倉敷市水島のほしのカイロプラクティック・整骨院のブログ
  • 10Aug
    • 夏季休暇

      8/11〜8/15日まで夏季休暇とさせて頂きます。よろしくお願い致します。ほしの整骨院

      3
      テーマ:
  • 25May
    • こんにちは、暑かったりする日があり短パンで寝て冷えて、お腹の調子が悪くなってたら急に腰が痛くなりました。腰がぬけそうな感じで何故?特に何もしてないのに腰がやばい❗️って思ったら、ああそうか腸の具合がよくないので内臓反射で腰にきたのかと納得し、内臓からの腰痛を身をもって実感したほしの整骨院の院長です。温めたりして色々してたら落ちついて一安心でしたが、やはり日常の生活の自己管理が重要ですね。食べ過ぎて腰痛なんてのも多いので気をつけましょう。さて、先週の日曜は子供たちと少し遠出をして久米郡美咲町の「まきばの館」にお出かけしてきました。ラベンダーがもう少しってところで6月初めが1番良さそうな感じでした。自然が気持ちよくよい一日でした。日常は頭を使って作業して左脳を使いすぎてますので、現在に感謝しなるべく幸せを感じて右脳も使いましょう!

      9
      テーマ:
  • 18May
    • 4月の終わり

      こんにちは、急にあつくなり昨日から院で冷房を今年はじめて使いはじめました。冷房つけると寒く、切ると暑くて扇風機だけじゃ対応できず、日々の温度差に困惑しているほしの整骨院の院長です。4月30日の祝日に大阪に神経学の勉強に行ってきました!GWの影響もそこまで感じずよかったです。今回のテーマは神経診察法まずはじめに専門的な医学知識と技術をもたねばならないですが、しかしそれだけではなく患者のために役立てたいという「心」をもつことが絶対条件!!ともらったテキストに書いてある。本当にその想いは重要と改めて感じました。今回も内容はたくさんでした。自分の印象に残っていることだけ少しだけ。・心電図だけでは全てのことが正確に分からない。というより分からないことの方が多いらしい。できることは不整脈の診断くらい。・痛みは感覚の不一致でつくりだしてしまう。例:自分では正面をまっすぐ見ているつもりなのにズレている→中心やり20度程度右にズレている→と、ズレてみている人の6割がズレてる側、この場合右側に身体の組織損傷がなくても痛みを感じるらしい。痛いところが色々変わる人や外傷がないけど痛い場合など、そういったズレの影響がある場合がある。・高齢者で大脳機能低下すると上半身は前面、下半身は後面の筋のトーンが高まり、前かがみ姿勢になる。断片的なのでよく分からないと思いますが🙇‍♂️あとは心臓の心音のこととかを勉強しました!もうちょっと頻繁に更新しようといつも思って滞ってしまいます😭

