「彼女と彼。見ている世界は別世界。(仮)」女性性編も、いよいよ大詰めとなって参りました!


>> これまで公開した目次一覧はこちら! <<


今回、迷走していた女性主人公がやっと本来の自分を取り戻し始めます。

これまで書きながら「どうなるんだろう!?」とずっと思っていましたが、ゴールが見えてきてほっとしています(笑)


今回のテーマは……

【女性性の「なんとなく」「しっくり」は世界一正しい】

です!!

 
 
『あれから、いかがでしょうか?』
 
 
色々と上手くいってはいます。
 
 
『それは大変結構なことでございます』
 
 
でも、これでいいのでしょうか?
 
 
『どうされたのでしょう?』
 
 
仕事はいい感じで、変な悩みも減って、気が楽なんです。
 
 
『それのどこに引っかかりをお感じになるのでしょう?』
 
 
何も「ない」んです!いま、仕事が終わったら家にすぐ帰ってるんですけど、予定とか遊びとかなくって……。
 
 
『それはよい傾向なのではないでしょうか?
 
 
そうなんですか?でも、でも、あれから大変だったんですよー。
 
 
『何かあったのでしょうか?』
 
 
周りにいた人と次から次に色々起きてしまって、誰もいなくなってしまったんです。
 
 
『どなたも……なのでしょうか?』
 
 
はい、この人も、この人も!?という感じに立て続けにあって、綺麗さっぱりです。
 
 
『その方たちと、いまもお付き合いされたいのでしょうか?』
 
 
いいえ、あの時は大変で「何で私だけこんなことに」っていっぱいいっぱいで見えてなかったんですけど、今思えば、こうなってよかった人たちばかりでした。
 
 
『でしたら、もう嫌な人間関係はないと?』
 
 
ええ、そうなんですけど……実は、彼とも別れたんです。
 
 
『そうだったのですね』
 
 
別れてから、何であんなのと付き合ってたんだろうと思うんですけど、これでよかったんですか?結婚したかったし……。
 
 
『ふふ。「その方と」結婚されたかったのでしょうか?』
 
 
それはもうないんですけど、次に現れるのかなあって。周りに言われるんです。「もう、そんな年齢になってどうするの?」って。
 
 
『そういう方もいなくなったのですよね?』
 
 
まあ、そうなんですけど……。
 
 
『お気持ちはなんとなく分かります。ぽっかり穴が空いてしまったような……そのような感じでしょうか?』
 
 
はい。することがなくなってしまって……。
 
 
『ご安心くださいませ。状況はかなりよくなっているように感じます。そこで無理やり予定やお付き合いを入れていないということが、これから功を奏することになるでしょう』
 
 
そうなんですか?
 
 
『はい。空白に耐えられるようになってきてから、人生はさらに好転していくことでしょう』
 
 
そこが不安なんです。
 
 
『空白に不安をお感じになるということですね』
 
 
はい。いままで、スケジュールがいっぱいだったのに、何もなくなってしまって……。
 
 
『まずは、この空白に慣れていかれると必ずや運気が巡ってまいります。それまで、少しの間のご辛抱です』
 
 
だったら、いいのですが…。
 
 
『いま、不安を埋めようと何かを加えようとしたり、誰かとお付き合いするようなことになれば、たちまち以前の生活にお戻りなってしまうことになります』
 
 
もう、あんな生活に戻るのは嫌です。
 
 
『でしたら、ここからが大切です。この空白になにを入れていくかで大きく変わっていくのです』
 
 
何を入れていけばいいのでしょうか?
 
