第64鞍:小指を立てない | 乗馬で上々な日々♪

乗馬で上々な日々♪

乗馬のレッスン記録と、時々ゴールドコーストのこと。
Horsetastic Days♪
Memorandums of my horse riding lessons, and sometimes about Gold Coast.

~第64鞍: マロン & S田コーチ~

(会員45分、部班3名)

・部班を組んで常歩、軽速歩で蹄跡、各個に巻乗り、八の字、蛇乗り
・部班を組んで駈歩で、等間隔で巻乗り

今日は久しぶりにS田コーチのレッスン。

お相手はマロンちゃん。
レッスン前の馬装中は、半目が閉じてちょっと眠そう。

立ち上がりがのんびりのマロンちゃん。
脚をギュギュッと入れるも、反応が鈍い。

マロンちゃんと私が先頭、2番手ポウちゃんペア、
そして最後尾にポチ君ペア。

私は先頭になるのは久しぶり。

コーチ、
「マロンもっと歩かせて、ポウちゃんはもっとゆっくり
させて間隔をもう少しあけて」

しかし、いつまでたってもマロンちゃんはグズグズ、
ポウちゃんは間隔を詰めよう詰めようとするので、
コーチがしびれを切らし、ポウちゃんを先頭にしようと
マロンを止めて、ポウちゃんに抜かせようとしたところ・・・!?

ポウちゃん、もの凄い不機嫌になり、
後ずさりまでして断固、先頭を拒否!

とりあえず、元の順番に戻って練習を再開。

まずは常歩で各個に巻乗り。

も、3組ともバラバラ、そしてくちゃっと固まってしまった。。。

「きちんと馬と馬の間隔を開けてないから、固まっちゃうんですよ。」

「最初は先頭に合わせて、真ん中以降は最後尾の馬に合わせて回って。」

2回目は3頭ともきちんと一馬身を開けて、上手くできました。

そして次に、軽速歩で中央線から入って、馬場中央で
八の字に巻乗りし、また中央線に戻り、蹄跡へという練習。

経路がよく分からず、最初はあたふたしてましたが、
なんとか回数をこなして、少しマシな感じに。

その時、コーチから
「小指を立てないで!!」
と、注意が。

これ、私の普段の癖なんですが、カップを持つ時など、
小指が自然に立ってしまうんです。。。

コーチいわく、小指が立ったままにすると、何かあった時に
ヘタすれば小指折れますよ、とのこと。

!?

危ないので、ほんと、小指は気をつけなければ。

そして、次は蛇乗りの練習。

これまた初めてだったので、なかなか上手くできず。

コーチからのアドバイスは、
・先頭は後ろの馬を考えて、なるべく大きくまわる(大きく弧を描く)。
・手前を変えるタイミングは真ん中(中央線)で。

このアドバイスをもらってから、コツがつかめて
とってもやりやすくなりました。

そして、この蛇乗りは、バランスを鍛えるためのものでも
あるとのこと。

コーチから、私の姿勢が前傾気味になっていること
注意されました。

この前傾姿勢は、後で駈歩をした時も、ネックとなってきたのですが。。。

最後に駈歩の練習。

こちらも初めての練習内容ですが、
3頭が均等に間隔を開けて、この間隔を保ったまま
輪乗りを続けるという練習。

ところが、なかなか3頭の間隔が均等にならず、
しかもなぜか3頭とも内へ内へと入ってしまう。。。

コーチ、
「開き手綱(=外方の手綱を肘は脇の横に固定したまま
拳を上に向けながら、弧を描くように横に開く感じ?)で、
馬を外方に戻して!」

なんとか、3頭の間隔が均等になって、駈歩を出したのですが、
今度はマロンちゃん、すぐに止まってしまい。。。

コーチ、
「すぐ、駈歩に戻して。」

しかし、駈歩が上手く行かなかった時は、
いつも一旦常歩に戻してから、駈歩を出し直して
いたので、軽速歩から駈歩にするやり方が分からない!?

コーチ、
「上体をまっすぐ戻して(=前傾させないで)
駈歩の合図を出せばできます!」

・・・!
なんとか、駈歩に戻ってくれました。

その後のコーチのアドバイスですが、
私は手綱に頼りすぎて、姿勢が前傾気味になるので、
とにかく、上体はまっすぐに起こして、お尻でバランスを取ること。

そして、駈歩発進させた後に、手綱を引っ張らないこと。

とのことでした。

バランス!!

本当に乗馬はバランスが大切なんだと、
最近しみじみと痛感しています。

行く行くは障害(=ジャンプ)にも挑戦したいと思っているし、
そうしたらバランスがよくなければとてもできない!

さあ、どうやってバランス感覚鍛えようかなぁ。。。



風が気持ち良いね~♪



ランキング参加中!気に入ったら「ポチッ」と押してくださいね☆ミ

乗馬・馬術 ブログランキングへ