こんにちは。


今朝鏡見たら、自分の顔が一回り小さくなって、むくみがとれてスッキリしていることにびっくりしたCocoですニコニコ


{6E0F9252-D01D-4514-98D0-5BF94374E98B}


脱ステして1年半。

今まで目の下が赤くザラザラして炎症を起こしたり、蛇の鱗のように皮向けもあったり、赤みが落ち着いたかと思えば


ホリケンみたいに少し黒ずんだ肌だったり、、


ステロイドなしで肌が機能していくまでに様々な過程をたどってきました。


今朝はすーーごく調子が良くて、少し乾燥気味ではあるけど、顔が小さくなったのは、


脱ステの離脱症状に加えて、アレルギー反応で顔が腫れていたんだなと気づきました。


何にアレルギーを起こしてたかというと、私の場合は排気ガス、ハウスダストだと思います。


大阪の家は窓のすぐ目の前に駐車場があって、車が出入りするたびに排気ガスがすごいんです。


排気ガスは窓を閉めていても、隙間から入ってきて、吹いても吹いても棚がすぐに真っ白のホコリまみれにムキー


排気ガスにはpm2.5なども含む50種類以上もの有害物質が含まれています。


そんなのを毎日吸っていたんですから、アトピーじゃなくても健康被害があるのは当たり前ですね。


鼻水や目やに、喉のイガイガ、左肺が少し痛くなるなど、体が必死に有害物質を体内に入れないようにしようとしている反応が出ていました。



でも、脱ステで微熱を毎日抱え、ずっと寝たきりで動けなかったので、そんな家でもどうすることもできず、



むしろその不快な症状ですら、脱ステの排毒なんだとすら思っていました。


いま思えばアレルギー反応なんでしょうが、頭もボーっとして思考がうまく働いてなかったな。


沖縄に来て空気がガラリと変わり、いつもと違う、外から自分を客観的に見つめることができて


色々分かってきました。



旅に出る前は正直不安もありました。


ガラリといきなり環境が変わることで、体調が悪化しないかとか
新しい環境に慣れることができるかな?とか


逆に悪い方向にいったらどうしよう?!とか。


悩みました。



でも、結果的に思い切って航空券をとってよかった。


{DE7E2B99-4CD8-4496-BF7B-0D9AE13E2CB8}

素敵な人たちにも出会えましたおねがい

ひとまず1カ月滞在しようと決めたものの、問題は滞在費。


ホテルやゲストハウスに泊まったら、1カ月だと結構な額になりますよね。



なのでわたしがとった方法は、住み込みスタッフとしてゲストハウスで働きながら滞在費をタダにしよう!作戦をとりました。


ゲストハウスは場所にもよりますが、基本的に住み込みスタッフがいるので、空きがあれば、1日2〜3時間の労働で滞在費無料、わたしの選んだゲストハウスはまかないもついていました爆笑
(これが本当においしくてラブ
ゲストハウスのオーナーさんの奥さんが毎日手作りで沖縄料理を作ってくれました)


仕事内容はおもに、チェックインの案内、館内掃除がメイン。


週6でやっていましたが、1日おやすみの日ももらえるので、その日は沖縄観光に当てました。


{61954CD1-77C3-4B9F-BABF-C085422AF33F}

ゲストハウスのオーナーさん夫婦おねがい

本当に素敵な人たちで、わたしのことを下の名前ですぐに呼んでくれて(沖縄では基本的に人のことを苗字では呼ばず、下の名前で呼ぶそう。素敵ですよねニコニコ)