      1
      テーマ:
  • 05Mar
    • 骨盤の影響

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。本日は強い雨が降って、風も時間帯によってはきつい1日でした。今回は骨盤矯正についてです。最近とくによく耳にするようになってきましたよね。色んなところの治療院で骨盤矯正て書いてあったりします。そして、治療していても患者様から骨盤歪んでますか?って聞かれることも多いです。そして骨盤を調整する方法も色んな方法で治療院それぞれの調整法で行なっていると思います。患者様から聞いたことあるのは、ソフトにちょこちょこ股関節を曲げたり、動かしたり10分〜15分程度して、骨盤が安定するまでは回数が必要なので7、8回セットで通ってもらって、その間は安定させるためにベルトを巻いて生活してもらうというものだそうです。また、骨盤矯正ストレッチで骨盤周りの筋肉などの軟部組織をストレッチさせるもの。カイロ専用のベッドで足の長さを調べて、骨盤をおさえてドスンとベッドが落ちて矯正されるという方法。横向きになって、天井側の股関節を曲げて、体を捻って骨盤から音がパキパキする方法。これだけでも4種類ですから、もっと色んな方法があると思います。しかし効果がよく分からない、骨盤が整ったと言われても実感としてよく分からないと感じてる方は多いのではないかと思っています。個人的には骨盤矯正という言葉はあまり好きじゃないと思ってました。でも今は骨盤矯正しますって言っています!骨盤矯正ってしたらそれだけで何でも解決できる!みたいなイメージが好きではなかったので。全身調べて、骨盤の矯正が必要ならば骨盤矯正しますし、骨盤の歪みが腰の関節からの影響できていたり、股関節からの影響があったりする場合があって、必ずしも骨盤だけ矯正すれば良いってわけでもないので、あまり骨盤矯正って大々的に言いたくなかったわけです。話は戻りますが、先程のベルトを巻いてっていう患者様は5回くらい骨盤矯正を受けていたそうですが、骨盤の歪みを整えたくて通っていたのですが、ベルト巻いて生活していたら、今までなかったのに腰、骨盤が痛くなってきて立ってるのが辛くなってきて、数年前に当院に来院していたことがあったので来院されました。当然ベルトで固定した方が改善する場合もありますが、この方はベルトで固定する必要がなかったのでベルトしていたことで動きが制限されてしまったため痛みが出ていました。ベルトだけ一時期やめてもらい、骨盤矯正があと2回あるということなので、グイグイしたりきついものではないというのでそれは受けてもらって大丈夫とお伝えしました。幸い痛みは一度の施術でほとんどなくなりました。骨盤は他の場所に影響を与えてる場合が多いので、当院でも骨盤まわりの以外の症状の場合でもかかさずはじめにチェックをしてから治療していきます。首の痛みにはとくに骨盤矯正が効果が大きい場合が度々あります。朝起きたら寝違えて動かせないといった症状。首の筋肉のこわばりをいくらゆるめても動かすとまだ痛みがきつい場合など、骨盤矯正をするとかなり動かせるようになることもけっこうあります。やはり骨盤は体の土台になるので骨盤が安定してない状態が長く続くとそれを支える首に負担がかかるのでしょう。デスクワークが長い方などで、寝違えを度々繰り返す方などは骨盤の矯正が必要だと思われます。逆に骨盤矯正をしても症状が変わらない場合は骨盤が関係してる症状ではないと判別可能かと思います。ですので骨盤はチェックします。当院の骨盤矯正の場合で効果が感じられる最近の症例は・ぎっくり腰・寝違え・肘や手首の痛み、手をつくと痛いなど・肩を挙げると痛みがあるもちろん全てに有効とは言えませんが、関連した症状には効果があります。とくに急になった症状に効果が高いです。何故か分かりませんが肘を動かしたら痛みがあるなどの場合にも効果が出ることがあります。寝違えの場合は骨盤矯正をしてくれる治療院で試してみるのがいいと思います!

      6
      テーマ:
  • 28Feb
    • 朝起きて腰が痛い人、痛くない人

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。朝起きて腰が痛い人、朝腰が痛くならない人の違いは?というのを昨夜のTV番組でやっていました。見てない人のために簡単にですが内容を書きますと、通常で寝返りは寝ている最中に20回以上はするそうなのですが、朝腰が痛くならない人は37回、朝起きるとき腰が痛くなる人は4回しかしていませんでした。内臓・内臓脂肪の重さで体重の4割あるそうなので、仰向けで寝転んだ時に内臓の重みが背骨にかかり背骨を圧迫して、背骨周囲の血流が悪くなって炎症が起こり痛みが出ます。寝返りをすることで姿勢を変えて圧迫を和らげることで血流が悪くならず、朝起きた時に痛みが出ないということです。じゃあ姿勢を横向きで寝たらいいのではないかと思われますが、横向きでも背骨がねじれる姿勢になるので、どの姿勢で寝ても結局寝返りがうてなければ痛くなるということです。では何故寝返りが少ないのか、それは筋肉がこわばっているから寝返りがうちにくいのです。若い人ならストレッチしたり、運動したりすることで改善可能ですが、高齢者の方は運動なんて難しい方もおられます。そういった方には寝る前に45秒でできる体操を紹介されていました。2週間続けることで筋肉が柔らかくなってくるそうですよ。筋肉のこわばりがある人は朝ぎっくり腰も起こしやすいですし、寝て起きると腰がつらいけど動いてたら良くなるっていう方も整骨院に来られますね。また、じっと座ってると腰や足がつらくなってくるって方も同じく筋肉のこわばりがあるからです。そんなに酷くないし我慢できるくらいだからって放っておいてる人も多い印象ですが、酷くならないうちに治療した方が治りやすいので早めに治療して下さいね!

