昨年度、NHK短歌の選者を務めていただいた佐々木頼綱先生が編集されている雑誌、『短歌往来』。
この度、私の短歌を載せていただきました。

そうそうたる方々と共に同じ誌面に載るなんて。
嬉しいやら恥ずかしいやら誇らしいやら。

ただただ短歌を詠むのが楽しくて、褒められれば嬉しくて、そんな幸せを感じながら続けることができています。
私自身の未熟さも感じられない初心者ではありますが、これからも楽しい気持ちを忘れることなく、素直に堂々と短歌を詠んでゆきたいと思います。
もし目にしていただける機会がございましたら、ぜひご感想お聞かせください。


って、お知らせするのが遅すぎますよね。

この写真を撮ったのは1ヶ月ほど前。
インスタに載せた後、ブログでも書こう!と書き始めてはいたのですが途中で何らかの出来事が起こり中断。
そしてそのまま月日は流れてしまいました。

時間はなんと速く過ぎ去ってしまうのでしょう。

とはいえボーッとしていたわけではなく、毎日忙しい風情で動いてはいるわけで。。。

やりたいこと、やらねばならないこと、私の持つ時間、効率、そんな諸々のバランスがとれていないということでしょうか?

やはり私にはメモ書きが必要なようです。
それもデジタルではなく紙に書く!

自身のデジタル化は引き続き努力しつつ、従来のやり方の良いところは残していきたいと思います。