッセンスになったと思います。マスクという表題。書いた時から、映画マスクをイメージしていた。https://youtu.be/-buBcmTBdRkジムキャリー主演、1994年公開。昔から大好きで何回見たことやら。冴えない主人公がマスクを被ることでイケイケモテモテに変わるこの映画。この映画、途中でマスクが外したくても外れなくなる。幼心に恐怖を感じていた。マスクを書くときに同時に頭にあったのはミスチルのファスナーという曲。https://youtu.be/LkfwCyd4roMなんだか人間の裏と表だったり猫を被っていたりそんなことを考えさせられる曲。このマスクは自分を守るために何かを演じていたら自分がなんなのかわからなくなってしまったという曲。嫌われたくないからうまく生きて行くためにマスクを被らなければいけない。きっとみんなそうなんだけどね。周りに合わせて生きるのも必要だけど周りに媚びてマスクを被って自分を見失うようなことはして欲しくないな。誰にも嫌われたくない誰からも愛されたいそんなの無理だって、みんな分かっているんだけどね。あぁもう!!っていうところをドロドロと歌っています。全編スラップで演奏する曲も珍しいんじゃないかな。次回はリード曲、ショーウィンドウについて。お楽しみに^ - ^カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーー[toneインフォメーション]2017.10.251st Triple A-side Single "New Groovy Tunes"リリース決定!"New Groovy Tunes"リリースツアー決定!ライブ予約、詳細はHPより!http://tone-niigata.jimdo.comtone.newsound@gmail.com

      テーマ:
  • 11 Oct
    • NGT収録曲紹介!「ムーブオン」

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。先日のライブにて。皆川さん、加工により恐ろしい形相です。さて。NGTのリリースがいよいよ迫ってきました。今回はシングルといっても3曲。どれも気合が入っています。一曲ずつ紹介していこうと思います。「03.ムーブオン」作詞/作曲 カワムラリョウスケ編曲 toneムーブオンの一番最初の叩き台音源を探してみたら、2015年5月30日でした。https://soundcloud.com/user-594956706/n2f4r0ebynkm懐かしい。この時は歌詞の下案は大体出来上がっていたけども、まだメロが固まっていなかった。そのかわりにオリジナルにはないファズギターで歌詞の持つ熱量の代弁しているような。サビの雰囲気も全然違うなー!実はこの曲、セカンドミニアルバム talkback にも収録してあります。それを今回、ニューシングルでもあえて再録しました。カサマタケヒトの声でどうしても聴かせたかったから。毎回のライブでのセットリストに入ることが多いこの曲。作り手としては結構な思い入れがある。当時、月―金で働いて、その繰り返しだった毎日に活力を見いだせずにいた。そんな時に遠くから応援してくれる自信満々のヒーローが居たら。歌詞を書いたきっかけはそんな思いだった気がする。https://www.youtube.com/watch?v=6Z66wVo7uNwこの曲を紹介されて、今の世界観にグッと近づいた。背中をそっと押してくれるような。ムーブオンを歌っているうちに、自分もヒーローになってみんなを応援出来たらなんて思うように。『「できない理由探さないで」ってトコにぐっときたわー』なんてお客さんに言われたときは、なんだかうれしくてグッと来たよね。いつの間にか「できない理由探さないで ただまっすぐ動き出すのさ」っていうの僕の原動力になっている気がします。現実はつらいことも多い。そんな現実に抗うためのエネルギーがこのムーブオンから感じてもらえたら嬉しいな。次回は 02.マスク について!お楽しみに。カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーー[toneインフォメーション]2017.10.251st Triple A-side Single "New Groovy Tunes"リリース決定!"New Groovy Tunes"リリースツアー決定!ライブ予約、詳細はHPより!http://tone-niigata.jimdo.comtone.newsound@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 08 Oct
    • NGTレコーディング ジャケット編②