      テーマ:
  • 16Feb
    • 発達障害とカイロプラクティック

      2月12日(月)の祝日に受講し始めて3年目になる神経学の講座に参加してきました。大阪に行ったのですが、新幹線が博多〜広島間の雪の影響による徐行運転で30分程遅れていました。当院のある辺りではほとんど雪がつもってないのであまり実感はなかったです。少し遅れながらも到着して駅を出たら、大阪も雪が道路につもってましたね。数センチでしたが、やはり歩道で靴は滑るし危険だなぁと思いました。今回のテーマは「発達障害とカイロプラクティック」というテーマでした。あまり詳しい内容を言ってはいけないと思いますが、自分も、もうすぐ4歳になる2人の子供の親ですので、ためになると思ったことは多かったです!発達障害と診断されて、処方された薬を飲んでそれがよく効いて大人しくなったのでよかった💊しかし薬は悪いところだけに聞くのではなく全体、両側を抑えこんでしまう。結果的に左の脳が活発になりすぎてたとして、右の脳の働きは活発にしたほうが良かったとしても、両側を抑えこんでしまったとなる。学校では大人しくなり、問題がなくなったように感じて良かったとなるかもしれない。しかし実はふさぎこんだうつのような状態になっていて静かになっていて、そのままずっと薬を飲んでその状態で過ごしていたとしたら、それは悲劇ですね、と講師の先生は話されていました。・発達障害の子供は左利きの場合が多いということ。これには右脳の発達具合が関与している。赤ちゃんの時にはいかに右脳を多く使うような子育てができればいいなと思いました。・子供たちの平衡感覚、バランスが改善を考えていく上で重要大人でも仕事で左脳ばかりを使って、使いすぎにより機能低下を起こして右脳の働きが相対的に差ができるとうつ病にもなりやすいかもしれませんね。おすすめの本で「奇跡の脳」という医師が脳血管障害になり、その回復の過程を綴ったという本を紹介されました。有名な本みたいですね。買ってみましたので読んでみようと思います。一般にも読みやすい本とのことですので興味のある方は読んでみては。脳血管の障害は生活習慣病の多い現代では皆気になるところですよね!

      3
      テーマ:
  • 04Jan
    • 謹賀新年

      新年あけましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申し上げます今年もよろしくお願い致します。ほしの整骨院   院長 星野 統彦新年は4日(木)より営業致しております。LINEでもご予約いただけます。よろしければご登録ください。

      1
      テーマ:
  • 27Nov
    • 2017神経学講座第5回に参加してきました

      こんばんは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。11月23日の祝日は大阪に神経学講座2017の第5回に参加してきました。今回のテーマは脊髄障害と自律神経系。カイロプラクティックは背骨の調整をすることでその人のもつ自然治癒力を最大限発揮させることを目的とします。色々難しいことを習いましたが(^_^;)自分的に参考になった内容を少し。・血管は自律神経で調整されている。左右の血圧が30違ったらかなり違うが、10くらい左右で違っても自律神経の乱れがあると思われる。・脊柱の中で静脈の鬱滞ぎ起こると症状が出るような場合。例えば精神的にストレスがかかったら痛みが出るとか、大事な仕事の後に症状が出るなども身体は黄色信号、脊柱の状態がよくない恐れあり。・脊髄が圧迫されている場合、一番外側の神経線維ではたらくのが固有感覚。しかし悪くなっていっても分からない。それが進むとだんだんと痛みになったり関節炎として出る。・神経は不快な症状がいつもあると、よりその症状が感じやすくなり出やすくなるので、可能ならなるべく痛みを出さない姿勢をとる。背骨の状態を整えるということは背骨から出る神経の状態を整えるということです。神経の状態が良い状態でいられたらそれから先の未来にも影響を与えます。よりよく過ごすために背骨を整えることはとても意義のあることだと感じました。

