便秘の治療方法 | 病院情報検索サイトHOSPITALJAPAN(ホスピタルジャパン)オフィシャルブログ

病院情報検索サイトHOSPITALJAPAN(ホスピタルジャパン)オフィシャルブログ

HOSPITAL JAPANは、日本最大級の病院情報サイトです。
全国約12万件の病院情報を掲載しております。


テーマ:

便秘の治療方法


治療には、下剤の摂取により便の排泄を試みたり、早期の治療には浣腸も含まれますが、そういった状態が常態化すると、体がそれらの刺激で排泄をするのが当たり前になってしまい、それらを欠かすとなおひどい便秘になる場合もあるので注意が必要です。

薬剤...下剤による副作用として、塩類下剤では高マグネシウム血症・刺激性下剤は習慣性になりやすく、薬剤に対する感受性が低下し便秘薬を服用しないと排便が行われなくなる便秘薬依存症や腸管粘膜障害などがあります。

浣腸...浣腸にはグリセリンなどが入っており、これらの直腸への刺激で排泄を促しますが、刺激が強く急激に催したくなったり、また悪寒や吐き気などといった症状を誘発させる場合もあります。
グリセリン浣腸では、我慢しきれずすぐに出してしまうなど使い方が悪かった場合などには、後述するような体質にも拠り、出し切ることができず不快感が残る場合もあります。
完全に腸内の便を取り除くのを望む場合には、腸洗浄と呼ばれる処置もあります。
こちらはぬるま湯(生理食塩水を使う場合もある)を注入、それらの湯と一緒に排出しますが、注入時に無理な圧力を掛けると直腸穿孔など負傷のおそれもあります。
したがって専用の器具が利用されたり、また市販もされていますが、専門の医師などの指導のもと使用するようにしてください。
また、こちらは専用の器具や温度管理などで手間が掛かりますが、注入量が多く刺激が少ないため、腹痛などの問題がおきにくいなどのメリットもあります。





ペタしてね 読者登録してね アメンバー募集中 フォローしてね

HOSPITAL JAPANさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス