今日も、オイルと蜜蝋仕上げの猫ちゃん。

こちらは、オイルで硬化する前の下地

泥んこ状態の猫ちゃんたち

オイルは無色で

仏屋さかいでは、下地の とのこ

で色を出しています

とのこ とは

細かい泥で、木の目地を埋める役割があり

こちらはアンバー粉と言う色の着いたもの

アンバー粉だけだと

木口と側面で色の出方に違いが出てムラになり

シミや泣いてるようなお顔になる事も…

何度も試作をして、良い色になりましたが

店主の拘りで何度もやり方を変えています

同じ様に見える猫ちゃんですが

良い方法を見つけては試作して

何度も分からない所で進化?

していますニコ

木の温もりを残しつつ、同じ様に見える様に制作している、店主。

小さな作品ほど、ほんの少しのズレで表情は一変してしまうのが難しい所ですが

小さくても、同じ様に制作する所が機械みたいですが、店主の凄いとこかな?と私は思います。

そして、顔の表情も良いのですが

私は、背中の表情が良い!といつも作品を見て思っています。

是非、お手元にある方は背中の表情も見てみてください。


仏屋さかいHP

お問い合わせは↑まで