AABTビットコインデビットカードが、VISAデビットカードから銀聯(ぎんれん)ビットコインデビットカード(Union Pay)に生まれ変わります。現エージェント(会員)の方は、速やかに簡単な移行手続きを行ってください。

 

銀聯ビットコインデビットカードに移行する理由

2017年8月23日に、カード発行会社より通達があり、『VISA US』が『VISA EU』を買収することに伴い、 WAVECREST社(My Choice)のVISAカードはヨーロッパ地域のみに発行を限定されることになりました。

AABTのVISAデビットカードはWAVECREST社(My Choice)を通じて発行されているものであり、現在私達エージェントが使っているカードは、2017年10月15日にヨーロッパ地域外のカード保有者に発行されたすべてのカードが利用出来なくなります。

カード発行のエキスパートを有しているAABTは、このような事態も見据えて、海外銀行発行の銀聯カード(Union Pay)と交渉を水面下で進めていました。即座に契約が完了し、このデビットカードの運用が間もなく開始されます。ショッピングで使える場所は多少限定されますが、ほとんどの銀行でキャッシングが出来るということを確認しており、また一日の引き出し限度額も50万円まで引き上がります

 

 

新カード『銀聯カード(Union Pay)』移行手続き方法と注意点

縁故登録の現エージェントには、この銀聯ビットコインデビットカード(Union Pay)に切り替える必要があります。新規のエージェントには、VISAカードの発行ではなく、銀聯ビットコインデビットカード(Union Pay)が発行されます。

現行VISAカードにロードしている金額は、2017年10月15日までに全て出金するか、もしくはショッピングで使い切るようにしてください。

また、新マーケティングプログラムのEUR660ですが、新カード移行に伴い、システムの変更が必要となりました。急ピッチで作業を進めていますが、もう少しお時間がかることを了承してください。

▼新カード銀聯カード(Union Pay)への移行手続きフォーム
https://goo.gl/forms/FFawYBACBGiobdl22

※3AP登録の方は新カード1枚目が発行の後、申請手続きを行うことにより追加発行(2枚)が可能です。

AABT東京説明会動画とパワーポイント公開

ビットコインデビットカードは、10月で全滅しちゃうことになりますね!?

AABTはそれを見越して、水面下で銀聯カード(Union Pay)と提携を進めていたとは、私の立場からも驚きです。そして、それに合わせるようにして、EURO660が発動します!この逆風の中、AABTの一人勝ちになっちゃいますね♪

8月27日東京説明会動画とパワポを紹介します。新デビットカード、EUR660について正しく理解してください。

▼8月27日東京説明会動画
https://youtu.be/qKMzIwXTMeo

▼8/27説明会用パワーポイント
https://www.dropbox.com/s/fe02qt3jskpi2wk/AABTPPTVer39.pdf?dl=0

 

 

 

 

人から好かれるために良い人 

になってしまうのは危険です。

人から好かれるために、進んで新切にする。

物事を断らない。そんな人を「いい人」と定義します。

 

もしあなたが、嫌われるのが怖いので自分を殺してまでも

頼まれごとを聞き、誰に対しても笑顔で接しようと無意識に努力してしまうタイプならば、危険です。

 

確かに、「気が利く」「優しい」と人から言われると、

認められたような気分になります。とりあえず相手にとって便利で有益な存在になることもできるでしょう。

 

それは、相手から好かれるために作り上げた姿のはず。

それは好かれて当たり前です。本来では、利害関係だけで

 

成り立つ人間関係ではなく、ありのまま自分をさらけ出し、時には相手にとって都合の悪いことを言ったりしても

「あなたがいい」と言ってもらえる関係を育てて行きたです

植草 貴哉さんのメルマガから

 

現在の日本に必要な 『バビロンの大富豪』

お金を増やしたい人、お金に困っていて、なんとかしたい人、

『バビロンの大富豪』という本がおすすめです。

 

済的な効果は、これ以上、まだこれからも出そうです!


元々は、累積納税額日本一、の経営者から
ご紹介いただき、読み始めたの本が、バビロンの大富豪
です。

本を読む時間がない方にオディオで聞けます。

移動時間に聞けるので勉強になると思います

バビロンの大富豪「繁栄と富と幸福」

はいかにして築かれるのか」

https://www.youtube.com/watch?v=fSdbgprYkIA

 

 

 

2018年にはNEMに実装される予定です。
NEMにカタパルトが実装されて、エスクローサービスに取って代わるインフラとして普及していけば、NEM(XEM)の需要が上がる結果に繋がるでしょう。

テックビューロ社、しっかり着実に開発を進めている姿勢が見られます。
そしてCOMSAのICOが成功し、日本企業のICOが活発になっていけば、さらにテックビューロ社も大きくなって、mijinの開発やマーケティング力も上がり、結果的にはNEM(XEM)の力と需要も上がっていくんじゃないかなと思っています。

10月2日からICO(資金調達)予定のCOMSAプロジェクトも将来性が見えやすく面白いと感じていますので、まだチェックしていない方はぜひご一読を。ちなみに短期では儲かる見込みは無いICOですので、参加される場合は長く見守るつもりでいた方が良いと思います。

私はNEM(XEM)で参加予定ですので買い増しを完了しました。もうすぐmijinにCatapult実装予定ですし、COMSAのICOに向けてNEMの需要も上がっていくと予想しています。

https://comsa.io/ja/

mijin - 全ての人にブロックチェーンの力を

https://www.youtube.com/watch?v=YjCvp7Gtg6A

 

 

 

 

下落傾向にある暗号通貨市場

 
暗号通貨市場が下落傾向にあります。
10兆円程だった暗号通貨市場も9兆円台にまで
下がっています。
 
 
8月1日にSegwit2を使ったソフトフォークなのか、
それが上手くいかない事によるハードフォークが起こってしまうのか。
一時的に現金化しておこう 「利益を確定させておこう」
などの理由で売りなったことからです。
 
価格の上下は誰にも分からない
 
価格が上がるか下がるか、これは正直に言って
誰にも分かりません。

大事な事は人に聞くのではなく、自分自身が調べるという事です。
様々な意見がある中で最終的には自分で決めた事が正しいです。