この投稿をInstagramで見る

【これがダイナーの接客だ!】 先日玉寿司のご招待でウルフギャングステーキハウスに接客の勉強会兼食事会に行ってきました😊👏🏻すごい!太っ腹です! 人材育成担当者やWDIの清水社長からも直接お話を伺えるという特別プラン✨ 清水社長のお話で印象に残っているのは、「レストラン作りで大切なのは音楽と照明。心地良い埋没感を作るから。」というもの。 この「心地良い埋没感」というキーワードにすごく納得!WDIのレストランは#グランドセントラルオイスターバー も含め、その空間に酔える。人がたくさんいてオープンな席なのに、目の前の人との食事と会話を楽しめる。それが何とも心地良いんですよね😌 また10人のお客様がいれば3人には嫌われて構わないという、潔いアメリカンダイナー系の接客も、私は大好きだなーと思いました。 感じたい方は是非#ウルフギャングステーキハウスまで🤗 コンクールの入賞者への副賞として企画されたこの食事会🍽 20歳の板前さんの卵も初めての高級ワインに「何と言ったら良いか分からないけど美味いです!」笑 ととても良い経験になった様子✨百聞は一見にしかず。 中野里社長、素晴らしい機会をありがとうございました☺️ ・ ・ ・ #ウルフギャング #ウルフギャングステーキハウス丸の内 #ステーキ #接客 #サービス #玉寿司 #コンクール #人材育成 #アメリカンダイナー

Maiko Kikuchiさん(@michaelchang220)がシェアした投稿 -