      6
      テーマ:
  • 13Nov
    • 症例 脊柱管狭窄症

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。朝は寒いですが、外は紅葉がきれいになってますね🍁今回は脊柱管狭窄症の施術例です。初診7月19日 73歳 男性既存患者さんの紹介により来院2ヶ月前から間欠性跛行で、当院の駐車場から院までの50m以内も続けて歩けず、痛みで休み休みでなければ歩行できない。座っている状態だと痛みは出ない。立ち上がると左のお尻から太ももの後、ふくらはぎ後面まで痛み、しびれとのこと。大きな病院でMRIで脊柱管狭窄症と診断され、ブロック注射を2回したが変化なしとのこと。病院では手術をするか、動くと痛いので、動かずにずっと安静にしておけばよいとのこと。しかし当然ながら、痛いからって本人はずっと寝ている生活なんてできるわけないとのこと。この1週間ほど痛み止めを1日3回服用しているとのこと。鍼治療を4回受けたが変化を感じられなかったとのこと。既往歴:肝臓ガンで2回手術、前立腺肥大の薬服用。治療経過3回目から歩く距離が伸びてきたが、立ち上がるとお尻と足にシビレがくる。5回目で歩けるけど痛みは出る。9回目で歩くのは大分良い。そこからまた改善して行き、現在15回通院。もうほとんど気にならなくなったとのこと。薬の服用もしていない。3週間程度期間を空けて最近では11月8日に来院時状態な良好。1ヶ月以上空けて来月に状態を見て治療終了の予定。脊柱管狭窄症では確かに手術でなければ対応できないものもありますが、代替療法でも楽になる場合もあります。参考にして下さい。

      1
      テーマ:
  • 09Nov
    • 圧迫骨折

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。だんだん寒くなってきました。もう11月なので当たり前と言えば当たり前ですかね(ーー;)さて、こういう季節の変わり目や冷え込む時期はやはりギックリ腰の方が増えます。ただ通常のギックリ腰ではないものもありますのでご注意下さい。11月2日来院 69才 女性2日前に漬け物していて、それを持ち上げてギックリ腰になったとのこと。この方は時々、1年〜1年半くらいでぎっくり腰になったらやって来られます。そして昔、鍼を1回しただけで腰が良くなった経験から、ギックリ腰の度に鍼を希望して受けに来られます。大体2、3回でいつも終了してまた1年以上経過したらヒョッコリ来られます。今回もギックリ腰です。鍼を希望されるので、鍼をこの時は軽めにしました。ちょっと動き方、痛みの出方、怪しい・・・と思いながら。2回目まだ痛い。で、3回目に来られてかなり痛みや動作軽減していました。でもまだ通常より鍼を軽めにしました。何故ならもし強く刺激して悪化させたくないからです。そして病院へ行ってもらいました。そして圧迫骨折と診断されました。半分驚き、半分やはり、という感じです。ただもっと早めに行ってもらったらと後悔しました。経験上、痛みの場所から圧迫骨折してないのではと思えたこと、痛みの改善からみて圧迫骨折してないのではという感じでしたので少し遅くなってしまいました。しかし怪しいなとは思ったので2回目の時点で病院に行って下さいと伝えて、本人も行きましたが丁度病院がお休みだったみたいです。そして病院行ったと思ってたら、行ってないまま3回目の予約入れて来院されました。70歳前後だと、自分では大丈夫と思ってても、前にかがんだだけで背骨を圧迫骨折、くしゃみや咳をしただけで背骨を圧迫骨折ていうのもありました。60代以上の方は突然の動けなくなったなどのひどい痛みは、まず病院で画像とってもらって骨折などがないか確認してから施術をうけることをオススメします。