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。何故か決まって10月の連休は晴れますね。晴れた新潟の夜もまた綺麗です。さて、本編。ジャケット撮影裏話です。NGTレコーディング ジャケット編②舞台となったのは新潟の中心地、万代。新潟駅から少し離れた信濃川沿いにあるその街にはスクランブル交差点がある。そこだけおしゃれなレンガ敷となっていて、個人的には”若者の街、新潟”の象徴となっていると感じている。土日となれば絶えず人が行き交う。その場所で撮影。真昼間に撮影するとなると大規模な交通規制が必要。まさか自分たちの力ではどうにもならない。。。おのずと誰もいない早朝を狙うしかなかった。夏真っ盛りの8月20日。朝霞が明けてきた午前5時少し前。いざ撮影開始!集合したのはメンバー4人。珍しく遅刻者なし…といいたいところだったがカワムーラが遅刻(笑)撮影はというと…三脚を使った。アビーロードのジャケットを見ながら立ち位置を入念に調整。そしてこのポーズである。何してんだこれwww撮影には人が来る時間が迫っていることよりも追われていることがあった。お気づきの方もいるだろう。そう、信号である。撮影は横断歩道が渡れる「青」でないとできないのである。いくら車も人も通っていないといえど、交通ルールは順守する。そう、tone全員の暗黙の総意である。「あっ青になった!近君三脚立ててきて!」「はい!」(ダッシュで印をつけた位置に行き三脚を立てる近君)(タイマーセットをして横断歩道めがけて走ってくる近君)「あっ信号点滅してんじゃん!いったん撤収撤収!」なんてことをひたすら繰り返していた(笑)「河村さーん!靴脱いでないじゃーん!」「皆川さーん!手の位置が違うー!」結構楽しく撮影していたのでした。そう、撮影の時はみんな白シャツを着ています。なかなか真っ赤のシャツって見つからなくて。ジャケットの写真編集はカワムーラが担当。繊細にシャツを赤く染め上げました。ジャケットの総合デザインは皆川。1枚目のミニアルバムからずっと彼が担当しています。今公開しているのはジャケットの表面だけ。実際のCDはもっとかっこよくなっています。盤面が…!ジャケット裏が…!オビが…!是非手に取ってみてみてください!次回から収録曲についてのお話をお楽しみに。カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーー[toneインフォメーション]2017.10.251st Triple A-side Single "New Groovy Tunes"リリース決定!"New Groovy Tunes"リリースツアー決定!ライブ予約、詳細はHPより!http://tone-niigata.jimdo.comtone.newsound@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 05 Oct
    • NGTレコーディング ジャケット編①

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストカワムーラです。レコーディング編は3部構成で熱く書かせてもらいました。読んでくれた方々に感謝!さて、ジャケット編です。このジャケット、どこかで見たことないですか。そうこれは誰もが知っているThe Beatles Abby Road をフィーチャーしています。そして新潟といえば今話題のアイドルグループNGT48。彼女たちのメジャーデビューシングル「青春時計」もここ万代でした。青春時計 NGT48新潟といえばこの風景。さすがNGT48。どうしてもこの感じを自分たちのジャケットにも活かして新潟愛を表現したかったのです。ただ、僕たちはロックバンド。彼女たちよりもよりアビーロードをフィチャーした形で撮りたい!そんな思いで、NGT48「青春時計」のジャケットも参考にさせてもらいこのジャケットが完成したのでした。衣装にも意味がある。ジャケットで印象的な 赤と黒。ロックなカラーでしょ。ライブハウスのフロアも赤黒の市松模様が多いよね。フランスの小説に 赤と黒 と言うのがあって。野心を達し社会的に成功を収めるには軍人か聖職者になるしかなかった時代。そこに生きた主人公を描いて当時の世の中を痛烈に批判する物語。ここでの軍人の衣装が赤、聖職者の衣装が黒だった。何かに抗おうとするロックな色。toneを体現しています。新潟は港町。いろんな人がいろんな国から来て、どんどん新しいものが生まれていった。そんな革新的な気質なある新潟を象徴するものでもある。NGTのNは新潟のN。"これから新しい事をはじめる"という意味でのNでもある。これからN New "新しい"G Groovy "イカした"T Tunes "曲たち"を届けに行きます。New Groovy Tunes益々楽しみになって来たでしょ。次回はジャケット撮影裏話。…意外と困ったことが盛りだくさんで…笑お楽しみに。カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー[toneインフォメーション]2017.10.251st Triple A-side Single "New Groovy Tunes"リリース決定!"New Groovy Tunes"リリースツアー決定!ライブ予約、詳細はHPより!http://tone-niigata.jimdo.comtone.newsound@gmail.com

