先日の定泰寺様でのコンサートの様子を、ホームページに掲載していただきました😊

http://www.jyoutaiji.com/information/info_20190924_2.html

お堂の清らかな空気の中で吹かせていただきましたサンサーンスのソナタ、また吹きたいです。






オーボエ奏者、堀子孝英への演奏・レッスン・指揮のご依頼は、こちらのメールフォームへどうぞ!

船橋オーボエ教室のご案内です。
初心者の方から音楽大学受験生まで、丁寧にご指導いたします。

堀子孝英のプロフィールはこちらです。
https://s.ameblo.jp/horihorioboe-ramm/entry-12324752839.html


本日は東京セラフィックオーケストラの皆様と、指揮者としてフィンランディア、第九の第二楽章をリハーサル。
フィンランディア。トロンボーンってオケがtuttiで鳴ってても、一本だけの動きがしっかり聴こえるのがすごいですね。
コラールのフレーズ感について考えつつ。一音一音だけでなく、横の流れ。

第九は管と弦がずれやすい危険な箇所を中心に。
第九 2nd movの、268小節目からの四連打が好き。トレーナーであることをこの時は忘れ、ヘビィメタルロックのごとく4回ぶったたき(振り下ろし)ました。

第九は1月に自分も合唱幻想曲とのカップリングで吹きます。こちらも楽しみ。





オーボエ奏者、堀子孝英への演奏・レッスン・指揮のご依頼は、こちらのメールフォームへどうぞ!

船橋オーボエ教室のご案内です。
初心者の方から音楽大学受験生まで、丁寧にご指導いたします。

堀子孝英のプロフィールはこちらです。
https://s.ameblo.jp/horihorioboe-ramm/entry-12324752839.html



先日、モーツァルト「戴冠ミサ」の演奏会がありました。オーケストラ、合唱、独唱の全体の中でのオーボエの響きについて考えながら吹きました。

それから、定泰寺さんでのお彼岸コンサート。温かいお客様に囲まれて、幸せな気持ちでオーボエソロを吹かせていただきました。
イングリッシュホルンで「新世界より」を演奏中、少し遠くでお寺の鐘がコーン、と鳴り...素敵だなあ、なんて思ったのでした。サンサーンスのソナタ1st movも、sempliceな雰囲気がお堂の清らかな空気に良く合いました。

最近はリードの設計を変更中です。
今のところうまくいきそう。
自分の身体、楽器、奏法の自然な変化に合わせて。





オーボエ奏者、堀子孝英への演奏・レッスン・指揮のご依頼は、こちらのメールフォームへどうぞ!

船橋オーボエ教室のご案内です。
初心者の方から音楽大学受験生まで、丁寧にご指導いたします。

堀子孝英のプロフィールはこちらです。
https://s.ameblo.jp/horihorioboe-ramm/entry-12324752839.html