 
『あなたが大好きだと感じるものです』
 
 
大好きなもの……。
 
 
『ここで中途半端なものを入れないことです。寂しいからとか、誘われたからとか、お付き合いで仕方なくなど……。
 
それらを入れてしまえばしまうほど、あなたの人生はあやふやになってしまうことでしょう』
 
 
それ、散々やってきました。
 
 
『ですので、ここから誰にも遠慮することなくお過ごしになればよいのです。ご自分の人生です。好き嫌いで選んでよいのです』
 
 
好き嫌いで選んではいけないと思ってました。
 
 
『運気がよい方というのは、好きと嫌いがハッキリしている方なのです。
 
そしてご自身の人生の中には「大好き」をひとつひとつ入れていっているのです』
 
 
「大好き」で埋めていくのですね。
 
 
『その通りです。その結果、あなたは「大好き」に囲まれるようになるのです』
 
 
あ、あ、そっかー!好きじゃないものも入れて来たから、しんどくなったりストレスになってたんですね。
 
 
『そして、大好きだと感じるものが現れるまでは、待てるということも大切です』
 
 
待てる!?
 
 
『はい。空白に耐えられないから動いてしまうのではなく、自然と惹かれたものが現れるまで待てるということです。
 
女性性の素晴らしいところは、感覚で惹かれた場所や、気になったことをやると不思議と自分にとって必要なものを積み重ねているということなのです』
 
 
なんだか行き当たりバッタリのような感じが……。
 
 
『それでよいのです。ご自身の感性や感覚を信頼なさってくださいませ。
 
私が知っているだけでも、何となく気になったところに行ったらそこで知り合った人からお仕事をもらうことになったという方や、結婚相手と出会ったなどたくさんございます』
 
 
わあ!結婚相手も!?
 
 
『はい。女性性というものは不思議な力があるのです。
 
ただ、嫌なもの、好きではないもの、ストレスを感じるものを抱えれば抱えるほど、そのセンサーは狂っていくのです』
 
 
だから「大好きなもの」なんですね。
 
 
『はい。女性性は、満たされるということが大きいのですが、「埋まらない穴」というものに対してストレスを感じることがあるのです』
 
 
だから、何かで埋めたくなるのですね。なんとなく、分かります……。
 
 
『ですので、丁寧に埋めていくことが大切です。大好きなものをひとつ、またひとつと増やしていくのです。
 
動くときは、惹かれたとき。これを繰り返していくことで、あなたの人生は「大好きなもの」に囲まれて、さらに言うのであれば、毎日がときめいたものになっていくのです』
 
 
うわあ、ときめきなんて忘れてました。
 
 
『ときめきこそが、女性性にとっては人生で潤いをもたらすものになるのです。
 
頭ではなく、ハートで選んでいくのです。
 
ときめいたものを招きいれれば、結果的に人生はときめいたものに囲まれることになります』
 
 
ああ…なんだか素敵です。
 
 
『それから、ときめきはあなた自身へ潤いをもたらします。
 
肌も雰囲気もオーラも瑞々しくなって魅力はますますアップしていきます』
 
 
私、疲れ果てて、バッサバッサに乾いてしまって、枯れてました……。
 
 
『ふふ……。いま、ご無理をされていないからか、先日お見かけした時と雰囲気がかなり変化されていますよ』
 
 
本当ですか!?
 
 
『はい。軽やかになってスッキリされている印象です』


そっかあ。よかった。ストレスも減ってっるし、仕事も前よりうまくいっているのだけど、なんだかぽっかりしてるのでこれでいいのかな?って思ってました。


『よいのです。いまは慣れていないだけですので、ゆっくりとで大丈夫ですので慣らしていってくださいませ。

そして「大好き」なもので満たされれば満たされるほど、それ以外のものに関しては違和感やしっくり来ない感覚が大きくなっていくことでしょう』



しっくり来ないものは招き入れなければいいんですよね?


『左様でございます。さらには、すでに招き入れたものでもしっくり来なくなったものはどんどん手放していってくださいませ』


ああ……私、もったいないからとか、人からからもらったとか、まだ使えるかもということで、取っておくことが多かったです。


『人間関係もですよね。これについても「しっくり」で選んでいくのです』


そっちはハードル高いです……。


『大丈夫です。なぜなら、お相手の方も同様にしっくりと来なくなっているからです。これは片側だけに起きるのではなく両方に同時に起きるものなのです』


うわあ。お付き合いも、「ときめき」と「しっくり」で選ぶんですね。


『特に女性性の場合には、「ときめき」や「しっくり」こそが、必要なものを教えてくれるのです。これは頭や理屈で考える以上に正しいことが多いのです。あなたのなかの「なんとなく」こそが、実は一番大切なことを教えてくれるのです』