わたしがまだ脱ステの途中で体調が不安定であること、沖縄にはそんな体調をさらに良くするべくリハビリをかねてやってきたことも、理解してくれました。



沖縄には、『うちなータイム』という言葉があるくらい、


時間にゆっくりしていて


オーナーさんが、明日は10時に集合ね、と言うのに、オーナーさん自体が20分くらい遅れてきて何事もなかったかのように


Coco〜ニコおはよーうニコ


なんて来ることはしょっちゅうでひらめき電球


そんな沖縄の人のゆるさも、わたしにはとっても心地良かった。


ある意味、外国のような感覚さえします。



奥さんは本当に気さくで、何より自然体で気取らなくて、話していてホッとするそんな魅力のある人で。

週1でヨガを一緒に行ったり、真剣に深い話をしたり、それがわたしにとって日に日に癒しのプロセスになっていました。


旦那さんは、穏やかで柔らかい雰囲気で、何より絶対に人の悪口を言わないところなんかは、密かに尊敬していて。ニコニコ


そんな素敵な夫婦ぶりを毎日見ていて、

私もこんな素敵な家庭を作りたいな、とか
自分の育ってきた毒親の家庭環境を振り返りながら、やっぱりいくらお金があっても


愛のない人間関係に囲まれていることは1番不幸なことだなと気付かされたり。



{EE0DF5CF-82FA-43DF-AEBF-6C40261BE5CB}


あとは、沖縄に来て気づいたとっても大切なこと。


自分を何よりも1番に大切にすること。
自分を愛すること。


自分を大切にするということは、私の場合、例えば


嫌なことははっきり嫌と声に出す。


嫌な人、悪口や愚痴ばかり言ってネガティヴな波動を出している人とは思い切って距離をとること。


私は愛のない虐待家庭に生まれ育ったので、自己愛がとても低く、自己評価がとても低い人間でした。


親にすら愛されないわたしなんか、他人が愛してくれるはずがないショボーン


という強烈な思い込みもありましたし


親がわたしをゴミのような扱っていたことが当たり前だったので、付き合う彼氏がわたしを大切にしない行動をしたとしても、それが愛なんだとすら思っていました。


心の奥底に


わたしなんか。。ショボーン


精神があるので、本当は苦手だと感じている人から誘いがあっても


こんなわたしを誘ってくれてるんだから、断ったら嫌われちゃう。
行かなきゃ。


と思って無理やり付き合いをしていたり
返したくないメールにも無理して返したり。


そんなことを続けていると、だんだん苦しくなってきて


時々身体的にも息苦しくなったり、寝起きもだるくてしょうがなかったひ、なんだか人生に対して前向きになれなかったり、全然楽しくない毎日を送っていました。



脱ステでドロドロの時ももちろん頼れる家族はいませんから、一人きりでずっと寝たきり闘病していましたが


もともと人と本音で接してなかったので

友達にも、そんな状況を正直に言えず
誰にも相談できなくて、本当に辛かったなあ。



会社員をやめて、京都で民泊を12件運営していましたが、脱ステ後、立ち上がるのもままならず、そよ風が当たれば激痛が走るほどのズルムケになった皮膚を抱え、毎回熱を出してフラフラすぎて、物件情報や、仕事をもらっていた不動産会社とも上手くいかなくなって


最終的には
完全に仕事をやめて、もう絶対にこの体を徹底的に治してやる!と腹をくくり


貯金のみで生活していました。



そんな中思い切って沖縄行きを決断したことで


自分への信頼が高まったし


新しく出会った素敵な人たちに癒され、


まだまだ少し動けば半日寝込んでしまう体でフルタイムで働けない中、ゲストハウスでの一日数時間の労働をこなせたことで


自分への自信にもつながりました。



沖縄に来てから、今までの人間関係に対しても


嫌なことははっきり嫌!と口や態度に出すようにしたことで


うわべだけの関係の人たちと少しイザコザしたり笑


そんな変わったわたしにビックリして距離が空いてしまったり、離れていった人たちもいました。



でも、今言えることは、


すごく快適照れハートハート!!


そして、毎日幸せと心がじんとする時間が増えました。


そして、自分の周りにいる人たちが変わってきた。


自然と悪口や愚痴の多い人とは距離が空き、毎日楽しんでたり、感謝の気持ちを持っていたり、夢をもって前向きな人たちとも出会えるようになってきました。



まだまだ体の皮膚は完璧に綺麗にはなっていませんが、脱ステして寝たきりになって仕事もできなくなってどん底な気持ちを味わったことで


たくさんの大切なことに気づけた。


何より食事やスキンケア、体のメカニズムについてもとても知識が増えたし


自分の過去や、人間関係、深く自分と対話できる時間をもらったのかもしれない。



とくに、アトピーと、毒親の関係性はあるんじゃないかと思っていて。


これについては、今リサーチ中です。


体も少しずつ、回復していこう。


そして、1番自分を大切にすることを忘れずに生きていこう。


と思っています。



真面目に語ってしまいましたが

長く読んでくださってありがとうございました。



{60F53D4B-78EF-42CC-9576-E48374DF89B5}

ではー!
(しかし最近のカメラアプリは盛れすぎて怖いですわ笑い泣き)笑














AD
昨日の続きです♡ 


斎場御嶽をあとにし、フェリーへ乗り込みました。


しかしあいにくの曇り空。

波も高く、


フェリー内半端なく揺れる滝汗


転覆するんじゃないかとヒヤヒヤするほど、窓の向こうには高い波がうねり、その度に船が前後にまるでシーソーのように揺れますガーン



たったの25分ほどでしたが  


完全に船酔いゲローゲローゲロー


着いてからすぐあったカフェ兼レンタルサイクル屋さんの座敷で1時間ほど
寝込むことになるハメにチーン



{82567C70-EB0D-47CD-A33E-3CC155169E3F}


1時間後なんとか気持ちの悪さから回復し、島を一周することにしました。


(↑島はひたすら写真のような一本道が続き、住民の方ともほとんど誰ともすれ違わないので、少し怖くなるほどキョロキョロ汗)


久高島は人口200人ほどの小さな島で、島も自転車で1、2時間もあればぐるっと一周できちゃうくらいなんです。



なので、港からすぐにレンタルサイクル屋さんが3件ほどあり、観光客は皆そこでレンタルサイクルをして、ぐるっと島を回るのが久高島の楽しみ方ニコニコラブラブ




{A28DA708-7678-419E-B33C-E51CF58FABF0}


途中道に迷って、公民館に立ち寄り
たまたまそこに来ていたおっちゃんに
道を尋ねると


わざわざ外に出て途中まで道を示してくれたり、住民の方もお優しいニコニコハート


{8011AC14-BBFF-485D-A488-20C21E02B59E}


さすが島だなと思ったのはこちらのお店。


シーサーが並べられ売られているんですが、なんと



{3FE5F718-73E8-4ECC-9451-68BEDCF472EC}


まさかの無人販売ポーン



欲しかったら、勝手に選んでお金はここに入れてねシステム笑い泣き



{3CE2D386-3C8E-453C-8F48-4E472CCDFF9E}


なのに結構いいお値段で売られている笑い泣き



いやはや、島の人どれだけ他人を信用してるねんびっくり


と、思わず突っ込みたくなりましたが

島ならではのこのユルさに心がほっこりしました。



{272BE755-CD41-4C10-A7AF-CA7E311D1722}


久高島は、神様がその昔沖縄を創ったときに、1番はじめに創った島といわれていて


小さな島なのに随所に御嶽(祈る場所)があります。


その昔、30才をむかえた女性のユタたちがこの久高島にて、神様と交流できる力を身につける修行を行う場所でもありました。


島全体がパワースポットといわれていて
久高島には呼ばれた人しか行くことができないとも聞いたことがあります。


不思議なご縁でわたしも無事にここに導かれるように来ることができました。


1時間半ほどかけて、岬や、ビーチをまわり景色を楽しみつつ、ゆっくり浜辺でポーっとしたり、自分と対話する時間を過ごせて、とっても幸せな気分。



{FC43C429-FAFC-4999-B20C-40D9141EDBD6}


お昼は港近くの食堂にて
煮付け定食音譜


煮付けと聞くと、お魚のイメージですが
沖縄の煮付けは、豚肉なんです。


やわらかくてとーーーってもおいしいラブ


沖縄料理って、ヘルシーなものも多いしおいしくて大好きな味。


右下にあったデザートがわりのサーターアンダギーを口に入れると、目が飛び出るくらいおいしかったので

思わずお店の人に聞いてみました。


{9F32BBE9-AE7C-4A0C-B092-8CF894DB777A}


『このサーターアンダギー、どこでつくられたやつですか?』


店の人『あ、これは近所のたかおさんが今朝作って持って来てくれたのよ。
そこのカウンターでも売ってるよ』


と、うながされるままカウンターをみると


Mr たかおのサーターアンダギー

と可愛い手書きの文字でかかれたサーターアンダギーが1袋350円で売られていました。


何を隠そうこのわたし

沖縄に着いてから
ありとあらゆるお店のサーターアンダギーを食べ比べして


ナンバーワンのサーターアンダギーを探していたのです。


Mr たかおのサーターアンダギーは、間違いなくナンバーワンラブ!!


