三男の引っ越しが決まった。



ぼちぼち引っ越しの準備を始めるらしい。



三男の引っ越しに関してはわたしは全く関与していない。



まぁ 24歳なので当然だ。




相変わらず、請求書はそのままになっているし、他の書類も開封すらしない。




こんなことで大丈夫なのかと思うが、本人が決めることだし、本人の問題だ。




それを放っておくことは後で面倒なことになるので、書類が来たら直ぐに開けることを習慣にした方が良いと言ってきたが、なかなか改善されなかった。




改善されないまま引っ越して行くのか‥




ADHDの人の中には、その問題を抱えている方もいるのではないかと思う。




もちろん、誰だって請求書を開けるのは嫌だ。




嫌だけど放置はできない。




早く支払わなければどんどん延滞金が加算されるだけだと分かっている。




子どもが未成年のうちは親にも責任があるが、成人すると本人の責任だし、この問題をどうしたら良いのだろうかと考える。




今まで一定額を給料日のときに本人から預かって、そこからわたしが支払ったりしていた。




しかし、もうそんなことできない。




自立して行くのだ。




自立を喜びながら、どうするのかな?と思ったり、わたしがその自立を妨げていたんじゃないかと思ったり、複雑だ。




任せなさいよ。




信じなさいよ。




という声がかすかに聞こえる。




もう、これはわたしの修行だな。




さんざん修行してきたと思っていたけど、まだまだだ。




末っ子の自立を前に、揺れてます(*´ー`*)