電子書籍

 

電子書籍出版致しました。

 

 

ブログが 続かなかった私が10年間 ブログを書き続けてみて わかったこと

 

【目次 】
・なぜあなたのブログは続かないのか? 
・貴方が知らずにやっていること~読者層を間違えている 
・成功者って何? 
・成功者が知りたい「テーマ」とは? 
・毎日書こうとするから続かない 
・テーマ自体は簡単なものでよい 
・海外のyoutubeに学ぶ「見たい情報」とは何か? 
・では、ブログのテーマはどう決めるか? 
・確実に実績が作れるテーマって? 
・ブログのテーマを準備しよう 
・文章以上にこだわった方がよい「表紙」 
・練習問題

 

(引用)

【ごく普通の人が10年間ブログを書き続け、「人と会う仕組み」を作ることが出来た方法とは?】 

 あなたのブログが続かない理由。それは、ある「勘違い」にあります。 

 何かといいますと、 

 「カッコイイことを書かなければならない」 

 例えば、 

 「高額セミナーを成功させた」 
 「出版のオファーが来た」 
 「年収が○倍にアップした」 

 ブログとは、そのような成功体験、あるいはシンデレラストーリを書くものだと思っている。にもかかわらず、そのような成果が得られない。 

 全くアクセス数がないまま、 

 「誰も見ていないブログを続ける意味が果たしてあるのだろうか?」 
 「アクセス数が0のまま更新を続けても、まるで「暖簾に腕押し」だ」 

 こんな状態で多くの人が挫折してしまうのです。 

 そもそもこの前提が間違っています。 


【ブログは日記である】 

 ビジネスブログというものが注目されるあまり、つい忘れられてしまっておりますが、ブログというものは本来、日記です。 

 即ち、ブログの魅力を活かすためには、 

 「日記の機能を活かした内容である必要がある」 

 ということです。 

 にもかわらず、 

 「ブログはサクセスストーリーを書かなければならない」 

 そんなこと、一体誰が言ったのでしょうか? 

 セミナー講師ですか?あるいは「成功本」といわれるビジネス書ですか? 

 だとしたら、まずその考えを根本的に改める必要があります。 

 なぜなら、それがブログが挫折する最大の原因だからです。 


 ・成功者でなければ「その過程の日記」である、即ち「サクセスストーリー」など書きようがない 

 当たり前ですよね。にもかかわらず、無理矢理書こうとしてしまう。 

 結果、 

 「月収○円を目指す会社員のブログ」 
 「成功者に学ぶ大学生のブログ」 

 これを一体どれだけの人が見たいと思うでしょうか? 

 あるいはこのような人に成功ノウハウを教えてもらいたい。あるいは本を出版して欲しいという人がいるでしょうか? 


 実際にこのようなブログを書いている方、もしかしたらこのようにおっしゃるかもしれません。 

 「本当はこのようなブログを書きたいわけじゃないんだ。でも、今はこういうブログを書くしかないんだよ...」 

 貴方のブログが挫折する原因、実はそこにあるのです。 

 「書きたくもないブログを書いている」 

 しかも、存在しないサクセスストーリー「らしきもの」を無理矢理、です。 

 そんなブログが続かないのは当たり前のことです。 

  
 【10年間ブログを書き続けたことで得られたこと】 

 私自身、ブログを約10年書き続けてきました。 

 その間、ブログを通じて100回以上の交流会を開催し、500人以上の方とお会いする機会に恵まれました。全く実績もなく、コネもない状態で始めたにもかかわらず、です。 

 また、ブログで発信した情報を通じ、各メディアからの取材を受ける機会にも多く恵まれました。 


 では、何を書いたのかといいますと、それは決して「年収○倍アップ」とか、あるいは「本を出版」といった、成功ノウハウではありません。 

 というよりもむしろその逆。ごく普通の、身近な話。 

  
 これからブログを始めたいと思っている多くの方にとってお伝えしたいこと、それは何かといいますと、 

 「成功ノウハウを書くな」 

 ブログを続けるためのノウハウはこの一言に尽きるといっても過言ではありません。 


【ブログが続かない方が抱えている悩みとは?】 

・ブログが続かない 
・何を書けばいいのか? 
・なぜブログを読んでもらえないのか? 

 せっかくブログを始めたにもかかわらず、多くの方がそのような悩みを抱えています。 

 中には非常に優れた内容のブログであるにも関わらず、そのような悩みを抱えたまま「フェードアウト」してしまうブログも決して珍しくはありません。 

 本著は、 

・なぜ多くの人が挫折してしまうのか? 
・挫折しないためには何を、どう書けばよいのか? 

 無名のブロガーある著者の10年間の継続の集大成として、今後ブログを始め、そして継続したい方のために、ぜひ一石を投じるものとなっていただけますと幸いです。 
(引用ここまで)

 

 

「ブログが続かない」

 

というのは結構簡単なようで深いテーマだと思います。

 

今までブログを書いてみたけれど続かない、いわば「三日坊主」になってしまった方にとって参考になって頂けますと幸いです。

 

 

電子書籍版は読みやすさを最優先し、分量を最小限に抑えるとともに低価格(1$)で販売とさせていただきました。

 

基本的には最後の部分にある「練習問題」。これはブログのテーマの作り方、即ちワークショップです。

 

これをもうちょっと増やしたのと、あとこの本の出版までの話をより詳しく書いたのを加え、いずれは紙媒体での出版が出来ればと思っています。

 

というのも、この本。

 

図書館

 

図書館で読んでもらいたい。

 

前述のように、

 

「ブログが書けない」

「ブログが続かない」

 

というのは意外とニーズの多いテーマだと思っています。

 

そんな問題を、気軽に手に取って調べる。

 

そしてその後に、素早く実践することが出来る。

 

公立図書館で電子書籍が気軽に読める環境が整ってればいいのかもしれません。

 

しかし残念ながら現時点ではそこまでの段階には至っておりませんので、やはり紙媒体という力で伝えたいとは思っています。

 

どこかの出版社の方、協力していただけませんかね?