8月4日 太陽のサビアンシンボル 獅子座12度。 |    ホシヲツグ ~星の言葉を継ぐ人たちへ〜

   ホシヲツグ ~星の言葉を継ぐ人たちへ〜

 

    占星術やタロット、シンボリズムのお話と関連する雑貨の紹介
 
     by ホシヲツグゆうら

本日の太陽は
獅子座12度の位置で
輝いております。

獅子座12度の
サビアンシンボルは

「宵の芝パーティー」

でございます。

そんな様子を描いた
4コマ漫画

どうぞ
ご覧くださいませ。


いつまでたっても
忘れられない夏の思い出。

朝から日が暮れるまで
海で
シュノーケリングしたり
ゴロゴロしたり

夜は
みんなで
ご飯を作って
夕食を食べ

夜風にあたりに行こうって
ビールを持って
浜辺で飲んで

寝っ転がって
波の音を聞きながら
星空見上げて

「明日はどこに行こうか。
なにして遊ぼうか」

なんて
話で盛り上がって。


そんな夏の思い出。

忘れられない夏の思い出。

皆様も
たくさん
あるのではないでしょうか。

まだ30代前半だった頃
彼氏と別れを経験して

気分を変えようと
沖縄に一人旅に行きました。

長期滞在のつもりで
関東を飛び出したわけですが

滞在した
石垣島の民宿で出会ったのは
同じ年の女子二人。

この二人も
関東圏からの旅人で
1ヶ月の日程で
遊びに来ていました。

今でも
たまに会う仲ですけど

「あの夏は
特別だったね!」って

毎回
物凄く盛り上がるくらい

本当にあの夏は特別で
キラキラしていました。

30も過ぎた女3人の
ひと夏の冒険物語。

3人に加え
同じ民宿に泊まっている人たちが
入れ代わり立ち代わり
毎晩
夜の野外パーティーに現れて

関東で普通に暮らしていたら
出会うこともない人たちと
交流できて
本当に楽しかったんです。

あいにく
私たちが選んだ夏物語は
恋愛物語じゃなくて

大騒ぎの
はっちゃけズッコケ物語だったようで

ロマンチックな話は
誰一人なかったわけですが

だからこそ
底抜けに楽しかったんでしょうね。

お腹の底から大笑いして
日に焼けて真っ黒になって
ナチュラルな自分に戻って

失恋した
心の傷は
いつの間にか癒されていたという

とても素敵な夏だったんです。

夜に野外で
外で飲むなんて

お花見とか
特別な時にしか
経験したことがなかったのに

石垣島では
毎晩のように
波の音を聞き
星を眺め
心地良い風を受けながら
パーティみたいなことをしていた。

それは
出会った二人も同じだったようで

そのうちの一人の子は
野外飲みが好きになって

今では
野外飲みのプロフェッショナルと
言ってもいいくらい
用意万端で
関東圏でも
たまに夜の野外飲みをしたりします。

その彼女の
ネイタル太陽が
このシンボル。

彼女はお酒が強くて
社交家で
話も楽しくて
物怖じしなくて

頼れるし面白いし
よく気も使える
素晴らしい女性なんですよ。

そんな彼女が
お酒を飲んで
楽しそうにしている姿を見るたび

「ちゃんと
太陽が示す人生の目的
全うしているなー」

なんて
関心しております。

自然の中で
自分を解放する。
人と交流して楽しく過ごす。

そういう
物語の主人公を
彼女は
堂々と演じていくのでありました。


というわけでありまして

本日は
獅子座12度の方向から

「交流するエネルギー」


流れてきております。

いろんな人と
気さくに交流して
自分を華々しく演出するかのような
エネルギーであります。

昨日のシンボルでは

大きな樫の木の下で
喜びに包まれて
遊んでましたからね。

喜びのエネルギーは
間違いなく
良い波動を持ったエネルギーですから

それは
多くの人を呼び
惹きつける力を持っているんです。

なので
樫の木の下に
いろんな人が集まってきたと。

そして
やがて日が暮れて
夜のパーティーが
始まるんです。

「パーティーでの交流」っていったら
社交的な
天秤座的のイメージが
浮かんだりもしますが

ここは獅子座の体験領域。

自分が物語の
主役になるためには

他の登場人物も必要なわけで

自分の人生というストーリーを
華々しく盛り上げてもらうために

人々と
交流していくという感じでしょうか。

確かに

忘れられない
夏の思い出には

自分以外の登場人物がいた方が
ストーリーに深みが出るってもんです。

人と交流することで
自分の物語が
生き生きとした盛り上がりをみせるんです。


そんな本日のクエストは

「登場人物との楽しい交流!」

だそうで
ございます。

自分の物語の
登場人物と
積極的に交流をして
楽しむんです。

まずは
周囲の人を
まるで
ドラマの登場人物紹介的な
コマ割りで眺めてみることから
始めてみましょう。

例えば

私だったら
旦那さん。

私の主観カメラがとらえた
旦那さんのコマ割り
登場人物紹介ナレーションは


「この人が私の旦那。

30代前半に失恋をしてから
もう恋なんて出来ない!

なーんて思っていたのに
出会った人。

彼との間にも
すったもんだ
たくさんあったけど

今は
家族として
姉弟のような関係性。

小憎らしいけど
ふふ。
大事な家族よ。」

こんな感じになるんでしょうか。

普段は
こんなふうに人を見ないから

やってみると
新鮮で
意外と楽しいです。

そして
なぜか
ナレーションの自分の声が

洋画のアフレコのような感じで
脳内再生されるということも
発見しました。

なぜなんでしょう。


まー
そんな感じで
周囲の人を見回し

そして
積極的に
楽しむために交流する。

嫌が応でも
主人公気分が盛り上がり

ドラマティックに
自分を表現したくなること
間違いなし!

獅子座はよく
「ドラマティックだ」
とか
言われますけども

無意識のうちに
こんなふうに世界をとらえていたら

そりゃー
ドラマティックになりそうってもんです。

物語は
登場人物がいるからこそ
思いもがけない展開があって
面白くなるんです。

今日は
そんなことに思いを馳せていこうかと思います。

また
飲みにいくのにも最高ですね。

理屈なんて抜きにして

ただただ
飲んで人とおしゃべりして楽しむ。

それだけでも
今日のエネルギーと同調することでしょう。

できれば
自然の中で。

羽を広げれたら
いいですね。

クエストの報酬は

「沖縄の誇り!オリオンビール」

にしましょう。

私は
お酒は弱いので
普段から飲む習慣はないのですが

こんな暑い夏の日は
オリオンビールを
昼間からグイッと飲みたくなってしまいます。

やはり
あの特別な夏の思い出のせいでしょうかね。

オリオンビールフェスに行ったりして
オリオンビール漬けだった
あの夏の日よ。


というわけでありまして

皆様が
主人公気分をより一層盛り上げるために

物語の登場人物と
素晴らしい交流を
測れますように
お祈りしておりますね。

おつきあい
ありがと
ございました!