【沖縄観光】ガンガラーの谷散策

テーマ:
{BF50A220-8886-43CD-828A-3FCDA95B6741}

昨日はとってもいい天気でした。

那覇はなんと11月ももう終わりというのになんと27度もありました。

バスの中は冷房ついてましたねキョロキョロ


晴れたので南部へお出かけしてきました。


{9E640B33-D0E1-4EE1-8586-1B3AA36B2CA9}

ガンガラーの谷という、鍾乳洞でできた洞窟へ。

↑写真は、ケーブカフェと言って、洞窟の中にあるカフェ。

薄暗い中すぐ真上の鍾乳洞から、水滴がポタポタ落ちてきます笑


{AEAACB39-F5D2-4797-893A-C35DC2677DF5}

さて、1時間半ほどかけて鍾乳洞や周辺を散策にいきます。


{C75B22A6-78DE-46C2-A93D-13F7DAA5C6C9}

ここははるか大昔に住んでいた港川人と呼ばれる原人が住んでいたといわれ、人骨や、世界最高の釣り針🎣なんかも発掘されています。


↑この大きな葉っぱをむしって、真ん中のスジの部分を使って釣りの道具を作っていたといわれています。


今はお店でルアーや釣り道具がすぐ買えますが、全部自然のもので作っていた
大昔の人の知恵ってすごいですねニコニコ


{79174F1D-E6BB-424E-9136-3DB7FF2F6ACE}

大きな葉っぱをよく見てみると。。


{157EA330-A30D-4731-8FF6-53277AA498CE}

ぎゃーーーーーーーガーンガーンガーンガーンガーンガーン


カメムシえーんえーんえーん


これは、沖縄にしかいないカメムシで、しかも臭くないとか。



けど、大量に固まってあちらこちらにいるので、鳥肌ものでした滝汗ゲロー


{E2ED994E-7E53-4089-A173-F3107DB70314}

沖縄の妖怪と呼ばれるキジムナーが現れるとされるガジュマルの木も鬱蒼と茂っていました。


{C74E4AEA-8F27-4641-A790-C9AEA5DE3BD3}

{9300BD01-EA3A-412D-963A-3552FB97DA6D}


小川が流れる方向に向かっていくと洞窟が現れます。


{400F32BA-8966-402E-A45B-0BD4C24311A2}

洞窟の中は真っ暗なので、ランプが渡されました。

{E91454E5-1951-4F56-8410-3DC4AED50625}

辺り一面は、珊瑚でできた鍾乳洞。

{8D87F4AD-6A19-4AD8-9B14-3D5B45C800C4}

光がささないので、冷たく湿った空気が肌にまとわりつくような感じ。。


空気の流れがあまりないからか、少し息苦しく感じました。


{47F2518B-8E4E-4769-A834-75526EB701EE}

{703B4945-DFE9-4B83-9FFC-3E04A076E68B}


ガジュマルの木の眺めは圧巻です。

{1B10E710-89F7-400C-8789-D3572E73B0AF}


天気がいいので、崖の間から差し込む太陽の光が、木々の間から入ってくる景色がとても綺麗でした。



美味しい空気も据えて、気分的にもリフレッシュできた一日になりましたウインク



那覇市からバスで1時間ほどで一本で行けるので、沖縄観光の一つとしていいかもしれません。




AD