View this post on Instagram

和歌山弁?関西弁?🤔 ・ 先日、JA共済連 和歌山のライフアドバイザーの皆さまへ講演をさせていただきました🤗🎙 ・ 新大阪から和歌山までは初めての特急くろしおで✨🚅 その中でね、キツイ感じで車掌さんに電車の時間を聞いてるおじいちゃんがいたんですよ。 お爺「せやから、この時間に間に合うかって聞いてんねん。」 私(ん!?怒れる高齢者か!?ドキドキ) 車掌さん丁寧に説明。 お爺「よっしゃ!間に合うんやな。」 よ!よっしゃ!?え!?怒ってなかったのね!あー、それ私の知り合いの和歌山の人も使う!!😳 めちゃくちゃ良い!関東だったら、「分かりました。」とか「そうですか」程度の相槌で終わるシーンによっしゃ!ってなんかすごく良い😍前向き😍笑 あと、その和歌山出身の知り合いは「シャレにならんて」も口癖ですが、これも和歌山独自のもの?関西全体?🤔どなたか関西出身の方教えて ・ ・ #講演 #講師 #研修 #菊地麻衣子 #和歌山 #くろしお #ホスピタリティ #顧客を増やす #売上 #和歌山弁 #紀州弁 #あったかい☺️

Maiko Kikuchiさん(@michaelchang220)がシェアした投稿 -