「誰か助けてくださーい!!」と言った後、本当に誰かがやって来た。



そして、ヘルメットをかぶった人をヘッドロックした。



次男は心底ほっとして、その人がほんとにたくましく思えたそうだ。



そして、そのスーパーマンのごとくかけつけてくれた人をよく見るとそれはケントだった。



どうやら、「ちょ」っていうのは、



「ちょっと、待てや!!」の「ちょ」だったらしい。



そのヘルメットの人はバイクで走って来て、おばあさんが持っていたバッグを奪い取ろうとしてもみ合いになった。



ヘッドロックされている犯人から無事におばあさんのバッグを取り返した。



その後、ケントはバイクのナンバープレートにかけられていたおおいを取って、ナンバーを覚えた。



ヘルメットも取るとその人は女性だったようだ。



銀行でお金を下ろすおばあさんを見ていて、銀行からおばあさんをバイクでつけていた。



おばあさんが人通りの少ない道路を歩いているときに、後ろからバッグを取ろうとしたらしい。



そこへ次男がかけつけ、その後ケントがやってきた。



ところが犯人は「お金に困って思わずやってしまった。
許してください」とおばあさんに懇願した。



おばあさんは、バッグが戻ったので、犯人を許し、そのままバイクで立ち去ったそうだ。



そのとき、次男をほめた後にわたしは言った。



「ナンバーを隠してやっているんだから、常習犯だよ。なんで許しちゃたんのかな?
再犯の恐れがあるのに‥」と言った。



そのとき、次男から返ってきた言葉を聞いてもっともだと思った。



つづく



★次回、ケントのzoomお話会は最終回になります。
テーマは「自分を整える」です。
10月8日金曜日午後9時〜10時
参加費1000円
質疑応答の時間にケントがなんでも答えます。
(質問はテーマにそっていなくても大丈夫です)
お気軽にご参加くださいね(o^^o)

お申し込みはこちらから