この投稿をInstagramで見る

【コンサル的おはなし〜お客様が少ない時こそ〜】 飲食業の売上低下を始め、この自粛ムードで打撃を受けているサービス業。 売上が下がれば人件費を削るという発想になるのは当然ですが、それでも営業している限りお店にはスタッフがいて、会社は開いているはず。それなら、この期間をコロナ騒ぎが落ち着いた時に大きく飛躍するための投資期間と考えることもできるのではないでしょうか😌 本社では ・マニュアル類や人事評価制度の見直し ・4月に始まる同一労働同一賃金の準備 ・宅配ビジネス等検討して、長期化への備え 店舗では ・お客様がいると出来ないロールプレイング ・新人教育や面談 等に充てるのも良いと思います。 この考え方は、法人だけじゃなく個人も一緒ですよね。 与えられた環境は同じ中、退屈や不安の中モヤモヤ過ごすか、種蒔きの期間に費やすか。騒ぎが終息した時に大きな差になっている気がします😌 私も講演が次々とキャンセルになっていて人ごとじゃないのですが、このタイミングに新しい事業の打合せを進められる!あの本が読める!と小躍りしております👯‍♀️(強がり。笑) あ、もちろん娘とゆっくり過ごせるのも嬉しい😊 種まきのお話しでした。 #人材育成コンサル #頑張れサービス業 #コロナ対策 #低迷期を投資期間に #&MIND #菊地麻衣子

Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 -