第63回全日本空手道選手権大会 | 法大空手部のブログ

法大空手部のブログ

法政大学空手部のブログへようこそ!

押忍、3年マネージャーの中江です。
今回は11月10日(日)に愛知県のスカイホール豊田にて行われました、第63回全日本空手道選手権大会についてご報告させて頂きます。

1回戦の相手は宮崎産業経営大学。
先鋒の2年酒井は序盤から積極的に突きの攻撃を仕掛けるも、なかなか旗が上がらず苦戦。徐々に点を取り返して行くも2-3で惜しくも黒星スタートとなった。


次鋒の2年吉岡。素早い突きで先制点を獲得し、相手に逆転させることなく勝利!3-1で中堅に流れを繋いだ。
中堅の4年谷沢は先取を取られるも、相手に強い圧をかけ牽制し、見事に点を取り返して2-1で逆転勝利。


副将の2年鶴田。中盤に両者ともに得点し1-1と同点の状態が続くも、突きで先取を獲得。その後連続で得点し4-1で勝利。
大将の3年青山は得意の突きで先取を獲得し、その後1点失点するも、しっかり点差をつけて3-1で勝利を収めた。



続く2戦目の対戦相手は中京大学。
先鋒の酒井が突きで得点を重ね、危なげなく勝利すると、その後の次鋒吉岡と中堅2年泉も4-0と続けて白星をあげた。



3戦目の対戦相手は日本大学。
先鋒の酒井が先制点を取られるも巻き返し勝利。次鋒の吉岡は序盤に相手からの中段蹴りをもらい失点し、突きで得点を詰めるも黒星。中堅の鶴田は先制点は奪われたものの、突き技で巻き返し勝利。続く副将の青山も先制点を制し勝利し4回戦進出を決めた。





4戦目の対戦相手は近畿大学
先鋒の酒井。相手の素早い突き技で失点、攻撃を仕掛け得点を狙うも逆転ならず。次鋒の鶴田は序盤の突き技で先取点を獲得、相手に1点返され同点で中盤を迎えるも、突き技と一本で点を取られ黒星。中堅の青山、リードする相手に対し突き技で得点するも1-2で惜敗。ベスト8で試合を終えました。

今回の全日本団体でこのメンバーでの団体戦は最後ですが、11月23日に個人戦である体重別大会が控えています。選手一同この大会を振り返り、自分と向き合ってさらにレベルアップして大会に臨みたいと思います。最後になりますが、今回応援に来て下さった先輩方、遠くからご足労頂きまして有難うございます。今後も法政大学空手部のご声援の程、宜しくお願い致します。