オイルマッサージとは

オイルを使ったマッサージで、手法としては、マッサージの摩擦で肌を傷つけず不快感を与えないためにオイルを使用し全身をマッサージして、皮膚及び表層筋肉を柔らかく撫でるように圧をかけ刺激と、オイル成分の皮膚からの浸透による効果を促す方法です。 やさしく筋肉がほぐれるため女性が好むマッサージです。 近年は男性の方も多く利用される人気のマッサージです。

 

オイルマッサージではキャリアオイルを用いて行い

キャリアオイルは、アロマセラピーにおいて、主に精油(エッセンシャル・オイル)を希釈するための植物油である。マッサージオイルを作る際に使われる二次的原料と言うことができる。エッセンシャルオイルは基本的に非常に高濃度であって希少であり、原液のままでは強すぎて皮膚に直接使用することができない。

 

名前の由来、精油の成分を体の中まで「運ぶ」という意味で、「キャリア(運搬するもの)」の名前がつけられた。キャリアオイルは別名、ベースオイルと呼ばれることもある。

 

代表的なキャリアオイル(ベースオイル)

 

・マカダミアナッツ

マカダミアナッツの種子からとれる。人の皮脂に似た脂肪酸を多く含むので、スキンケアに向き高い浸透力からすぐれたキャリアオイルとして用いることができます。

 

・スイートアーモンド

皮膚を柔らかくする効果があるとされる。ビタミンやミネラルなどを比較的多く含み植物の中でももっともビタミンEが含まれており、肌を柔らかくする作用があります。また、保湿作用、抗炎症作用も期待できます化粧品の材料としても使われる。無臭。ごく薄い黄色味を帯びている。

 

・ホホバオイル

主にアメリカの砂漠地帯で栽培される、シモンジア科植物のホホバの種子から採取したオイル。キャリアオイルとしては最も一般的で安価である。ベタつかず浸透力・保湿力に優れているとされる。ホホバオイルにはワックスエステルという成分が多く含まれており、ワックスエステルという成分には、高い保湿効果やバリア機能がありますので、乾燥などや紫外線などの外部刺激からもしっかりと守ってくれ、みずみずしい潤い肌へと導いてくれます。殺菌作用にも用いられるオイルです。

 

・グレープシード

ブドウの種から採取した、ビタミンに富むオイル。皮膚への刺激が少なく、日持ちも良いとされる。使いやすいオイル。色は無色透明。緑味がかった透明である場合もあるが、それは食用にされることが多い。

 

キャリアオイルは他にも

アプリコットカーネル、アルガン、アルニカ、ウォールナッツ、オリーブ、オリーブスクワラン

キャロット、ククイナッツ、ココナッツ、サンフラワー、セサミ、パッションフラワー、

ピーチカーネル、ヘーゼルナッツ、ヘンプシード、アボガド、アロエベラ、

イブニングプリムローズ、ウィートジャーム、カスター、カメリア、カレンデュラ、

セントジョーンズワート、ヒッポファエ、フラックシード、ローズヒップ、など

他にもありますが、自分の体質、好みのオイルを是非お試しください。

 

定番のオイルはよくマッサージの店舗で使用されておりますが、定番以外のオイルを用いた

店舗をさがすのは難しいのではないでしょうか。

 

どうしても、と思う方はお店の方に相談してみてはいかがでしょうか...