      2
      テーマ:
  • 30Oct
    • 50肩・40肩②

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。台風が過ぎて、もう11月になりますね。寒い日が増えてきました。さて、前回の続きです。40代に起これば40肩、50代に起これば50肩と呼んでいますが、あくまでそのくらいの年齢に多いのでそう呼ばれますが、正式な病名ではなく、正式な病名は肩関節周囲炎と呼ばれます。当然ながら症状を訴えられて来院される方には60代でも、70代でもおられますので、60肩、70肩とも呼んでもいいかと思いますが、まとめて50肩と呼んでいるだけです。腕があげられないというのが主な症状です。あとは服を着替える際に腕をねじる動作が辛かったり、腕をうしろにまわす背中をかく動作が出来ない。印象としては当然程度にもよりますが、腕をあげる動作の改善は比較的早期に改善がみられる場合が多いです。腕を後ろにまわす動作の改善までは回数が必要になってきます。放っておいても1年ほどすれば自然によくなっていくという場合もありますが、当院に来院された方の中で長い方は4年間ずっと辛い状態が続いてるという方もおられました。数年間放っておいても改善してない場合も多々あります。また放っておいて、だんだん良くなったという場合でも早ければ数ヶ月して再発したというケースもあります。施術をして早期に改善するケースもありますが、中には腱板という肩を支える筋肉が切れてしまっていてある程度はあげられるけど、手術してつなげることが必要だった、という場合もありますので、まずは病院に行ってから今の状態を検査して正確な状態を教えてもらうのが良いです。施術で改善の目安ですが、①筋肉が問題だけのタイプだと5回程度だと思います。施術への改善の反応が早く比較的軽症だった場合はこれくらいで落ち着きます。②筋肉や靭帯と肩の関節まで問題が及んでいる場合5回〜10回程度で少しずつ変化が出てきて、20回くらい必要な場合もある。③慢性化して筋肉、関節や周囲のつなぐ膜が固着している場合で重症なものは20回程度はかかります。この③番目の重症な状態が治療しても1年かかると言われるケースです。①、②番の状態なら施術が有効なケースが多いです。ただ重症なケースでも長い目でみると改善までのスピードは早くなることが多いので、時間はかかるものの色々な治療法の効果は何もしないよりは遥かに高いですね。あくまで今までの経験上での改善ケースの大体の目安ですので、初回に状態の検査をさせて頂いて大体の必要な治療回数などをお伝えするようにしています。あと肩の症状には、内臓の関連では肝臓と右肩が症状が関連していると言われています。肝臓の疲労がそれと関連している右肩に起こる場合があるということです。その場合は対応する内臓に関連したツボを刺激したりします。また、女性の場合、50代は更年期にさしかかることもあり女性ホルモンのバランスの崩れにより肩の痛みが出ている場合もあるようです。女性ホルモン(エストロゲン)は多くの役割があります。・髪の毛を豊に保つ・自律神経を安定させる・コラーゲン↑、肌のツヤ、柔軟性↑・血管をひろげて血流を促進する・脳の働きを活発にする・免疫を強化する・骨を丈夫に保つ・内臓脂肪をつきにくくし女性らしい体型を維持・子宮の働きを活発にするまた女性ホルモンは肝臓にも働きかけています。肝臓の悪玉コレステロールを下げて、善玉コレステロールを増やす役割をしています。もし不足すると、ほてりやのぼせなどの自律神経失調が現れたり、骨粗鬆症にかかりやすくなったり、悪玉コレステロールが増えたりといったことになります。女性ホルモンは肝臓を守る働きをしているのでホルモンバランスの乱れにより関連した肩の痛みが起こることがあるようです。特別何もしてないのに突然肩が痛くなったなどの場合は内臓のまわりの筋肉や靭帯が問題を起こしてる場合があるかもしれないので、そういった場合はその緊張した部分をゆるめてやる必要があります。そういう場合は肩自体をいくら施術してと改善しない場合があります。そういうことも踏まえ肩でも全身をみて施術する必要があります。

