神野悠華の占星研究室

神野悠華(じんのゆうか)は、西洋占星術とタロットを研究し、現実の世界と目に見えない世界の繋がりを探求しています。


テーマ:

現在、太陽は乙女座21度に向かって進行中です。


シンボル

『少女のバスケットボールチーム』


ひと言解釈


部活動 この言葉が一番に思い浮かびます。本日のサビアンシンボルは、より高度な集団生活や組織に順応することへの訓練、自律を学ぶ、という意味があるそうです。


日本の小学校・中学校・高校における部活動は、教育の一部と評価されていますよね。今の時代はどうなのかというと、やっぱり内申点にも関わってくるし、就職活動にも有利になるそうで、これは現役の学生やそのお母さんから聞いた話です。

そういえば、私の時代もそうでした(しみじみ)。もう△十年経ちますが、現代とあまり変わりないようです。


ただですね。サビアンシンボルは米国人の研究家たちが開発したものですから、欧米的視点が混じっているのでは?組織への順応とか、集団生活を身につけるなんて、日本独特なのではないの?と、ふっと疑問に思ったわけなのです。


そこで簡単ではありますが、日本と米国の部活動の捉え方や違いを調べてみました。


アメリカなどの国は、規則とかさぞゆるいんだろうなぁ~。と偏見をもっていたところ。

なんと!イメージとは全然違いまして、入部するのに試験(トライアル)がある。勉強の成績が落ちれば退部になる、文武両道が基本、なのだそうです。むちゃくちゃ高いハードルという訳ではなさそうですが、誰でもウェルカムというワケではないので、学生の入部率は日本に比べるとやや低いというデータがありました。


では日本ではどうでしょうか。部活動を通して集団生活を学び、人間形成や人間的な成長をしていくことがより重視されています。文化部でも運動部でも、何がしかの活動をするのが当たり前、という風潮もまだまだ根強いのかもしれません。また、部活の種類もとっても多彩です。決めるのに迷うくらい、色々なクラブ活動があります。興味のあるものや個性に合わせて、選択肢がたくさんあるわけですね。アメリカでは、野球、フットボール、アメフト、バスケットボールなどが圧倒的に多く、種類はやや限定的だそうです。


米国の指導目的の第一は、技術の向上。

日本の指導目的の第一は、人間形成。

〖運動部活動は日本独特の文化である―諸外国との比較から 中澤篤史氏 / 身体教育学より〗


とても興味深いです。

ただ、両者の目的をよぉぉぉ~く見ると、あれ?どちらも乙女座の領域じゃない。と気づくわけなのです。


技能向上。自己練磨。


ですから、本日のシンボル『少女のバスケットボールチーム』の解釈に、日米の大きな隔たりがあるのかどうかですが、これはないという結論が出たようで、やっぱりきっちりと乙女座管轄のシンボルだよ~、ということに気づかされたのです。


長々と失礼いたしました<(_ _)>


キーワード

社会意識の芽生え、集団生活のなかで自分を鍛える

体験的な学び、技能を身につける・磨く

制約の多い世界に敢えて飛び込む


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

神野 悠華さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。