この投稿をInstagramで見る

2020東京オリンピックの試験で ・都内高速出口などの交通規制の試験運用 ・テレワークの推進 が行われていますね。 私も早速羽田に向かうリムジンバスの渋滞に巻き込まれました!これも練習練習😄 私はフリーですので、クライアント先のデスク、カフェ、移動中の車内、自宅など様々なところで仕事をします。 テレワークの定着にはまだ課題は多いようですが、可能な企業はこの機会に試験的に行ってみるのも良いと思います。出来ない理由を探したらキリがないので、テレワークが生み出すメリットを考えてみました。 1.仕事の成果が明確になる なんとなくいるだけで仕事になってしまうこともあるオフィスワークに比べ、やったことの成果が見えないと何もやっていないこととイコール。だからこそ、形にしようとする努力をするようになる。 2.報告が増える(コミュニケーションが増える) これは意外に思われるかもしれませんが、社内にいていつでも話せると思うと、節目節目に報告することがおざなりになったりします。あの人今週何してるんだっけ?と思う人も。 テレワークだと、細やかな報告、意見を聞く等しなければ浦島太郎状態になるので、メールや会った際の会話は活性化します。 3.タイムマネジメントができるようになる 人が不思議なのは、そこにじっとしていなさいと言われれば、さぼりたくなるもの。 逆にどこにいても良いけど、仕事の成果を出さなければならない環境になると、どうにかして短時間で集中できる方法を考えるようになります。(私がそうでした。) 上記が出来なければ評価されなくなるので、ただサボれて楽になる〜と思っている方は残念!企業側にとっては、ジョブ型、成果型に移行するチャンスなのではないでしょうか。 東京はオリンピックの準備が着々と進んでいますね✨ 写真は昨日の読売新聞本社でのもの。今日は飛ぶオフィスの中でお仕事しながら香川に向かいます✈︎ 梅雨明けカウントダウン! 香川も快晴のようです✨ ・ ・ ・ #ニュースコラム #東京五輪 #2020 #テレワーク #ノマドワーカー #会社員も個人事業主化していくらしい #働き方改革 #コンサル #研修 #女性の働き方 #菊地麻衣子

Maiko Kikuchiさん(@michaelchang220)がシェアした投稿 -