      4
      テーマ:
  • 02 Oct
    • NGTレコーディング 後編

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。NGTレコーディング 後編New Groovy Tunes ダビング2017.0701-02,06@柳都オレンジスタジアム湘南でのベーシックトラック録りを終えて舞台は本拠地新潟へと移る。東京からディレクターを迎えボーカルREC、ダビング、コーラスRECへと進む。レコーディングはカワムーラが担当。1日目ボーカルレコーディング曲に歌を吹き込むということは曲に命を吹き込むことと同じ。歌詞を確認するボーカルカサマタケヒトの表情からは鬼気迫るものが感じられる。彼にとってレコーディングは初めての経験だった。「上手い下手ではなく、感情を歌に乗せられるかどうか。」アドバイスが飛ぶ。テイクを重ねていくうちに彼は気づき、何かを掴んだようだった。元々持っていた息遣いから漏れる感情が、溢れ出てくるようになるのが分かった。さらに感情のこもった彼の声をヘッドフォン越しに聴きながら、toneに彼を迎え入れて本当に良かったと思った。ボーカルレコーディングでは彼のボーカリストとしての一面を強くうかがい知ることができた。2日目ダビングメインはギターダビング、合間にパーカッション関係を録る。ギターダビングはおそらくこのレコーディングセッションの中で一番苦労した。ベーシックトラックのレコーディングとは違い、一人で演奏するという自分との孤独な闘い。自分と向き合うがために納得のいくテイクが録れない。もうどのくらいのテイクを撮り直したのかわからない。レコーディング開始から10時間。焦る気持ち。内側で少しずつ少しずつ高ぶってくる感情。それが最高潮に達し、もはや頭を真っ白にして弾いていたように思う。それでもまだ近は納得できない。「自分が納得のできるミスのないテイクが録りたい」不意にそんな言葉が近の口から出る。今までのtoneのレコーディングをふと振り返ると、そんな言葉が多かったように思う。「ミスなくしっかり弾けるように」「ここのキメはちゃんと合わせて」この日は時間切れとなり、後日録ったテイクの中から良いテイクを選ぶことになった。ディレクターは近の思いに反して、近がよいと思ったテイクを採用せず頭を真っ白にして弾いたテイクを選んだ。「レコーディングは楽曲のもつ熱量を切り取る作業だ」湘南でディレクターに言われたことを思い出す。このテイクはマスクのアウトロのギターフレーズ。抑圧されていた感情が堰を切ったように溢れ出すようなイメージだ。このイメージと近の最高潮に達した感情が一致したのだった。この経験を通して「感情を切り取る」ということがどういうことかディレクターを通して気づかせてもらうことができたように思う。それまで、ミスがないようにということを念頭に置いて演奏していたtone。このレコーディングセッションではそれだけでは誰かを感動させる音楽はできないことに気づくことができた。元々の演奏力の高さに「感情をのせる」というファクターをのせると楽曲がこんなにも変わるのか!ギタリスト近だけでなく、メンバー全員にとってもこの経験は非常に大きなものとなった。こうして録った熱い感情がこもった音が最高の形でまとめられて"New Groovy Tunes"が誕生したのであった。レコーディングが終わり、スタジオを出ると偶然柳都アーティストファームの松本さんに会う。ディレクター佐々木さんと松本さんは既知の仲。松本さんが新潟にやってきて、ライブハウスを盛り上げようとしている時にBar3000Wで出会った。こうしてオレスタを使っているのもその繋がりがあってこそだった。今回のレコーディングでは、本当に人と人との繋がりの中で音楽をさせてもらっていることに気付かされたのであった。レコーディング編はこの辺で。ジャケット作成話はまたの機会に。カワムーラ---------------------------------------[toneインフォメーション]2017.10.251st Triple A-side Single "New Groovy Tunes"リリース決定!"New Groovy Tunes"試聴リンク"New Groovy Tunes"リリースツアー決定!ライブ予約、詳細はHPより!http://tone-niigata.jimdo.comtone.newsound@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 01 Oct
    • NGTレコーディング 中編

