ゴルフスイングはできるだけ身体を動かさないイメージが、練習量を減らすコツです | 100切りゴルフ予備校~ゴルフスクールレッスンでは習えない、町田市発!100切りゴルフ練習法
2018-07-06

ゴルフスイングはできるだけ身体を動かさないイメージが、練習量を減らすコツです

テーマ:├イメージ、マインド(意識)



7月に入りました。
これからは熱中症をおこさないように水分補給をこまめにしましょうね
こんにちはゴルフレッスン講師大崎です。


100切りゴルフ予備校リアル生徒さんかなしいかな、練習量が本当に少ないです。

もちろん、少ない練習で最大の効率でスコアーは出しているのですが。。。。

練習量を減らすためには、なるべくシンプルなスイング理論イメージが必要です。

100切りゴルフ予備校のシンプルスイングイメージは、スイング中とにかく体はなるべく、動かさないことなんです。

セットアップを決めたら

両足不動のまま背筋で上半身をねじります。

上半身をねじる際にクラブはねじりのパワーにより位置エネルギー(円心力)でクラブが勝手に動き出すのを、腕をあげてトップまで誘導します。

トップからはクラブが上がってきたところを、手首固定により、反動で戻っていきます。

これがダウンスイングの始まりです。

ダウンスイングはクラブヘッドだけをボールの方向に動かし、腕で軽い誘導を行います。

決して誘導であって、故意に当てに行くイメージは持ちません。

クラブヘッドをインパクトに向けて、誘導しているうちに、身体は苦しくなります。

そこで、やっと上半身もクラブの動きに合わせて、動かすイメージです。

とにかくいつでもクラブヘッド先行

身体はなるべく動かさない。

身体を動かさないようにするだけで、身体全体の筋肉は自然と使うことができます。

初心者さん中級者さんのスイング筋肉イメージは、飛距離や正確性につながりにくいものです。

身体を動かさない筋肉イメージだけで十分に90切りまでの飛距離や正確性は確保できるものです。

身体を動かさないイメージ、特に下半身、でもスイングスピードが速くなる、柔軟性が足りないそんな時は自然と動きます。

まずは左の壁練習法で、下半身を動かさない、イメージ及び筋肉を刺激しましょう。



スコアーアップ
あなたなら絶対出来ます
身体はできるだけ動かさないのが正確に遠くに飛ばす秘訣です

お読みいただきありがとうございました。


100切りゴルフ予備校リアルレッスン
壁を乗り越えるためのお悩み、まずはご相談ください。
110切り100切り90切り80切りシングル到達まで、全ての壁を乗り越えましょう

海老名市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、藤沢市北部、横浜市西部、町田市南部、出張レッスン承ります.

ゴルフレッスン講師:大崎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]