8ヶ月になったケントは初めて飛行機に乗って熊本のおばあちゃんの家に行った。


空港に迎えに来てくれたおじいちゃんとおばあちゃんを見て、ケントは、抱っこしてもらおうと自分から身をのり出した。


それを見て、いっぺんに二人はケントにメロメロになった。



ケントは離乳食もよく食べたし、おばあちゃんは嬉しくて、せっせと離乳食をあげた。


ちょっと食べ過ぎだと思ったので、翌朝、母に「ケント、ちょっと食べ過ぎだと思います」と言った。


自分の母ならもっとはっきり言ったのだが、義理の母なので遠慮気味に言った。


母は「うるさか嫁やね」って感じであまり真剣に聴いていない感じだった。


そして、わたしの知らないところで、スイカのジュースを作り、哺乳瓶の口元まで入れて全て飲ませてしまった。


それでなくても食べ過ぎで、悲鳴をあげていたケントのお腹はすっかり壊れてしまった。


そこから下痢になり、帰りの飛行機もトイレの近くにしてもらったり、大変な思いをしながら帰ってきた。



そして、



帰ってからが、戦いだった。



つづく