      3
      テーマ:
  • 27Oct
    • 50肩・40肩

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。治療院に来られる筋肉・骨格系の痛みを訴えられる50肩について。当院でも腕を挙げると痛みがあると来院される方は常に一定数おられる印象のある症状です。肩関節周囲炎とも言われますね。で、今まで何とか少しでも改善させたいと勉強会に参加したり、何万もするDVDを買い漁ったりしてきて感じること。印象的なのは、筋膜グリッピングテクニックというDVDの肩・上肢編を昔見ていたら、根本的に手技では五十肩は治るものではないというようなことを言っているのを見たような記憶があります。たしかに本当の50肩は改善しないものもあるのではとも思いますので、一理あると強烈な印象が残っています。ただし、50肩様症状でも、インピンジメントや組織の癒着が軽度なものは改善します。ので本当の50肩と言いたいと思います。鍼灸の専門学校の講師の先生は50肩は1年かかると患者さんに伝えると仰っていたのを聞いたことがあります。倉敷市児島の看板も出してないのに予約が常に3ヶ月待ちの整体院の先生は50肩は治せないなぁと言っていました。その先生は50肩はウイルス感染によってなるんではないかと考えていると言われていました。東京のオステオパシーの治療院をされてる先生は治療師はかなり腕を酷使する職業なので治療師は50肩になりやすいと言われており、何よりその先生自身が50肩になってしまったことがあり、有名なオステオパシーの先生に数人診てもらったそうです。がしかし夜間痛に悩まされて寝れなくて良くならなかったと言っておられました。カイロプラクティックの専門学校の講師の先生は予約の電話がなって肩の症状だとイヤだなと思うようで苦手意識があると言っておられました。開業歴も長い先生でもそういう印象をもっておられてました。そして1番最近聞いたのは岡山市での有名なカイロプラクティックの治療院のセミナーに出た際に、そこの治療院のスタッフの方が五十肩は1年かかると患者さんに伝えると言われていました。あと50肩ではないですが、また、岡山の有名な先生が慢性痛は生活を変えないと治らないと言われていたのも印象的でした。もちろん50肩の治療に自信があって必ず治せますという治療家の方がおられるかもしれませんが、これは今まで私個人が聞いてきた内容なのでこれから50肩の治療をされようとする方の1つの参考になればと思います。ので50肩で腕が肩の水平より挙がらない、前もあげるのも、横にあげるのも、ズボンのポケットに手を入れる仕草が痛みで出来ないという50肩の症状を一回だけで痛みを全部消してくれというのは当院ではお答えできません。ただ痛みを和らげることは可能です。また治療はしないよりもした方が明らかに改善していくまでは早くなります。症状がどこまで改善すれば満足されるのかは個人によって全く違いますので、どう動かしても全く痛みが出ないようにしてくれと言われるのであれば当院でも1年かかるという回答になると思います。うでが日常生活にさほど支障がないくらいまで動かせたら当院では合格点と思っていますが、自分で前に腕があがるのが耳の横まであげれても、そこからまだグッと伸ばすと痛みが残ってる、まだ全然よくなってないと言われる方もいます。なので治療家が良くなってると感じてても、受け手は良くなっていないと感じてることもあります。中にはほとんど動けてても、この特定の動作をすると痛いとあえて無理な姿勢をとって、わざわざ痛みを探し、まだ痛みが残ってますと訴えてくる肩もおられます。なので完全にどうひねったり動かしても痛みが出ないのを求めるならば1年くらいかかると思ってた方がよいかもしれません。ではなく、夜に腕が疼いて寝られないのを何とかしたいというのであれば、夜普通に寝られるように痛みをへらすというのは改善可能です。少しでも動く範囲を広げたいというのであれば手技療法でお役に立てると思います。

      2
      テーマ:
  • 26Oct
    • 四国カルスト

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。少し前のお休みに四国カルストへ行ってきました。道の選択を誤りかなり細い道でヒヤヒヤしましたが、前から行ってみたいなと思ってたのでよかったです。

      テーマ:
    • 交通事故と整骨院

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。テレビをみていると交通事故のニュースが多いですね。当院でも時々、交通事故での負傷で来院があります。整骨院では自賠責で施術が受けられますので、自己負担なしです。病院に通いながら整骨院にも同時に通院可能です。病院は仕事で間に合わないが、整骨院だと遅くまで営業しているところもあるので助かるという方もおられますね。知り合いの整骨院さんに聞いたことがありますが、多い場合毎月15〜20人交通事故の患者さんが来院されたりする場合もあるようです。また院が国道の大通りにあるからか交通事故の方がよく来院されるというのを言われている先生もおられました。当院では月に1人いるかいないか、多くて2人くらいですが、問い合わせもいれると意外と多い印象です。昨日も近所で交通事故したてのところを目撃しました。当院みたいな小さなところでも交通事故の施術で来られる方がいるということは、事故の件数が多いでしょう。事故は気をつけましょうという当たり前のことですが、整骨院だと事故でケガされた方も来院されるのでかいてみました。

