「子どもは平等に育てなさい」は本当? | ミエルモノとミエナイモノのあいだ [岡山]

ミエルモノとミエナイモノのあいだ [岡山]

ホシノタネ・ラボ ~未来を変える種たち~
潜在数秘術®ファシリテーター・魔法の教室認定講師・個別指導塾講師
【西洋レイキ・アクセスバーズ・子どもの発達・発達障害・オランダ教育・シュタイナー教育etc】

先日、双子の男の子を育てるママが
潜在数秘術セッションを受けて下さいました。

頭脳明晰かつ知的好奇心が高く、
お子さんたちの個性や能力に寄り添い、
生まれ持った能力をどう伸ばそうかと
熱心に勉強されている方です。



双子はたいてい誕生日が同じなので、
誕生日による数秘術や占星術では
性格や特性が同じになっていまいます。

潜在数秘術の場合は、
【生年月日と名前】を使うため、
ライフパスナンバー[思考・価値観]を示す
数字は同じになりますが、
名前から算出する3つの数字により、
行動パターンや社会的使命
✅本当の望み、心のガソリン
✅周囲から見られる印象
✅生きづらさやモヤモヤポイント

などに違いが出てきます。

この双子くんたちは2人ともメカ好きで
国際ロボット大会の選抜メンバー✨✨✨
しかし性格や行動は誰もが驚くほど
違っているのだそうです。

中学受験も視野に入れ、お母さんは
兄は「上を目指す子の集まる集団塾」
弟は「ペースを守れる1対1の個別指導塾」
と、別々の塾に決めたそうです。

さすがプロデューサー気質の敏腕ママ!
数秘的にみてもバッチリな選択ですウインク

しかしそれが正しい選択なのか
自信がなかったのだそうです。
それはある言葉が引っかかっていたから。
双子の妊娠が分かって以来、
多くの先輩ママに言われてきた言葉
【双子は平等に育てなさい】

双子を違う塾に通わせることは、
双子育てのセオリーに反するのでは?
と感じてしまったのですね。

私はオランダや北欧の社会や教育の
本を読んだり、セミナーを聞くのが
趣味なのですが・・・・
あちらの「公平や平等」の考え方は
日本人とはちょっと違います。

たとえば、デンマークの場合、
「ゆっくり勉強したい子」
「どんどん学びたい子」
【それぞれのニーズに添うことが公平】
という考え方をします。

一方、日本の学校では、
「2年生は全員九九を覚える」
「3年生は全員ソプラノリコーダー」

放課後の勉強として、
理解度がバラバラにも関わらず、
クラス全員同じ宿題が課せられます。
勉強が苦手な子は辛く、
勉強が得意な子はつまらないアセアセ

全員「逆上がり」ができることを
目指すのも日本っぽいですね。
クラスで逆上がりができない子を応援し、
毎日放課後に先生と辺りが暗くなるまで
涙ぐましい努力と練習の果てに
最後の1人がやっと成功して感動の涙.....
なんて話をテレビで見たことがありますが、
それって、ある意味虐待じゃない?
と感じてしまいました。

今私が小学生で、
もしヒップホップダンスが必修で(笑)
1人だけ放課後に居残りさせられて
できるようになるまで辞められなくて
できないと友達に迷惑がかかるという
プレッシャーの中で練習させられたら...
心に深い傷を負うと思います。

オランダの小学校は8年制です。
4才から5才の誕生日の間の好きな
タイミングで小学校に入学します。
みんなバラバラですから、
もちろん入学式はありません。
保護者は「この子は遊ぶのが好きだから
5歳ギリギリに入学させるわ」
などと話しています。
我が子のペースを優先するんです。

過去にこんな方もいました。
年子の娘がいます。
妹はいつも私と買い物に行きたがりますが、姉は誘っても嫌がります。育児では不平等にならないよう心がけていますが、渋る姉を連れだすのが大変で、出かける前に疲れてしまいます。

潜在数秘術で姉妹の数字を見ると、
お姉ちゃんの数秘には、
1人の時間をこよなく愛する【7】が
2つもありました! 

『お姉ちゃんが 留守番したいというなら、
妹さんと2人で出かけてはいかがですか?

👧母さんとお出かけしたい、妹
👩ひとりの時間を過ごしたい、姉

それぞれの希望を叶えるという意味で
公平なことだと思いますよ』というと、
『えー!そんなことをしたら母親失格
だと思っていました!いいんですか!』

【平等に育てる ≠ 同じように接する】

ちなみに、
シュタイナーやモンテッソーリ、
イエネプランなどの世界で人気の
子どもを伸ばす教育の共通点は

【子どもをよく観察すること】

子育ては自分の感覚を大事にして、
先輩ママのアドバイスや世間の常識は
参考程度に聞き流すくらいでいい
と思いますよ〜!