祖父と私

テーマ:
みなさまこんにちは(*^_^*)

ホスピタリティマインドトレーナーの
菊地麻衣子です。

お盆休みをいただいていました。
両家の実家帰省をして、
夏らしいことを満喫してきましたよ(^_-)

今回の帰省では、義理の祖母から
戦時中の話しを聞いたり、
山口県の2歳児をボランティアの
お爺さんが見つけた事件があったせいか、
祖父のことをよく思い出していました。

祖父は職人でした。

小田原の桶屋職人として活躍し、
桶作りが衰退した頃からは
給湯器機などの代理店として
晩年まで軽トラックで
走り回っていました。

祖父の家は、おがくずの香りが
いっぱいで、作業スペースには
木材やらタイルやら、ネジやらが
落ちていました。

私の幼少期は母が働いていたので、
保育園には祖父が軽トラックで
迎えに来てくれました。

無口な祖父でしたが、従兄弟たちと
マクドナルドへ連れて行ってくれたり、
私に漢字検定の本やお経の本で
書き取りを教えてくれたり、
祖父なりに遊んでくれました。

そんな大好きな祖父がガンになり
入院をしている時、
私は仲間たちとハワイへの卒業旅行に
行くか迷っていたんですね。
万が一のことを考えていました。

すると祖父の容態は一時的に落ち着き、
家族の後押しもあり、ハワイ旅行へ
行くことになりました。

ハワイへ発つ日、病院へ「行ってくるね」と
顔を出しに行くと、いつもだったら
「そうか。」としか言わない祖父が、
ベッドから起き上がり、笑顔で
「麻衣ちゃんありがとうね。」と
私の手を握って言ったんです。

「どうしてそんなこと言うのだろう」と
戸惑い、私は帰りの化粧室でなぜか
涙が止まらなくなってしまいました。

ハワイへ発った次の日、
祖父は亡くなりました。
途中での帰国にはなりましたが、
仲間との思い出ができました。

ハワイへ行かせてくれた祖父。
最後に見せた笑顔と感謝。

今クライアントの寿司屋さんで、
沢山の板前さんたちと仕事を
しています。

社長は最初、職人集団の人材育成を
私ができるのか、心配されていたそう。
でも、私は何も抵抗なく皆さんの
中に入ることができました(*^_^*)

この写真はある時の板前さんたちとの
飲み会。笑
{8E621357-AE3A-4E36-BFBC-7628DC1966BD}

口は悪くても、無口でも、
愛情がある人たちに囲まれて
育ったから。

実家に帰ると、いつまでも私は
子供の時のままで、
言いたいことを言う親族たちと
楽しい時間を過ごしています。
{F1102515-F7BD-4AD8-92D7-E0E7B490566F}

一年に一度、親族の愛情を感じ、
祖先へ想いを馳せるお盆。

また頑張るパワーになりますね(^_-)


〜明日の心の健康の為に〜
ホスピタリティマインドトレーナー
菊地麻衣子




******************
2回目の開催が決定!!
誰でもご参加いただける
オープンセミナーです✨

{88D0D545-432D-4983-85F2-601CD3976B59}


******************