この投稿をInstagramで見る

あー、良かった。 いいね数が非表示になりましたね。 いいね数を求めてしまうのは、ギャンブルなどと同じ中毒症状。 人からいいねと言われなければ、自分を認められない人が増加しているからこそ、SNSが流行るのでしょう。でもそこで安心していても、本当に自己肯定感が高まっているわけじゃないことを知ってほしい。 自己肯定感というのは、自分で自分を認めない限り高まらないものだから。 中でもメンタルに1番悪影響なのは実はこのInstagram。 少し前のアメリカの調査で、Facebook、Twitterなどを含むSNSの中で1位になりました。 私がメンタルヘルスの研修で伝えているのは ①時間を決めて意思を持ってSNSをすること(なんとなくで開く癖がある人は情報にコントロールされている。) ②気分が落ち込んでいるときには、見ないこと(見ても良いことは何もない) ある意味、いいねの中毒性で爆発的なヒットをしたInstagram。 試験的にとは言え、企業として、いいね数非表示はすごく勇気のいる決断だと思います。 この変化によって、利用者のメンタルヘルスが本当に改善されるかどうかは分かりません。でも、人に認めてもらうための投稿から、息抜きや、自己表現の為の投稿に変わることを切に願います✨ ※「いいね」は歓迎です🤗笑 ・ ・ ・ #ニュースコラム #産業カウンセラー #メンタルヘルス #sns中毒 #instagram #いいね非表示 #菊地麻衣子

Maiko Kikuchiさん(@michaelchang220)がシェアした投稿 -