復興ということで行われました。

郡山市が現在でも線量は高いのに福島県郡山市で東京ガールズコレクション
が行われ長時間外で並んでました。こちらの記事に

そしてこちらはもう話題でご存知だと思います。
被害を訴えるとデマにされます。

「福島県では耐え難い疲労感と原因不明の鼻血に苦しむ人が大勢いる」
『美味しんぼ』の内容
に非難殺到

先週、主人公の山岡士郎とその父親の海原雄山が「真の和解」を
行ったということでヤフーの<トップページ..........
≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

4月28日発売のビッグコミックスピリッツ22・23合併号では、
「福島県では、耐え難い疲労感と原因不明の鼻血に苦しむ人が大勢いる」
といったような描写があり、現在ネット上で議論を呼んでいる。

福島原発の取材から帰ってきた主人公の山岡士郎が原因不明の鼻血を
出し、取材の後ひどく疲労感を感じるというセリフなどがあり、
主人公の山岡と海原雄山たち一行が福島第一原発を見学した。

途中一行は3号機の前で1時間当たり1680マイクロシーベルト
を数秒間浴びた。すると帰宅後の山岡にひどい疲労感と鼻血の
症状があらわれた
のちに同じ症状が雄山や同行者にもあったことがわかる。

取材の過程で、前双葉町長の井戸川克隆氏と
岐阜環境医学研究所所長の松井英介医師のもとを訪れた山岡は
町長の口から「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。
言わないだけです」と告げられる。今週分の話はここまでで。

出版社側の説明

あの海原雄山も「私も鼻を噛んだら血が混じっていた」と
語るなどしている内容。

作者の雁屋哲さんは以前、オーストラリアの生活情報サイト

「取材から帰って夕食を食べている時に、突然鼻血が出て止まらなくなった」
「取材後にすごく疲労感を感じるようになった。取材に同行したスタッフ
も双葉町の村長も、鼻血と倦怠感に悩まされていました」

『福島の食べ物を食べて応援しよう』というキャンペーンもありますが、
これもどうかと思います」


被爆は個人差があります。
出た人はいるのです。全否定、全肯定ではなく事例は事例と認め検証すべきです。

2012年05月08日

「脱毛していますし、毎日鼻血が出ています」双葉町 井戸川町長 

事故当時鼻血を訴える動画が多数公開されました。

国会で2分18秒ぐらいから避難されてる方が鼻血の事話されてます。



ダイジェスト版鼻血のことがまず話されてるところからです。
涙の訴え「子供達が鼻血を・・みなさんに福島の人は見えていますか」


以前記事にしましたが岩上さんも原発取材後、下痢に悩まされました。

その時取材で福島の方々から、鼻血、下痢、発熱、倦怠感、皮膚炎、動悸など、
数々の体調不良を訴える声を聞いてきた。と言われてます。

以前のブログですが・・・こちらに詳細が


ツイッターから★
なかなか表に出なかった事実。よくよく思い起こしてみると、
一時期の我が子も(こう言ってみると“言いにくさ”がシミる…)
「福島では鼻血が多発」デマではなかった。 




埋め込み画像への固定リンク

関連図書☆
松井先生の著作。
放射線被ばくから 子どもたちを守る/旬報社

¥864
Amazon.co.jp

松井先生動画☆








Video streaming by Ustream

ペタしてね