こんなにおいしいサーターアンダギーを食べたことがなかったので、たかおさんってどんな人だろうと確かめられずにはいられなくなり


2軒となりと言うので、少し行ってみることに。



{B7381DC9-806A-4F11-B6F6-AB016846EF91}


2軒となりにはファーマーズマーケットという看板が出たお店があり、中に入ってみると


道を教えてくれたおっちゃんがいました。


なんとこの方がミスターたかおさんだったんですびっくり


{78E4AD2C-9A93-4953-982E-0D41906AF3FF}


サーターアンダギーが美味しすぎて来ちゃいましたと言うと、まだあるから食べ〜〜!とさらに出していただきました爆笑



国際通りなどで食べたサーターアンダギーはどれも、油っこくて1個で胃が重くなり、口の中がパサパサするんですが、



たかおさんのサーターアンダギーは、全然油っこくなくて、手に持っても油があんまりつかないんです。


甘すぎない上品な口当たりで、表面は絶妙なカリカリ具合に、中はしっとり、もちっとして



おいし〜〜〜〜〜〜ラブハートハートハートハート



作り方を聞いてみると、シンプルな材料でも、油っこくないよう揚げ方にこだわりを持って一つ一つ丁寧に作られているそう。


作り手のいい波動がこもっているので工場で大量生産されたものとは、比べ物にならないくらい、エネルギーを感じますおねがい


食べた人は虜になり、県外からも送ってほしい!との声も多いんだとか。


{92553A9C-6D04-40D5-9A6B-381368144A03}


手作りの漬け込んだアセロラしそジュースまで出していただきました。


これも幸せの味照れハートハート


その後サーターアンダギーとジュースを飲みながら、たかおさんと食品について話が盛り上がり、フェリー出航時刻まで話つくしました。



たかおさんは、無農薬のアセロラ農園をされていて、
他にも、モリンガや、マコモなどを使ったお茶や製品を開発しようとしているそう。


モリンガはスーパーフードでとても栄養価が高く、海外セレブの間ではもう当たり前に取り入れられていますね。
(わたしもバリ島に行った時、モリンガ茶お土産に買って帰りました)



