View this post on Instagram

【落語も講演も環境作りが大切】 熊本に向かう機内で読んだスカイワードの立川志の輔さんの一節。 ・ 「高座に座布団一枚、簡単そうに見えるものの、実は落語の舞台作りが一番難しい。」 照明にもこだわる理由として、「扇子を持つ手を上げた時に背後に影が映ると観客はその影に気を取られる。そんな些細なことで集中力は切れてしまうんです。」 ・ そういえば、私の出版記念で落語をお願いした、立川平林さんも到着してすぐに舞台の確認をしていたっけ。そして、会場を縦長に使った方が、全員に目配せができるということを教えてくれました。 ・ 私の講演の師匠は特におらず、落語から学ぶことが多いという話を以前からしています。 たった90分という時間、一緒に集中して、惹き込む。その為には、携帯の音はもちろん、視界に余計なものが置いていないこと、講演者の余計な仕草で聴講者の集中を奪ってはいけないと、環境作りには気をつけています。 だから、出来れば他の聴講者さんの為に、聴いている側も一緒に環境を作って欲しいのです😌 ・ 携帯電話でカシャカシャ撮ったスライドは恐らく見返さないだろうし、進行の方達が目につくところで忙しなく次の準備をすることも出来たらして欲しくないのは、講師の為ではありません。そこで何かを得ようとしている仲間の為。 ・ さぁ、今日も出来る準備をして、講演に行ってきます☺️🙌🏻豪雨で着かないかもしれないと言われていた熊本に無事到着です✈️ ・ #落語 #立川志の輔 #講演 #噺家 #熊本 #ホスピタリティ #菊地麻衣子

Maiko Kikuchiさん(@michaelchang220)がシェアした投稿 -