      テーマ:
  • 16Oct
    • 神経学講座4回目

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。雨が続いていますし、気温変化も激しくカゼ、体調不良になりやすいですね。更新が遅くなり、もう1週間前ですが、今年度5回シリーズの神経学講座の4回目に参加してきました。今回の主な内容は「めまいを感じる脊椎脊髄疾患」というものでした。頚椎もめまいに大きく影響を与える要因でした。そして脊椎のカップリングモーションを考慮して制限がある部位を探して、正常な脊椎の動きを回復させるという実技も行いました。とくに今みたいな季節の変わり目の温度差が激しい時期にはめまいを訴えられる方、毎年決まった時期にめまいが出る方など当院でもおられました。回転性めまいは内耳が原因であることが多いですが。圧迫による血流障害によっても起こされていることもあるようです。本日もめまいの症状をお持ちの方が来られました。疲れるとめまいを感じるという方も多い印象です。予防のためにも定期的な身体のケアをオススメします。

      テーマ:
  • 18Sep
    • 神経学/脊髄障害セミナー

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。本日は台風も過ぎて、大阪に神経学の勉強会に参加してきました。神経学の勉強に参加するといつももっと頭がよければなあと感じます(~_~;)本日は主に脊髄障害についてでした。脊髄は背骨の中に入っているので、背骨の動きに対応して動く。つまり姿勢が悪く前かがみの状態が長く続いていると脊髄には常にストレスがかかった状態ということになります。前かがみから背骨を反らした状態にすることで脊髄の長さは4.5〜7.5cm変化できるらしいです。けっこうなゆとりがありますね。姿勢が悪くて脊髄がひっぱられたりを繰り返していると、だんだんと傷めてしまいます。だから姿勢が悪いと背骨の歪みがあるのは想像できますが、背骨が歪んでいると中の脊髄も影響を受ける。そうして圧迫されたりで神経、血管組織が栄養不足になり神経が障害されてシビレなどが起こったりもする。姿勢が悪くても筋肉などの組織に柔軟性がある子供などは何も症状も痛みも出ないかもしれません。ただ大人になって筋肉の柔軟性が落ちてきたらそれまでは何もなかったけど、だんだんと症状が起きてくるって考えられます。脊髄が圧迫されていることが原因だったとしたら、痛みがある場所だけをひたすら揉んでほぐしても改善しないですよね。脊髄障害というと相当重篤な状態を想像しますが、軽いものだとよくあるそうです。大人でも姿勢が悪くても症状も痛みもない人もいるでしょうが、姿勢は猫背よりは伸びている方がいいですよね!?見た目にも。だから姿勢をよくするということは改めてとても意義のあることだと感じました。とくに来院される方は自分でもある程度姿勢は悪いと認識しておられる方も多いですが、どこがどういう風にとは自分では背骨の状態は見えないのでわからない場合も多いです。今は症状も痛みもない人でもケアをして良い姿勢で過ごすというのはとても長い目で見たとき必要なことだと感じました。

      2
      テーマ:
  • 08Sep
    • 足底腱膜炎

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。涼しくなってきて過ごしやすいですが、当院に来院される方で風邪ひいたりされる方もおられますので体調管理にお気をつけ下さい^^;さて、一週間程前に足底腱膜炎の方が施術を受けに来られています。足の裏のかかとの付け根が体重をかけたら痛くて歩けないという症状です。朝の1歩目がとくに痛いとよく言われる症状です。まあ治療家であれば時々は遭遇する症状だとは思うのですが、全身のバランスを整えながら、回数を重ねる程だんだんと痛みが減っていっていって歩き方がよくなっています。症状のことより、気になったことがあります。この方は今まで連島にかかりつけの整骨院があり、腰とかが痛くなったらいつもその整骨院に通院してたとのこと。今回は出張先で2週間前に重いものをかついで歩いてたら痛みが出てしまった。その今まで通っていた整骨院で経過を伝えたら、その整骨院では「放っておいたら治る」と言われ何も治療は行なわれなかったとのこと。でも結局放っておいても全く痛みは引かないので当院に治療に来られたということです。その整骨院ではなぜ治療を行なわないのか疑問でした、治療の仕方がないのか、本当に放っておけば治ると思ったのか、手に負えない程の症状ではないですし、きちんと施術すれば改善すると思いますし、断わられたら患者さんはかわいそうですよね。まあ色んな考え方があると思いますが、治療院も色んな所があるなぁと思いました。