マコモはまだまだ知られていないですが
アトピー改善にとても効果をあげているもので、わたしの尊敬してやまない代替医療師バニラさんも、おすすめされていましたおねがい


たかおさんたちの島での生活の話も、とても面白くて。


島にはスーパーがなく、あっても本当に小さな売店のみ。


なので、野菜は、全て基本自給自足の生活。


たくさん採れたら、近所で分け合ったりしているそう。


お肉はさすがに買うそうですが、魚🐟は全て海で釣ったとれたてを食べるのが基本。


これもたくさんとれたら、近所で分け合うそうです。


大阪に住んでいるわたしとしては、もうびっくりで、目が点になっていましたびっくり


たかおさんが言った大阪にも行ったことあるけど、あの土地には降りられないね、すごく疲れる、の一言がなぜかわたしの胸に突き刺さりました。


。。。。。。同感ショボーン


わたしも大阪にいて、コンクリートジャングルと人混みとガチャガチャとした街の作りや、どこからか臭ってくる下水の臭いに疲れたことも沖縄に来た理由の一つだったから。


今回沖縄でゲストハウスにステイする中様々な理由で沖縄にやってきた人たちの話を聞いてきました。


都会に疲れてやってくる人、ダイビングが好きで海に潜りにやってきた人、病気の治療の土地として海が綺麗なリラックスできる場所としてやってきた人などなど。


人それぞれ、合う合わない土地があること。



アトピーの人って、わたしは魚で言うと、鮎みたいなものだと思っていて。


綺麗な水の場所にしか住めない。


下流の汚染された水の中では、死んでしまう。


だから、鮎は鮎に適した場所、上流の綺麗な澄んだ水の中で暮らす。


そしたら問題も起こらず、快適に暮らせる。


今回の旅では、都会でなくしてしまっている何かを気づかせてくれたような気がしました。



たかおさんに会って、島暮らしの話を聞くと、やっぱり自然とともに生きる生活が、私は好きです。



たくさん語りつくしたあと、たかおさんがフェリー乗り場まで車で送ってくれました。



車に乗り込むと、車の鍵が開けたまま、しかもささりっぱなし🔑で窓も開いていたままだったことにびっくりしていると



たかおさんが笑って


この島じゃ、生まれてこのかた誰も家の鍵も車の鍵もかけたことないよ。



と言いました。



人口200人ほどの島では、皆が皆名前も顔も知っている。


となりの部屋に住んでいる住人の顔も名前も知らない大阪暮らしのわたしには

こんな暮らし方、生き方もあるんだな


とすごく刺激を受け、同時に


すごく自分に必要な生き方、暮らし方について考えさせられました。



久高島にきて、本当によかった


たかおさんに会えたこともとても縁を感じました。



久高島に行ったら、ぜひ住人の方にこんにちはと話しかけてみてくださいおねがい



きっと今まで知らなかった、都会で忘れていた感情を覚えることでしょう照れキラキラ




ではイルカ星

AD

お久しぶりです(^_^)
{5F31D46A-F774-4735-A34E-0903CCD5E9BB}

気を抜いて、食事をおろそかにしてしまって悪化していましたが

無事に復活しました♡ 

食事で悪化しても
 数日間食事の量を減らしたり、
晩御飯を抜いてみたり
なるべく油や砂糖、小麦を摂取しなければ
目に見えて肌が
回復するようになってきました。


脱ステして1年間3ヶ月間くらいは
少しくらい食事を良くしても
なにをしても
目に見えた全く変化はなかったので
そう思えば
どんどん良くなってきているんだなあ
と嬉しくなります爆笑


{06C67CE5-DE7C-4895-8EF2-93622D434E03}


先日、少し曇り空の中でしたが
お出かけしてきました。

島全体がパワースポットと呼ばれている
沖縄の久高島へ
行く前に

通り道でもある
同じくとても強いパワースポットとして知られている
斎場御嶽(せーふぁーうたき)
に立ち寄りました。


御嶽とは、聖地のこと。

はるか琉球王国時代に国事的な祭事や
聖地巡拝の地として使われていました。  


{4FAE0C48-9D1A-4F49-8A1A-C13F69C70887}


久高島にも行くので
張り切って早起きしたら
朝9時にオープンした1番乗りのお客さんでした(^▽^;)笑


{4F28F724-DE4F-4839-9049-3360D8834CB4}


朝一番の誰もいない御嶽の中は
とても澄んだ空気でした。


{42B9B069-E992-47E8-9512-646E102F7C34}


はるか昔に祈りをささげる場所として
使われていた聖地。

目に見えない不思議なパワーを
感じずにはいられません。


{0101CBE6-C7DD-4E63-947E-46346C118BB6}


この斎場御嶽では、
中世から近世までのさまざまなものが
見つかっているそうです。


金の勾玉や、中国からの青磁器、銭貨などが出てきたことも
大きく注目されました。


{339B66F5-E53B-4A6B-9A74-D23CCE436CF4}


三角形の岩間を抜けた奥の場所では
訪れた人がそれぞれ手を合わせて
参拝していましたので、
わたしもここにこれたこと、
ありがとうございます と
手を合わせました。


岩間からははるか向こうの久高島も
見ることができます。


{CB19EE1E-2FE8-4844-931C-2EC12B576A93}

 30分ほどで回れた場所でしたが
とても心が落ち着きました。

現代では国をあげて
人々が神様にお祈りしたり
目に見えないものを大切にするということが薄れてきている気がします。


ですが、目に見えなくても
やはり聖地と呼ばれる場所にいくと
何か身体中電気が流れるような
感覚がしたり
視界がクリアになって
元気になったりすることが
今までも経験したことがあります。

(最近では高野山が本当にすごかった!)


