おはようございます。
今日も冷えた朝となりました。
ぱらぱらと雨も降ってきているみたい。
折り畳み傘が必要とのこと。
間に合う方は準備してお出かけくださいな。


さて、今月の第一週目のゲストにお越しいただいたのは三上真史さん。
舞台「向日葵のかっちゃん」以来の再会となりました。

おはようございます!と元気に打ち合わせ室に入ってこられた三上さん。
青色鮮やかなジャケットに負けないほどのキラキラな瞳に見つめられ、
そうだそうだこの衝撃的な爽やかさだ!と一気にあの夏の暑さが蘇ってきました。

特に植物のことについて話す時の三上さんのキラメキといったら。
もちろん画面を通しても十分伝わっているとは思いますが、
目の前でキラッキラしてくださるものだから、なんだかこっちまでその輝きをいただき、薄暗かった部分に光が灯るような気になるほどなのです。
私が出会ってきた方々の中で、かなりかなりの爽やかなお方です。


河骨の花育ちゆく水のごと澄んだあなたのまばたき、まばたき


澄んだ川の水の中で育つという河骨の花。
逆境に耐えてよく、と思ってしまうけれど、それは私の価値観なのでしょう。
初めて出会った河骨の花とそこからの思考と。
皆様の短歌からたくさんの出会いをいただいております。

大好きな物があるって、やはりとても素敵。
私にとって着物がそれになればいいなと思いただ今お勉強中。
語ることのできる人間になりたいです。