たまには暗いほしちゃん。

テーマ:
この女の子がスホたんと共演するハヨンスちゃんだそうです。

{39EEE27D-716A-4EE5-859E-26EE1F176D37}

{FCB1A035-E26B-4CCD-AF6C-C4DCA6AC4FF3}

{F18190EE-938E-4B5B-865C-1ECC5A7E250C}

{A892AAA6-840C-4AE1-B1C9-167CB4C11C19}

{FF9145BE-1EDF-4A5B-B5E4-EA882562BFAC}





この女の子とスホたんが同じ作品に携わる、長い期間一緒に過ごす、言葉を交わす、仕事と言えど見つめ合う、キスをする…


なんかそれ考えたらすっごくハラハラして
どよーーんとなって
最終的にムカついてきちゃってさ(笑)


ドラマ[宇宙の星が]でスホたんが鼻キスしたりお口でのガチキスシーンしたりしたジウちゃんには全然ハラハラしなかったし
キスシーンもバンバン見れたのに

このハヨンスちゃんにはとても胸騒ぎがするのだよ…


{E3296127-EDCC-41A6-8625-66682292BFEA}

もしもスホたんがこの子を好きになって

この子もスホたんに惹かれて

恋愛が始まって

それが発覚して

認めて

ってなったらどうしようかな〜

って考えてみた。


そしたらね、




ちょーーー凹んで
ちょーーーーショック受けて
多分、泣きまくるけど


好き、って気持ちは消せない、消えないんだろうな、と。

スホたんに限ってそんな事あるわけないよ、って分かってはいるけど

人を好きになる気持ちってのはそう簡単にブレーキ効かないからね。

恋をするつもりなんて
これっぽっちもない時に
限って恋はやってくる

ってマッキーも歌ってるからね…
(曲名:モンタージュ)



スホたんは今まで沢山の出逢いがあっただろうし、惹かれそうになったりもしただろうし
その度にブレーキをかけて自分の気持ちに蓋をしてEXOのリーダーとして突っ走ってきたわけだけど

その時はセフンという心許せる、愛する弟が側に居てくれたからね…
スホたんがスホたんで居られたのはセフンの存在が大きいわけで…

でも今はセフンはスホたんの元から巣立って行った…

つまりスホたんの心は少し欠けてるんじゃないか、と…

となるとそこにすっぽり何かが収まるという可能性…

それが異性だったら…

ウワァァァァァァヽ(´Д`。)ノァァァァァァン

いや、分かってるの。

スホたんはそんな事しない、って。

でも恋をするつもりなんてこれっぽっ、、、(以下略)

はい、エンドレス…笑




{C836D892-8C8D-46AF-884F-4C3C532CA623}

スホたんの隣に座って
この骨張った手にそっと触れたら

『ん?どした?』

って心配そうに顔を覗き込んでくるから…
(こない)



「スホたんの手…セクシー…」

『なぁに〜〜。ヤラシイ事考えてた〜?』

「ち、ちがうよ…」

『ほら、赤くなってる…笑』

「な、、なってない…」


そしたらスホたん、私の手を握り返して

『最近ご無沙汰だったね。』←

って言いながら真剣な顔になって深い深いキスをしてきます。角度を変えたりちゅっちゅってやったり色んなバリエーションで。←
(あ、詳細要らない?笑)




っていう同棲2年目のある日のお話でした。
(体験談みたいに言うのやめて)
(指輪はお仕事の時はしない、って約束なのにたまにスホたんしちゃう。)
(スホたん!指輪外さなきゃダメじゃん!って焦って言うと)
(ずっと待たせててゴメンね、って言うの。←)
(スホたん…謝らないでよ、、って私泣いちゃう。)
(『大好きだよ』って言いながら抱きしめてくれてスホたんも泣く。)


く、、暗っ!!!笑


{FD7067F3-0A4D-42F7-A721-E549F63B466B}


はぁぁ…スホたん…

誰のものにもならないでね…





ほしちゃん劇場でもやってないと気が滅入る…(笑)でも大丈夫だよ!気、遣わないでね!♡スホたんは大丈夫なのは分かってるから大丈夫!ただ好きすぎるだけ。キモい♡笑
AD

コメント(4)