若手がアピールするところ

テーマ:

今日はね

昨日のブログの流れでもって

次の質問にお返事していこうかな。

 

 

二階堂公輝さん

コメントありがとう。

俺、ブログやってたんだよ(笑)

 

 

まず「首脳陣にアピールをする」

っていうところなんだけど

練習を見て判断することはないから。

見てるようで見ていない(笑)

 

 

見ているのは「実践」

紅白戦とかね

そういう場面で

思う存分

力を発揮してもらいたいね。

 

 

だからこそ

昨日のブログでお話ししたんだ。

本当にアピールしなくちゃいけない

実戦の前にさ

体壊しちゃったら話にならんじゃない。

そうでしょ?

 

 

だからと言って

練習を適当にやれ

とは言ってないからね。

真面目に練習に

取り組むことは

とっても大事なこと。

 

 

だけど

しつこく言うけど

練習で無理して怪我したら

元も子もないよ。

 

 

秋のキャンプはね

個人メニューが

組まれるんだけど

春はチーム全体として

統一したメニューが

作られるわけさ。

 

 

そうなるとね

昨日話したように

コーチはMAXの量で

メニューをつくってくるからさ

自分で考えて

これは自分には必要、必要じゃない

っていう取捨選択を

自分でしなくちゃいけない。

 

 

 

ピッチャーが完投する為には

少し手を緩ませる打順があるって

話をしたことあるでしょ。

 

 

 

考え方は一緒。

全てをフルタイムで

一生懸命やるなんて

体が持たないって。

「手を抜く」っていうと

また少し表現が違うかもしれんけど

でもそういう

「余裕」がなくちゃいけないよ。

 

 

それから質問の中の

「ブレーキをかけてくれる人」

っていうところだけどね

 

 

投手だけみても

選手20名くらいはいるでしょ。

正直言ってね

コーチはそこまで見きれないと思う。

 

 

誰だれはどうの

っていう話はするよ。

コーチで気づいたことがあれば

必ず幹部会に上がってくるからね。

 

 

でも厳しいこと言うけども

現実はね

このキャンプで

20名ほどの選手を

10名くらいに

淘汰していかなくちゃ

いけないんだよ。

 

 

ここはプロの世界だからさ

コーチの方も

遅れた選手よりも

いかに秀でた選手を

選択するかに

集中してるからね。

本人が無理して練習しているかどうか

その判断を見極めるまでは

難しいと思うよね。

 

 

若手諸君

体を壊さぬよう

自分に必要な練習を積んで

アピールするのは

実戦、試合で頼むよ。

 

 

去年のブログ

「ピッチャー魂」で

こんな話をしたよね。

 

 

畠世周が試合で投げててさ

ピッチングコーチの斎藤雅樹が

7~8回に「まだいけるか?」

と声をかけたら

「もう、いっぱいいっぱいです。」

って返事した話

 

 

こういう時にこそ

無理して欲しいねぇ。

練習より

試合の方が楽なんだからさ(笑)

 

 

二階堂公輝さん

俺の言いたいこと

上手く伝わったかな。

今年も巨人(?)の応援

よろしく頼むね。

 

 

それから最後にもう1つ

YES・NOのお返事だけなんだけど

 

 

らぶこさん

コメントありがとう。

少しカットさせてもらったよ。

 

このエピソードはね

本当ですよ。

内海に関しては

sff1710さんからも

質問をもらっているので

またの機会にゆっくりとね。

 

 

 

【 おまけ 】

昨日、警察の武道始式に

呼んでいただいて

今日はそのお話しをしようかと

思ってたんだけどね。

せっかく自撮りしてきたからさ

静かに載せておこっと(笑)