昔の人たちが大切にしていた
信仰心や
祈りの心
感謝を捧げること。

 
会社と家の往復で日々が過ぎていく
人も多い中

昔の人たちに習うことって
貴重だなと感じました。



次はいよいよ
フェリーにのって
久高島を目指しますおねがい


AD

{A4628A99-BEF9-43D0-B2AC-6F4295C5499C}


こんばんはおねがい
Cocoです


沖縄に来てから体調がいいからって

ついつい

油もの、パン、アイスクリームなど。。


連日のように食べていたら


痒みが悪化してしまいましたゲッソリ


調子に乗りすぎましたえーん    


肌の湿疹に加えて

37.2度の微熱もあります。



完全に体が炎症起こしてしまっていますぐすん


大反省


体調が良くなってきたとはいえ

まだまだ体は疲れやすいです。


3時間動くと、その後夜まで動けなくて

寝込んでしまうこともしばしば。



まだまだ体が修復にエネルギーを使っている状態なので


すごく疲れやすいです。



ステロイド塗ってたときは、睡眠3時間とかで朝も夜も働きっぱなしでもタフに乗り越えれていました。


でも、今はそんなことする体力はありません


友達が仕事終わって
仮眠して
夜中の2時に遊びに出かけて朝まで飲んで
そこから仕事行ったりしている話なんか聞くと


もう同じ人間とは思えない


やっぱり、まだまだ
体も半日たつと、だるくてだるくて
立っているのもしんどい日も多い。



今日は食欲もあまりないので

少なめにして

ゆっくり休みます


明日はもっと元気になれますように


では





虹色のゲロゲロー笑い泣き
{BF50A220-8886-43CD-828A-3FCDA95B6741}

昨日はとってもいい天気でした。

那覇はなんと11月ももう終わりというのになんと27度もありました。

バスの中は冷房ついてましたねキョロキョロ


晴れたので南部へお出かけしてきました。


{9E640B33-D0E1-4EE1-8586-1B3AA36B2CA9}

ガンガラーの谷という、鍾乳洞でできた洞窟へ。

↑写真は、ケーブカフェと言って、洞窟の中にあるカフェ。

薄暗い中すぐ真上の鍾乳洞から、水滴がポタポタ落ちてきます笑


{AEAACB39-F5D2-4797-893A-C35DC2677DF5}

さて、1時間半ほどかけて鍾乳洞や周辺を散策にいきます。


{C75B22A6-78DE-46C2-A93D-13F7DAA5C6C9}

ここははるか大昔に住んでいた港川人と呼ばれる原人が住んでいたといわれ、人骨や、世界最高の釣り針🎣なんかも発掘されています。


↑この大きな葉っぱをむしって、真ん中のスジの部分を使って釣りの道具を作っていたといわれています。


今はお店でルアーや釣り道具がすぐ買えますが、全部自然のもので作っていた
大昔の人の知恵ってすごいですねニコニコ


{79174F1D-E6BB-424E-9136-3DB7FF2F6ACE}

大きな葉っぱをよく見てみると。。


{157EA330-A30D-4731-8FF6-53277AA498CE}

ぎゃーーーーーーーガーンガーンガーンガーンガーンガーン


カメムシえーんえーんえーん


これは、沖縄にしかいないカメムシで、しかも臭くないとか。



けど、大量に固まってあちらこちらにいるので、鳥肌ものでした滝汗ゲロー


{E2ED994E-7E53-4089-A173-F3107DB70314}

沖縄の妖怪と呼ばれるキジムナーが現れるとされるガジュマルの木も鬱蒼と茂っていました。


{C74E4AEA-8F27-4641-A790-C9AEA5DE3BD3}

{9300BD01-EA3A-412D-963A-3552FB97DA6D}


小川が流れる方向に向かっていくと洞窟が現れます。


{400F32BA-8966-402E-A45B-0BD4C24311A2}

洞窟の中は真っ暗なので、ランプが渡されました。

{E91454E5-1951-4F56-8410-3DC4AED50625}

辺り一面は、珊瑚でできた鍾乳洞。

{8D87F4AD-6A19-4AD8-9B14-3D5B45C800C4}

光がささないので、冷たく湿った空気が肌にまとわりつくような感じ。。


空気の流れがあまりないからか、少し息苦しく感じました。


{47F2518B-8E4E-4769-A834-75526EB701EE}

{703B4945-DFE9-4B83-9FFC-3E04A076E68B}


ガジュマルの木の眺めは圧巻です。

{1B10E710-89F7-400C-8789-D3572E73B0AF}


天気がいいので、崖の間から差し込む太陽の光が、木々の間から入ってくる景色がとても綺麗でした。



美味しい空気も据えて、気分的にもリフレッシュできた一日になりましたウインク



那覇市からバスで1時間ほどで一本で行けるので、沖縄観光の一つとしていいかもしれません。