寒い朝。
冷たい雨。
なんでもこの様なぐずついたお天気がしばらく続くとか。

皆々様、体調崩されませんように。


2020年のNHK短歌。
最初のゲストにお越しいただいたのは、お帰りなさいの剣幸さん。
ゲストとして番組に参加していただいたからこそのたくさんのお話を伺うことができ、贅沢な時間となりました。

この番組ではゲストの方の声をたくさん届けようと毎回演出されているのですよ。
私もかってそうでした。

ゲストとして呼んでいただいた回。
短歌にほとんど触れることなく生きていましたが、そんな私だからこそ、その短歌を読んでどう思ったかという感想をそれぞれに考えて打ち合わせに挑んだら、「ぜひともそれ全て話してください!」とのお言葉をいただきました。
なんだか私そのものを受け入れていただいた気がするほど嬉しかったのを覚えています。

感想ってその人が出ますものね。
どんなふうに生きてきたか、どんなことを思ってきたか、どんな場所へ向かっているのか。

そうそう、先日、ママ友とのお喋りの中で、「実は私、短歌にハマっていた時期があるんだよね。」と教えてもらいました。
こんなに身近なところに、短歌について語る仲間がいたことに驚きました。
ただ、もっと上手くなりたいと入門書等を読みはじめたら頭でっかちになってきて楽しくなくなってしまったと。
なんだかその気持ち、分かります。
まずは楽しむこと。
それを忘れずに、少しずつ上達していきたいなと改めて思いました。


暦ってなんだいなんて顔をして歩いただろうボンネットに猫


子年を生きる猫たちよ。
君らに幸多きことを!


楽しむこと。
着物を楽しむこと。
こちらも継続しております。
1月は刺繍の半衿をつけ、華やかに着付けてみました。
そしてそれが気に入り、2月第一週でも引き続き。

待ち遠しい春。
どんどん先取りしていきたいと思います。