なんだか、ほんとに苦しい夢を見た。



現実で苦しくてそういう夢を見たのか、夢の中で苦しかったのかそこは分からない。



どんな夢だったかというと、




ドアを開けると父が立っていた。



すると突然わたしの顔に向かってスプレーのようなものをシューッとかける。



手をつかまれているので逃げられない。



そのスプレーがなんなのか分からないが、苦しくて息ができない。



それを見ていた母が助けに入ってくれたが、今度は母に向かってスプレーをかけるので、母も意識を失って行く。



周りには人が居て、談笑している。



近くにいるのに誰も助けてくれない。



なんで助けてくれないんだろう?



助けを求めたくても、声も出ない。



そして、意識はどんどん遠のいて行く。



そんなもうろうとした頭の中で、このスプレーは殺虫剤なんじゃないかと思った。



父は終始無言で無表情でそれをやり続けた。



スプレーからのシューッという音は止むことはなかった。




もう、とんでもなく恐ろしい夢で、しかも忘れない。




忘れない夢にはだいたいメッセージがあることが多いので、これの意味はなんなのだろうと考えた。



つづく



★次回、ケントのzoomお話会は最終回になります。
テーマは「自分を整える」です。
10月8日金曜日午後9時〜10時
参加費1000円
質疑応答の時間にケントがなんでも答えます。
(質問はテーマにそっていなくても大丈夫です)
お気軽にご参加くださいね(o^^o)

お申し込みはこちらから