私、「なんとなく」で選んじゃいけないとずっと思ってました。


『ふふ……。今日からは「なんとなく」を大切になさってくださいませ。驚くほどその感覚が正しいということがわかってきますよ』


いままで、「なんとなくこうした方がいい気がする」って言ったら、そんないい加減なことじゃだめとか、理由をはっきりしろとか、さんざん言われてきたから……。


『この世界に、女性性からくる「なんとなく感じる」以上にあてになるものなどございません。女性性は、いま起きていることの全体を掴んで、そこからサインを送ってくるのです。ハッキリしないのは、感じ取っていいる範囲が大きいからなのです』


そうなんです。なんだかモヤモヤするとか、そう感じるってハッキリしていないんだけど、後から必ずそのモヤモヤが当たることが大きいんです。


『これについては、男性の方でも女性の方でも、ご存知でない方が多いのです。そしてまず、あなたがご自身の感覚を信頼して委ねてみてくださいませ』


まず、私が感覚に従うってことですね。


『はい。そうすればするほど、ご自分の感覚が正しいということを実感されることが何度もあることでしょう。ある時から「この感覚になったときには絶対に正しい」というところまで確証を持つことができるでしょう。その頃には、わざわざ説明する必要もないというぐらいに信頼を感じているでしょう』


でも、人から説明しろと言われた場合には?


『これが、面白いのです。ご自分のなかで疑いがあるときには、他の人も疑いをもつのです。それが、自分のなかで信頼がアップすればするほど、他の方も同じように信頼してくれるのです』


じゃあ、私のなかで「説明がいらない」というぐらいに感覚を信じられるようになったら、周りもそうなってくれるということですね。


『その通りです。仮に、いちいち説明をしなければ通じない相手に関しては、自然と離れるといったようになっていくことでしょう』


そうなったら楽ですねー。感覚で生きていいけるんだー。


『はい。ですので、まずはいまの空白で平気になっていくこと。大好きなもので埋めていくこと。「なんとなく」「しっくり」の感覚を大切にすること。これをお続けになってくださいませ』


わかりました!なんだか希望が見えてきました。ありがとうございます。


『こちらこそ、楽しい会話をありがとう』

 

 

 

 

 

 

 


TAIZO'S BAR < THE BACK STAGE >

image

 

 

 

 

 

 

 

 

■開催日時:2019年9月16日(月・祝)

トークライブ:14:00~16:15

アフターパーティ:17:00~19:00<VIP特典>

■出演者:白石泰三・雲黒斎・堀内恭隆 

■VIP席(限定20名:残席:9名
特典:

①最前席エリアをご用意

②アフターパーティにご招待(軽食&ドリンク)

③Taizo's Bar店主による『自白剤カクテル』を一杯進呈(ノンアルコールも可)

④出演者との歓談

 

■会場:Nagatacho GRiD SPACE0 ルーム

 

 

 

詳細・お申し込みはこちら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
自由にセミナー開催してねー!
 

 

 

 

 


 

 

 

 



【世界一わかりやすいインスピレーション力®の教科書】

3日に1回の「メール講座」6日に1回の「動画解説」月に1〜2回の「誘導ワーク」
これぜーーーーんぶ無料で受け放題だよ!!!


僕のセミナーやイベントなどもここで先行案内することも多いので、
情報が欲しいなーという方もどんどん登録してねー。

ワンクリックで解除もできるので、お気軽に。
詳細はこちらから!




image


【シンクロ倶楽部】

月に1回のライブイベントや、仲間と交流できる。
堀内が最新でやってることをよくつぶやくので、もっと関わりたい人はおいで~!!


一緒にイベントを開催したり、自由に使えるコンテンツも開発しましょう。
告知や仲間集めも大歓迎。どんどん可能性広げてね!
詳細はこちらから