      1
      テーマ:
  • 29Aug
    • 腰痛

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。治療院に来院される方で腰痛でお困りの方は多いです。中には色々な治療院にいったけど改善しないなんて方もちょくちょく来られます。腰の痛みには鍼が効くと思われていますが、鍼を数回受けたけどあまり効果がなかったという方も来院されます。当院は鍼灸の免許も持っていますので症状を確認して鍼が効果的と判断した場合は鍼をオススメすることもございます。しかし腰痛といっても原因はその方によって本当に様々なので鍼では難しいだろうという場合も当然あり、その場合は手技を優先します。症例 30代 男性 建設業腰がずっと痛みがある。仕事で重いものも持つ。車の運転が辛い、座ってても痛みで常に動いて姿勢を変えてないと辛くてガマンできずじっとしていられない。鍼を知人がしていて受けたが、受けた後つっぱる痛みが残るだけで変化をあまり感じられないとのこと。骨盤は可動性亢進。腹部とくに膀胱周辺をゆるめて、腰痛4番を調整。頚椎調整。股関節調整、大腿の筋膜リリースで初回終了。数日後に再診、座ってじっとしていられないほどではないがまだ痛いとのこと。前屈痛。腰椎2番調整、大腰筋調整動いてもらうと寝返り動作で痛みあり。頚椎調整、骨盤矯正、内臓周辺の靭帯にアプローチ。1週間後に3回目五分くらい座っていて動こうとすると痛みあり。前屈痛、寝返り動作痛はなし。股関節を主に調整、頚椎調整、内臓周辺の緊張が和らいでいる印象。1週間後に4回目股関節の動きが改善している。腰椎3番調整。頚椎調整、腕の筋膜リリース。1週間後に5回目だんだん良い、動くのは支障ないがハリ感、重さがある。腰椎2番調整、上部頚椎調整、股関節調整、膝関節調整。10日後に6回目重だるさがある、少し休んだら回復する。腰椎4番調整、頚椎調整、鼠径部・股関節調整。症状が安定してきている。2週間後に7回目。調子良かった。2日前から少しだるさ。腰椎3番調整、股関節、内臓の緊張を緩和させ、頚椎調整。これで終了。本当は仕事がきつい上、体格もがっしりした感じの方ではないので、メンテナンスのため時々は治療していた方が予防のために良いとは思いますが、卒業されました。主に腰椎の歪みを中心に施術した感じでした。骨盤矯正も行いましたが、身体に負担がかかる仕事なので、繰り返す負荷に骨盤靭帯などの支持性の低下により症状が起こってたものです。少し回数がかかりましたが、安定してくるまではこれくらいの回数が必要だったのかなと思います。当院で行う骨盤矯正は腰痛には一定の効果が期待できます。もちろんそれ以外に全体のバランスを整えるために色々な手技も行いますが、やはり土台である骨盤矯正の効果は実感できます。

      1
      テーマ:
  • 28Aug
    • 開院5周年

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。しばらく更新が滞っていましたが、これからまた症例報告などしていきたいと思います。さて、当院も開院して今月で5年が経過しました。開院前から色々な勉強会に参加し、治療内容、考え方、身体の診方など開業当初より振り返れば、かなり変化してきていると思います。またこれからも効果を求めて良いと思えるものは取り入れていきたいと思います。何をされてるか分からないこともあると思います(笑)説明が難しいこともありますが、波動を用いたり、ただ触っているだけのような状態でもきちんと治療は行われてるのでご心配なく。サボってる訳ではありませんので(笑)きちんと集中しているのできちんと疲れます(笑)より良いと思えるものを提供し来院される方のお身体の状態を少しでも改善できるようにこれからも頑張っていきたいとおもいます。

      テーマ:
  • 26Jul
    • 連休はお勉強

      こんにちは、ほしのカイロプラクティック・整骨院です。7月の連休は大阪へ2日続けてセミナーに参加に行ってきました。末梢神経絞扼症候群の下肢でした。盛り沢山の内容で記憶が飛んでるところも多々ありますが、講師の先生が印象強く語っていたのが、けっこう骨盤の仙腸関節は可動性亢進が多いということを強調されていました。改めて気付きの多い良い時間を過ごせて参加した甲斐がありました!次の日は、神経学。ちんぷんかんぷんなことが多いですが、辛いけど何とかやってくしかない。日常の臨床で脊髄圧迫はけっこうみられるものらしいです。いかに何処が原因か探す力、考える力が必要かと思い知らされました。

      5
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス