要点まとめ(権利関係その15…不法行為) | 保坂つとむの宅建ブログ
2019年05月11日(土) 23時00分00秒

要点まとめ(権利関係その15…不法行為)

テーマ:宅建要点まとめ(2019)
有料メルマガアイコン
※ 今年1月に創刊した保坂つとむが制作する宅建受験者向けの総合メールマガジンです。このアイコンをクリックすると、発行サイト(まぐまぐさん)の案内ページに入ることができます。

ここから本文
 ↓↓↓




みなさん、こんばんは(^^)。

私の“有料メルマガ(保坂つとむの「宅建」合格塾 ~プレミアムバージョン~)”のメイン記事「メルマガテキスト」を要約した“要点まとめ(穴埋め問題付き!)”を、今回もお届けいたします。

本日は、民法の「不法行為」がテーマとなります。

「不法行為」は、ここ10年間で“6回”出題されていますが、内容が一部難解な部分もあるため、あまり突っ込んだ学習は避けたほうが無難であり、大事なポイントのみを押さえる学習がオススメです。



《この要点まとめは…》
私の無料メルマガ(保坂つとむの「合格」合格塾)の“日曜版”との連携により、超効率的な学習が可能な宅建受験生向けコンテンツです。この無料メルマガとの相乗効果で実力アップが図れますので、下記サイト(発行システム:まぐまぐ!)での読者登録をオススメいたします!

 ↓
http://archive.mag2.com/0000271958/index.html



今日も応援の“ポチッ”をお願いしま~す!
    ダウンダウンダウン

人気ブログランキングへ



●●● 民法(不法行為)●●●

「不法行為」とは,ある者(加害者)が,“不法な”ふるまいで他人(被害者)に損害を与える行為のことである。
 ↓
不法行為があった場合,被害者は,加害者に対して,『損害賠償』を請求できるが,まずは…この損害賠償のルールから確認する。

―――――――――――――――――――――――――
【不法行為の損害賠償】

1)損害賠償の請求はいつまでできる?
不法行為の損害賠償請求権は,次のうち,どちらか“早くおとずれた時点”で消滅する。
 ↓
● 被害者等が損害&加害者を知った時から『3年』が経過
● 不法行為があった時から『20年』が経過


2)いつから履行遅滞になるのか?
不法行為”による損害賠償請求権は,『損害が発生した時点』から履行遅滞となる。
 ↓
 ↓
 ↓
ちなみに,“債務不履行(期限の定めがない場合)”では,債務者が債権者から『請求された時』から履行遅滞となる。


3)過失相殺
不法行為”では,被害者(債権者)にも過失があれば,裁判所は,損害賠償額を減額『できる』
(裁判所の裁量により,過失相殺するかどうかが決まる!)
 ↓
 ↓
 ↓
ちなみに,“債務不履行”では,債権者にも過失があると,裁判所は,損害賠償額を『必ず』減額する。
(裁判所は,必ず過失相殺を行う!)



注)上記2)3)については,“不法行為”と“債務不履行”の違いに注意しよう!

注)不法行為により生じる損害には,財産的な損害や精神的な損害があり,精神的な損害に対して支払われる損害賠償は,『慰謝料』と呼ばれる。
 ↓
慰謝料請求権は相続の対象となるため,被害者が生前に“ 請求の意思を表明しない” まま死亡した場合であっても,相続人に相続される。

―――――――――――――――――――――――――
【特殊な不法行為のルール-1 (使用者責任)】

会社の“被用者(従業員)”が不法行為をした場合に,その“使用者(その従業員が働いている会社)”が,責任を問われることがある。
 ↓
これが,「使用者責任」である。



1)どんな場合に成立するの?
使用者責任は,被用者が,使用者の『事業の執行』に関して,他人に損害を与えてしまった場合に…成立する。
 ↓
この「事業の執行」とは,“仕事中に”という意味だが,実際に仕事中であったどうかではなく,“仕事中っぽく見えたかどうか”で判断される。
(これを,行為の外形で判断する…などと表現する!)
 ↓
ただし,被害者が『悪意』or『重過失』の場合,使用者は,使用者責任(損害賠償責任)を“負わない”。


2)被害者は…誰に対して損害賠償を請求できるのか?
使用者責任が成立するのであれば,被害者は,使用者と被用者の“どちらに対しても”,損害賠償の『全額』を請求できる。


3)使用者が…損害賠償を支払ったら?
不法行為をやらかした張本人は…“被用者”なので,“使用者”が損害賠償を支払ったときは,被用者に対して「代わりに払った分を返して!」と請求できる。
 ↓
これを『求償』という!
 ↓
 ↓
 ↓
ちなみに,使用者が,被害者に損害賠償を支払ったからといって,被用者に“全額”を求償できるとは『限らない』
(判例では,『信義則上相当』と認められる限度で求償できる…と表現している!)

―――――――――――――――――――――――――
【特殊な不法行為のルール-2 (共同不法行為)】

「共同不法行為」は,複数の加害者(共犯者)がいる不法行為において,その加害者全員が問われる責任…について定めたものだ。



1)どんな場合に成立するの?
共同不法行為は,“数人が共同で”不法行為を行い,他人に損害を与えてしまった場合に成立する。


2)被害者は…誰に対して損害賠償を請求できるのか?
共同不法行為が成立するのであれば,被害者は,各加害者(共同不法行為者)の“誰に対しても”,損害賠償の『全額』を請求できる。
(各加害者は,“連帯して”損害賠償の責任を負う!)
 ↓
 ↓
 ↓
ちなみに,各加害者(共同不法行為者)間の“負担割合”は,『加害の程度(過失割合)』によって決まるが,この考え方は“加害者同士のみ”で通用する概念であり,被害者には通用しない。
 ↓
したがって,各加害者は,被害者に対しては,それぞれが損害の『全額』について責任を負うことになる。

―――――――――――――――――――――――――
【特殊な不法行為のルール-3 (工作物責任)】

「工作物責任」とは,土地の工作物(建物,塀など…)の“設置”や“保存”に瑕疵があって,他人に損害が生じた場合の責任である。



● 第1次的責任
その工作物の『占有者(例:賃借人)』は,被害者に対して,損害賠償責任を負う。
 ↓
● 第2次的責任
占有者が,損害の発生防止のために必要な注意をしたときは,その工作物の『所有者』が,損害賠償責任を負う。
(ちなみに,「所有者」は,“故意・過失”がなくても,責任を負わなければならない …『無過失』責任!)
 ↓
 ↓
 ↓
● 求償権
損害賠償をした“占有者 or 所有者”は,ほかに損害の原因について責任を負うべき者がいれば,その者に『求償』できる。
(例えば,建設業者のズサンな工事で損害が発生した場合,その建設業者に「お前のせいだ…金払え!」と請求できる!)

―――――――――――――――――――――――――
今回の“要点まとめ”は…ここまで。



●●● 今回の穴埋め(『  』に入るのは?)●●●

1) 不法行為による損害賠償の請求権は,被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から『  』年間行使しないときは,消滅する。また,不法行為の時から『  』年を経過したときも,同様とする。

2) 不法行為の被害者に過失があったときは,裁判所は,これを考慮して,損害賠償の額を定めることができ『  』

3) ある事業のために他人を使用する者は,原則として,被用者がその『  』の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。

4) 数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは,各自が『  』してその損害を賠償する責任を負う。

5) 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは,その工作物の『  』は,被害者に対して,その損害を賠償する責任を負う。ただし,占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは,『  』がその損害を賠償しなければならない。

(正解はこちら ^o^)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓


1) 不法行為による損害賠償の請求権は,被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から『3』年間行使しないときは,消滅する。また,不法行為の時から『20』年を経過したときも,同様とする。

2) 不法行為の被害者に過失があったときは,裁判所は,これを考慮して,損害賠償の額を定めることができ『る』

3) ある事業のために他人を使用する者は,原則として,被用者がその『事業』の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。

4) 数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは,各自が『連帯』してその損害を賠償する責任を負う。

5) 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは,その工作物の『占有者』は,被害者に対して,その損害を賠償する責任を負う。ただし,占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは,『所有者』がその損害を賠償しなければならない。

(今回の穴埋め…オワリ!)






【制作・著作】
たっけんコム(http://www.takken.com/)代表 保坂つとむ

※ 記事の内容に関する質問は、受け付けておりません。
※ 記事を許可なく転載・複製することを禁じます。












保坂つとむさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