出逢って3ヶ月で・・・♡

テーマ:

この度、当支部の40代女性の方と、足利西支部の三田先生が担当している40代男性の方の成婚が決まりました!


なんと女性(Rさん)は当相談所に入会して一人目のお見合い相手とゴールインすることになったんです(^_^)


お二人のご了承を経て、少しだけお二人の馴れ初めを説明させていただきますと、はじまりは男性(Aさん)からのお申込みでした。


はじめRさんはAさんのプロフィールを見て、趣味が同じということにとても興味を持ち、会ってみることになりました。


いざお見合いの日になり、二人はお食事を終えて戻ってきました。
Aさんを見送った後、RさんにAさんの印象を聞いてみると、やはり趣味があって会話も弾んだのでもう一度会ってみます!との返事でした。


その後、お二人は同じ趣味ということもあり、会うごとに距離を縮めていきました。


Rさんから聞いたとても印象的なエピソードをひとつ。
交際に入ってからデートを重ねて4回目ぐらいだったろうか。
いつものように彼が待ち合わせ場所まで迎えに来てくれた。
そして突然彼から花束を渡されたのだと言う。
彼からのプチプロポーズだった。
結婚相談所では、3ヶ月で10回ぐらいのデートを重ね、二人の気持ちが固まっていれば本格的なプロポーズをするように背中を後押しするのが一般的。
しかし彼はそれよりずっと前の段階で「あなたと真剣にお付き合いしたいと思っています。これを受け取ってください。」とプチプロポーズをしてきたのだと言う。
さらに、その花束の中には以前デート中に何気なく会話の中で話した彼女の大好きな花が入っていたのだ。
僕はこんな素敵なことができる人なんだ!
彼なら彼女を必ず幸せにしてくれる!
そう確信に近いものを感じた瞬間だった。


それからも時折彼女から経過報告を聞いていたのですが、その時にとても感心したのが、Aさんのなんとも紳士的な行動の数々でした。


一部だけここで紹介させていただきますと、
・野外デートの時(猛暑日)に何時間もずっと日傘を差して日陰にしてくれた
・彼との今後のことで不安になった時に、すぐに会いに来て安心させてくれた
・日頃から彼女の良いところを口に出して褒めてくれた
などなど…


とにかく優しいAさんという印象を僕も持ちました。


お二人の素晴らしいとこは、互いに思っていることはちゃんと言う!ということ。
いい事だけではなく、不安に思ったことを勇気を出してちゃんと相手に伝え、そしてそれを伝えられた方も真剣に正直に答える。


そんなやり取りを積み重ね今日の日を迎えられることになったのだと思います。


成婚のご挨拶の時も、常に笑い声が絶えないそんなお二人(^_^)


これから先、いい事も悪い事もいろいろなことが待ち受けていることでしょう。
それでもお二人の素直なところと、笑顔の絶えない空気感があれば、どんな壁でも乗り越えていけると思います(^_^)


どうか末長くお幸せに過ごしてくださいね(^_^)
二人の笑顔を見れてとても幸せな気持ちになりました!
幸せをありがとうございます(^_^)







結婚相談所
サンスマイル館林
婚活アドバイザー
星野博之




ホームページはこちら
↓↓↓