季節の変わり目は肌の調子がより一層悪くなります

特に、秋・冬は不安定で、
ひどい乾燥や、
顔がところどころ赤みがでたり、
ニキビができたりと落ち着きません。

ひどい乾燥になると、朝はしっかり保湿できたような気がしても、
時間が経ってから鏡を見ると、
顔の肌がこなふいてきてしまって、悩んでました。


そんな私が飛びついたのが、今回モニターさせて頂いた、
皮脂の分泌の少ない敏感肌激しい乾燥のお肌で悩んでいる方に適した
オールインワンタイプ保湿ジェルクリーム
モイストバリアジェルA(35g)」(販売元:有限会社DSR 様)です♪

お肌のバリア機能には、
『皮脂膜』と『細胞間マトリックス』の2種類があり、
皮脂膜』はお肌表面を弱酸性に保つことで、
乾燥を防いでやわらかなお肌に整える役割があります。
細胞間マトリックス』は、角質層にある保湿バリア機能のことで、
細胞間脂質(セラミド、コレステロールなど)と天然保湿因子NMF(アミノ酸など)で構成されています。
角質層に充分な水分があると、お肌の水分の蒸発をふせげるため、
お肌の水分を保つためにはセラミドが一番重要となっているそうです。

モイストバリアジェルA」は、その保湿バリアに重要なヒト型セラミド
(セラミド1,2,3,6Ⅱ、フィトスフィンゴシン)を0.6%も配合されているため、
一日およそ1gで不足しているセラミドを補うことができるんだそうです

さらにこちらの商品には、
皮脂を補う油分や天然保湿因子(NMF)ヒアルロン酸もしっかり配合されているので、
お肌を乾燥から守ってくれます

私のように、ひどい乾燥している肌は皮脂不足なだけでなく、
セラミドが不足しているんでしょうね・・

また、防腐効果のある保湿成分を使用しているため、
防腐剤無添加のため、お肌に優しく、敏感肌の私も安心して使用できますね。

以上のとおり、モイストバリアジェルAは、
お肌の保湿に必要な成分をしっかり配合してあるため、
オールインワンジェルとしても使えるという点が、
毎日のスキンケアにおいて、お手軽にできるという大きな魅力ですo(^▽^)o


ひどい乾燥肌で敏感肌な私なので、
期待しながら早速モニターを開始していきます!

 
 こちらが『モイストバリアジェルA』の保湿クリームです 
内容量は35g入ってます♪


蓋を開けると、スパチュラ付きでした 

ジェルクリームは真っ白なクリームで、香りは無臭でした。
スパチュラでジェルクリームをすくうと、
軽くすくえるけれど、すくいあげたクリームはスパチュラから零れ落ちないくらいの質感でした。

 適量を手のひらにとります。
スパチュラで2杯手にとりました。
パール2個程度が1回分の目安の1g程度となります。

一日およそ1gで不足しているセラミドを補うことができるということですから、
これだけの量で充分に補えるということなんですね! 

つぎに、手にとったクリームを顔に何箇所かに分けてのせていきます。

↓下記の画像は、クリームを使用する前の肌です。
 

眉間あたりがとくにひどく乾燥して粉がふいていたので、
そこの部分をピックアップして画像を載せています。

クリームをのせます。
 
クリームはスパチュラですくいあげた時のイメージでは、
もうすこし重たい質感のクリームかなと思ったのですが、
肌にのせたらすっごくやわらかいクリームでした

やわらかいので肌のうえにのせてのばしていったときも、
伸びが良いです
 
のびが良いうえに、浸透力も良いようで、
スーッとのびると同時に、
白いクリームもスーッと透明になり肌に浸透していきました。

クリームは浸透力は早いけれど、
さっぱりうるおうというのではなく、
しっかりともっちり潤うという感じがしました! 

パール2個分の量で、顔全体にのびるかなぁと思っていましたが、
クリームを額・眉間・鼻・頬・アゴに分けてのせてからのばしていき、
頬を手のひらで包み込むようにして押さえながら、
ゆっくりと顔の内側から外側へのばしてひろげていくと、
顔全体に充分にのばせました。

 
↑顔全体にのばしおえたあとの、眉間部分の画像です。

眉間の他、頬も口周りも粉がふいていたのですが、
クリームを使用後は、粉吹き箇所がなくなりました o(〃^▽^〃)o

使用後に肌を触ると、
もっちりして肌がやわらかくなってました。

私は敏感肌なのですが、使用中も肌に違和感を感じることなく使用できましたので、
やはりお肌に優しいクリームなんだろうなぁと思いました。

乾燥肌の私があと気になる点は、
メイクしたあとも長時間うるおいが続くのかというところでした。
今までは、メイクしたときは潤っていたのに、
半日くらい経って鏡をみると、
眉間あたりや頬に粉が吹いてしまっているということが多々あるため、
こちらの『モイストバリアジェルA』を朝、洗顔後に使用してからメイクをし、
11時間くらい経過した肌の様子をチェックしました。
 
↑上記がメイク後に11時間たった後の眉間部分の様子です。
いつもは、またも粉が吹いてしまっている箇所なのですが、
なんと粉がまったくふいてないです!
眉間の他、頬や口周りも粉吹いてませんでした(^-^)

これも高濃度セラミドの力でしょうか。
きっとセラミドが角質層の水分をキープしてくれて、
肌の内側がしっかりうるおっているんだろうなぁと思いました 

その後もしばらく洗顔後に毎日使いつづけましたところ、
ひどい乾燥していたのがだんだんと改善されていきました。

夜の洗顔後につけても、朝まで粉吹くことなく、うるおいが持続していました。

敏感肌のため、秋冬になると肌が痒くなったり、
ところどころ赤くなったりするのですが、
それも改善されていきました。
やはり肌の内側から潤うということは大切なことなんですね。

『モイストバリアジェルA』はオールインワンジェルとして使えますが、
もしお肌の内側の水分が足りないと感じられた場合は、
洗顔後にお手持ちの化粧水でお肌を整えてから、
『モイストバリアジェルA』を使用すると保湿効果が高まるとも商品の説明がありましたが、
私は、洗顔後に化粧水をつけずに、
こちらのオールインワンジェルだけを使用してみたのですが、
あのひどい乾燥肌の私でも1本で潤い効果がでました
真冬の超乾燥時期になって、
もし乾燥がでてきたら化粧水を追加しようと思いますが、
今の秋の時期は、『モイストバリアジェルA』1本で、
スキンケアを続けていこうと思います。 

_____________________________
※『モイストバリアジェルA』の商品について詳細をご覧になりたい方は、
  ↓下記の企業様のURL先をご参照ください♪

  http://www.dsr-co.jp/fs/dsrcorporation/MBGA35


大切な2つの肌バリアを同時に補う「モイストバリアジェルA」【シェルシュール】

DSRオンラインショップ

お肌のバリア機能に着目した敏感肌のためのスキンケア【シェルシュール】

_____________________________