いまぼくのブログネタ | ホタコンブログ

ホタコンブログ

ホタコンという屋号で個人経営を始めたのは、義理の父親から引き継いだ土建業が始まり。
山田コンクリート工業株式会社は名古屋市東区で2代続いた土木施工業者だった。

最近、LINEゲームアプリのツムツムにハマっていて、他にやることいっぱいあるのになぁ、、、って思いながら、『TIME OVER』でキリをつけれない自分にちょっと罪悪感を覚える日々を過ごしている。

 

ツムツムは凄いゲームだ。

 

数年前にPlayしていた時は、知り合いの何人かがハートを送ってくれるけど、好きな人がPlayするアプリという印象だった。そのうち他のゲームに移行したぼくは、しばらくツムツムのことを忘れていた。

ところが最近、現場の職人さんたちが会話の中でツムツムの話をしていて、経理の女の子までツムツムをしていて、身近な人たちが今でもツムツムしているんだなぁって不思議に思っていた。まあ、みんながやってるならその輪の中に入った方がコミュニケーションが出来てよさそうだ。と感じて、ぼくはツムツムを再開した。

そしたら、仕事で縁がなくなった元請の社長さん(二組)とハートを贈りあう日々が始まってしまった。それ以外にも普段会話や用事がないような人ともハートを贈りあっている。これはこれでコミュニケーションとして成立しているようだ。

 

ツムツムというゲームはたった1分間の時間制限の中で、ディズニーキャラクターを繋げて消滅させると、その連鎖の長さに応じてポイントが付く。設定したキャラクターを一定量消すとボムという廻りのキャラクターを道連れに消える球のようなアイテムが出現する。時間に追われながら毎週更新されるベストスコアを超えることを目標にしながら、LINEで繋がった友だちと点数を比較しながらPlayする。そして、そのライバルの友だちにハートを贈って見返りのハートを要求する。

 

キャラクターの設定の仕方も秀逸だ。ディズニーの作品ごとにキャラクターがあって、それぞれが独特のスキルを発動する。

ディズニーをあまり知らないぼくでも、ここ数週間で一気にディズニーキャラクターを認知することになってしまった。

 

ツムツムは恐ろしいほどに凄いゲームだ。

 

ツムツムというか、ディズニーのブランディングとマーケティングが恐ろしいレベルで凄い。

だって、客にお金を払わせて広報しちゃっているんだ。

基本的には無料で遊べるアプリだけど、点数を稼いで友だちと差をつけたり、欲しいキャラクターを手に入れたり、もう少しゲームを続けたいという欲求に対して、手軽にその欲求を満たすための課金システムが提示される。価格設定も幅があって自己責任で欲しいものと金額を照らし合わせてサービスを購入できる。

ぼくたちは、ツムツムで課金して遊びながら、ディズニーキャラクターや作品の名前を憶えて、映画館やビデオレンタル、そしてテーマパークとそこにあるグッズにお金を払ってしまうんだ。

 

これは、肉食系パワフル西洋文化だからこそ為しえた売り方なんだろう。

 

 

さて、今回は、ツムツムの話を序盤に差し込んで、最近のホタコンがブログネタにしたいことを纏めようと書き始めたわけで。

思いのほかツムツム話が長くなってしまった。

 

書きたい事柄を一つ一つ追っていくと確実に酒に負けそうなので、箇条書き程度でトピックを連ねることにする。

 

 

・ホタコンが神社に行きまくってる今年。これは風の時代(グレートコンジャクション)と関係があるのだろうか

・自然(じねん)≠自然(しぜん)。世界規模で価値観の相違を説明するのには、この概念を知ることが必須かもしれない

・陰陽師?神仏一体?火の鳥から宗教法人まで

・初えびす。あきないえびす。大黒様と恵比須様がわが社に祭られた

・公益資本主義はジャポニズム?

・DX(デジタルトランスフォーメーション)と土建屋

・書籍出版、音楽アルバム、イベント企画、アパレル展開、ゼリー販売、ネットラジオ、オンラインサロン、そして、マルチコンバイン

・娘9歳の誕生日

・1業種1事業の時代は終わった

 

今日はここまで、まずは楽しく!