第31回 全日本理工科系大学空手道選手権大会 | 法大空手部のブログ

法大空手部のブログ

法政大学空手部のブログへようこそ!


テーマ:

押忍、2年マネージャーの中江です。

11月25日(日)に国立オリンピック記念青少年総合センターにて行われました、第31回 全日本理工科系大学空手道選手権大会について報告させて頂きます。


まずは形競技です。
女子個人形では、4年 松尾、1年 小宮
男子個人形では、4年 今村、大久保 が出場致しました。


女子個人形は今大会初出場である1年の小宮が大健闘をみせ、2回戦進出。4年松尾は昨年の雪辱を晴らし見事準優勝!




男子個人形は両者ともに順調に勝ち進んでいくも、大久保は惜しくも3回戦で敗退。昨年優勝した今村は今年も見事決勝戦に進出!準優勝という結果で競技を終えました。



次は7連覇のかかる団体形です。
4年今村、大久保、松尾による男女混合の団体で挑みました。2位の千葉工業大学と0.1点差で25.3点、7連覇を達成しました!

続いて組手競技です。
女子個人組手には4年 松尾、1年 小宮
男子個人組手には3年 宇野、1年 泉 1年 酒井
が出場しました。

男子個人組手に出場した3人は順調に勝ち進んで行き、準決勝で宇野と泉。決勝で宇野と酒井が対戦しました。準決勝も決勝も会場全体が見守る中白熱した戦いを繰り広げました!結果は男子個人組手優勝 宇野、準優勝酒井、3位泉と表彰台を法政大学工体連が独占しました!



続きまして男子団体組手。こちらはAグループのリーグ戦から危なげなく勝利し、1位通過。その後のトーナメント戦でも次々と勝利し決勝へ。

決勝戦は対 東洋大学川越。この決勝戦では失点されることなく、5人全員が6-0で勝利!圧巻の優勝を飾りました!



目標であった法政大学工体連空手部の総合優勝5連覇を達成することができ、部員一同とても嬉しく思います。最後になりますが寒い中応援にお越し頂いたOB、OGの先輩方有難うございました。

法政大学体育会・工体連空手部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス