令和元年度 宅建試験の予想合格ラインについて(10/22追記アリ) | 保坂つとむの宅建ブログ

令和元年度 宅建試験の予想合格ラインについて(10/22追記アリ)

宅建受験生のみなさま、お疲れ様でした~(*^▽^*)。

例年だと、試験の総評や分野別の特徴など、いろいろと書くのですが、今年は、試験前の数日間が超多忙状態だったので、私の身体にだいぶガタがきてしまって、記事をいろいろ書く元気がありません(汗)。

というわけで…
今日は、シンプルに私の会社(たっけんコム)の合格ライン予想だけを書きたいと思います。

※ 当ブログでは毎年、本試験当日の解答一覧(各問題の正解番号)は、掲載していません。多数のスタッフで対応する大手予備校さんや出版社さんのスピードにはかなわないからです。というわけで、解答一覧は、大手予備校さんや出版社さんのホームページをご利用くださいませ(あいかわらずの他力本願で・・・スミマセン(笑))。


それでは、気になる合格ラインですが、たっけんコムでは…
36点
と予想致します(あくまでも予想です… ;^ω^)。

以上!(≧▽≦)!



《10月21日(月)23:00追記》
ただいま、36点推しのワタクシと、35点推しの鳥海先生(たっけんちゃんねる)で、激論中です(爆)。

この模様は、近日中(おそらく24日(木)ごろ…)にYouTubeにアップされる予定ですので、ぜひご覧くださいませ…って、番宣かっ!
 ↓
たっけんちゃんねる
https://www.youtube.com/channel/UC0NKv17NFJBAmoaYHOtfBxg




《10月22日(月)19:00追記》
昨日、追記の記事を書いた後に、どうも違和感(´゚д゚`)があって、なんでだろう…と考えていたのですが。。。「36点推し」というセリフにひっかかっていたようです。

これだと、まるでワタクシが「36点」を望んでいる。。。みたいな感じになってしまうからです。

ワタクシだって、できれば合格ラインは下がってほしいので、“推し”ということであれば、「35点」推しです(;^ω^)。

「36点」は、あくまでのワタクシの“予想”なんですよね。

というわけで、昨日の追記は、以下のように修正させていただきます(笑)。
 ↓

ただいま、36点予想のワタクシと、35点予想の鳥海先生(たっけんちゃんねる)で、激論中です(爆)。

この模様は、近日中(おそらく24日(木)ごろ…)にYouTubeにアップされる予定ですので、ぜひご覧くださいませ…って、番宣かっ!




今日も応援の“ポチッ”をお願いしま~す!
    ダウン

人気ブログランキングへ