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。秋晴れ10月1日。超気持ちいい!日曜日ですね。今日は #メガネの日 だそうです。私は意外とメガネ好きで・普段使い用メガネ・パソコン用ブルーライトカットメガネ・仕事用メガネ・ドライブ用メガネがあります。さてさて本題に。NGTレコーディング 中編New Groovy Tunesレコーディング@フリースタジオ湘南 2017.06.03-04バタストレコーディングチームエンジニアの石田さん。この時が初対面だったけど、実は "音"では既に対面済みだった。新潟のシンガー 夏海キワ の楽曲で 「飴玉イズム」という曲がある。実はこの曲、アレンジはtoneが担当レコーディングは河村が行なっている。動画 「飴玉イズム」この曲のミックスを担当したのが、石田さんだった。toneとしては過去2作品を河村がレコーディングを手がけて自らミックスを行なって来たが、録った曲をプロがミックスしたのはこれが初めて。出来上がって来た音を聞いてとても感動したのをよく覚えている。録った音以上に音のリアルさが増して真ん中に据えた歌の世界観をさらに感情的に引き立たせていたのだった!この時の縁が縁を呼んで一本の線となりtoneと石田さんを繋ぎ合わせたのである。今回のレコーディングではこの感動があったからこそ出来上がってくる音の期待値はすごく高かった!初めてのプロエンジニアとのレコーディング。緊張のためか、気付かないうちに力が入る右手、音符をなぞるように冷静になってしまうアタマ。「レコーディングは楽曲の熱量を切り取る作業だ」その言葉を聞いてハッとする。上手くやろうとするのではなく、楽曲への情熱をそのまま体現しなくてはいけない事に気付く。湘南の海風にあたる。新潟のそれとは少し違った。目の前に見えるのは太平洋でそこに佐渡の陰影はない。遮るものが何もない水平線をみて頭を切り替える。自分たちの持てる熱量を最大限ぶつけて、全力で演奏した!コントロールルームで録った音を聞いた時は震えた。こんなにもリアルに自分たちの音がカタチに出来るなんて…!この感動を早くみんなにも届けたくてたまらない!新潟でのダビング&ボーカルレコーディングについてはまた次回に。カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーー[toneインフォメーション]2017.10.251st Triple A-side Single "New Groovy Tunes"リリース決定!"New Groovy Tunes"試聴リンク"New Groovy Tunes"リリースツアー決定!ライブ予約、詳細はHPより!http://tone-niigata.jimdo.comtone.newsound@gmail.com

      2
      テーマ:
  • 30 Sep
    • NGTレコーディング 前編

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。いわむロック記事から少し空きました。楽しかったね!ドラムス皆川のこの表情。甘党ツートップ。レコーディング裏話。勝負できるボーカリスト=カサマタケヒトを擁しての新体制。やはり勝負できる音が作りたかった!2017.06.03-04 レコーディング。神奈川県 湘南海岸にあるレコーディングスタジオ”フリースタジオ湘南”で新しくイカした曲を録ってきました。縁がつないできた新体制。昨年新潟ゴールデンピッグスで対バンしたbutterfly inthe Stomach通称 "バタスト"のレコーディングチームにディレクションとエンジニアを依頼しました。バタストのボーカル&ギター小野さんドラムス太郎さん。イケメン2人組はめちゃくちゃいい人!それ以上にライブが超かっこいいの。そんな憧れの二人の念を自分たちの音源に何とか繋げたかった。toneのメンバーがバンドというスタイルの中で醸し出すポップさだったりファンク臭だったりジャパニーズロックな感じだったり。バタストの曲「100%中の100%」じゃないけども今回のレコーディングでは自分たちの持っているものを100%作品に込められたんじゃないかな。次回は中編。レコーディングでのエピソードを。お楽しみに。カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー[toneインフォメーション]2017.10.251st Triple A-side Single "New Groovy Tunes"リリース決定!"New Groovy Tunes"試聴リンク"New Groovy Tunes"リリースツアー決定!ライブ予約、詳細はHPより!http://tone-niigata.jimdo.comtone.newsound@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 26 Sep
  • 25 Sep
    • 4年と言う歳月 いわむロックを通しての決意

      新潟4ピースロックバンドtoneベーシストのカワムーラです。9/23はいわむロックでのライブパフォーマンス。toneは今年で4回目の出演。各年度のステージを写真で振り返る。2014年2015年2016年2017年2014-2017年いわむロックでの遍歴はtoneの遍歴でもある。かさまくんがステージMCでも言っていた。「ボーカルが変わるバンドなんてどうかしてるぜ」確かにその通り。彼が言う以上に、オリジナルメンバーの苦悩と決断は相当なものだった。tone結成は2011年10月。今年で結成6年目となる。ライブデビューは確か駅前の某ライブハウスだった。終演後の会計で歌についてボロクソに言われた覚えがある。その後もずっとそのライブハウスに出続けたが変わらず。僕らは歌がへたくそだった。それでも自分たち音楽を信じてリリースしたファースト。アルバム作成をプロに頼めば数十万円かかるという事実を知り試行錯誤で自分たちだけでレコーディングを進めた。ジャケットデザインは私の兄に依頼。それに色付けをしてプレス納入までのジャケットデザインを手掛けのはドラムス皆川。一からイラストレーターを学んで完成までこぎつけた。サウンド面に関しては某バンドオーディションで声を掛けてくれた佐々木さんに力を貸してもらいパソコンを担いで外苑前のスタジオリトルダイナソーの山内さんを訪ねた。CDを作るというのはとてつもなく大変な作業で、ノウハウも右も左もわからない僕は数か月2時間睡眠だった。意識が変わったのは翌年から。佐々木さんの紹介で出会った新潟のシンガー 夏海キワ との出会いからだった。彼女のサポートとして、バックバンドを任されるようになってからと言うものの「音楽は歌詞の世界観を表現するための手段」とメンバーそれぞれが思うようになった。「自分たちの伝えたい事がどうやったら上手く伝えられるか」歌詞を真ん中に据えた音楽の模索が始まった。そんな中リリースしたセカンドミニアルバム。ファーストの経験を活かして、最初から最後まで自力で作った。ここでもドラムス皆川のジャケットデザインが光る。ジャケット写真はギタリスト近が撮影。サウンドはというと、寝る間を惜しんで編集、何度もテイクを撮り直して。すべて自分でという意味ではファーストよりもしんどかった。このアルバムはファースト以上にメンバー全員がサウンド制作、ジャケット制作に参加し、真の意味でのDIYアルバムとなる。5曲の中に詰まっていたのは、喜怒哀楽だけではない「世の中への反発」だった。その皮肉を込めてつけられたアルバムタイトルがtalkback(くちごたえ)となる。ここが言うなれば今のtoneの根底にある反骨精神=ロック だったように思う。歌詞の世界観を音楽で表現するこれが少しずつ出来始めてから、歌という課題に改めて直面する。僕らが歌う歌では、伝えたいことが伝えきれない。「新たな歌い手を入れよう」そんな話は何度か浮かんでは消えていくを繰り返していたが、この時ばかりは違った。5年間メンバー3人でやって来た輪の中に新しいメンバーが入れるのだろうか。さまざまな思いがメンバー内で入り混じる中、至った結論は「やらなければわからない、やってみよう!」ということだった。カサマタケヒトとの出会いは必然だったように思う。夏海キワとのバックバンドでの経験は、toneにとって非常に大きな縁を作ることとなる。バックバンドとしてライブをした渋谷TKバー。そこで対バンだった名古屋のシンガーソングライター丸岡寛之さんと出会う。彼とは今でも縁が深く、ホームである名古屋DASH63に夏海キワwith toneとしてゲストで呼ばれる仲となった。DASH63 夏海キワ 飴玉イズムそんな丸岡さんの新潟ライブでの会場となったバー3000W。Baby馬場さん、マスターのサンダーさんと出会う。数回目の丸岡さんの新潟ライブで、対バンだったアーティストに急遽キャンセルが出た。そこにマスターのサンダーさんの紹介で出演したのがカサマタケヒトだった。彼は丸岡さんのマネジメントで来ていた佐々木さんの目に留まりたまたま見に来ていたtoneギタリスト近駿祐と出会うこととなる。このキャンセルがなければ彼と出会うことはなかっただろう。カサマは元々はバンドマンのギターボーカル訳あって休止中の中、アコースティックギター弾き語りかさまたろう名義で活動していた。彼の力強さの中にも揺れる感情が見え隠れする声ならば、新しいtoneが出来るかもしれないと。そして今年、新生tone渾身のファーストシングル"New Groovy Tunes"をリリースする。いわむロックと共に歩んで来たtone。このアルバムをたくさんの人に届けて、一回り大きくなって、来年のいわむロックのステージに帰ってくる事を誓う。カワムーラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー[toneインフォメーション]2017.10.251st Triple A-side Single "New Groovy Tunes"リリース決定!"New Groovy Tunes"試聴リンク"New Groovy Tunes"リリースツアー決定!ライブ予約、詳細はHPより!http://tone-niigata.jimdo.comtone.newsound@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 太陽フレア

      4ピースロックバンドtoneベーシストカワムーラです。今日は外練習。20時からいつもの場所で。今日は割と賑やかの中…大丈夫かな。練習まで時間があるので雑文を1つ。今話題の太陽フレア。太陽の活動には周期があるようでそれが活発化すると太陽の表面から火が吹き上がる現象を指すらしいです。その規模は規格外で、地球の直径何十個分もの高さまで吹き上がるそう。太陽フレアの映画と言えばこれ。ニコラスケイジ主演 KNOWING 2009年ですね。ただのディザスタームービーではなく加えて訪問者系の話が盛り込まれています。これをみると 太陽フレアヤバイ…となります。こんなにはならないのだろうけども。ニコラスケイジの幸薄い感、三枚目感が好きです。練習行って来ます。カワムーラ

      1
      テーマ:
  • 08 Sep

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。