安全で安心な工事を❗❗





昨日は、やはり
東日本大震災のニュースが
多かったですね。



7年前の3月11日は、
ちょうど長男の一歳の
誕生日の1日前!!



家族が東北にいたら

どうしてただろうか??

と、よく考えてました。



阪神大震災の時は、
小学6年生でなにも
わかりませんでしたが、



東日本大震災で
当時28歳の私は、
歳をとっても

結局何もできないんだなぁ

と情けない気持ちでした。



他人のことなど考えられない
状況のはずなのに



周りで助け合ったり
日本中から支援が届いたり 



なんて日本は良い国だ!!



とも思いましたニコニコ



正直、外構工事だけで

地震や津波から守る❗❗

って、いうのは難しいショボーン



せめて少しでも
安全で安心な工事を行い
喜んでいただくぐらいです。



その一例として擁壁工事の
補修の事例を


擁壁(ようへき)

とはコンクリートの、
塀(へい)のことです!!
ダウンダウンダウン





人の骨のヒビみたいでしょ笑い泣き



写真の割れは、クラックと
呼ばれる割れで



コンクリートとコンクリートは、
暑さ、寒さで、伸び縮みするため



擁壁をする場合は、
スポンジ状の緩衝材(かんしょうざい)
が必要です。



今回の現場は、残念ながら
入っていませんでしたが、
構造上、問題がある状態では
ありませんでした。



しかし、近隣の方から

心配だ❗❗

と声が上がり
人の良いお施主様は、
直されることにしましたあせる

(弊社のお施主様は、
本当に良い方ばかり!!)



まず
ダウンダウンダウン





施工範囲が、
高いため足場を組んでから



材料を、
クラックの中にいれるため
わざと隙間を広げます!!



強度を確保ために
鉄筋も細かく入れていきます❗❗
ダウンダウンダウン






準備が出来たら
魔法の調合ですおねがい
ダウンダウンダウン






全ての箇所に塗っていきます
ダウンダウンダウン






まだまだ工程は、
続きます
ダウンダウンダウン





ここまでして、
やっと最終の仕上げです
ダウンダウンダウン






全体を見ると
ダウンダウンダウン






ここまですると
ご近隣様も安心して
いただけました爆笑



人の骨のヒビは、
自然に治るかもしれませんが
構造物は、手を加えてあげないと
いけませんねウインク



たいしたことはできませんが、
頑張って企業活動を行い



安全で安心な工事を
神戸で多くしていきます❗❗




本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました(^_^)

 



 

地元神戸で外構工事を承っております


はじめましての方はこちら

 

外構工事のプロ 『ホリ』

 

 

ランキングに参加しています

ご協力いただけるとうれしいです♪

クリックよろしくお願いします

↓↓↓

 

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
にほんブログ村

 

■エクステリアデザイン神戸


地域に密着したお庭の専門店です
エクステリアデザイン神戸のHP

↓ お庭のご相談はこちら ↓
Tel 0120-76-4128
メールでのお問い合わせ



わたしたちと一緒に
お庭づくりを楽しみませんか?

エクステリアデザイン神戸では
一緒に働いてくれる仲間を
募集しています。
興味のある方はぜひご連絡下さい。
↓↓↓
採用情報