次男が自分のエゴグラムテストの結果を教えてくれた。




エゴグラムテストって何か?



性格診断法の一つで、人間の性格は親から受け継いだもの、育った環境や経験などさまざまな要素で作られるもので、人の心を5つに分類している(厳しい心、
愛情の心、大人の心、自由な心、順応する心)



その中でAC(順応する心)は「いい子を演じようとする心」ってことらしい。



次男の診断結果はまぁまぁみんな高かったが、一つだけ、ひどく低いものがあって、それがAC (いい子を演じようとする心)だった。



なるほど確かにそうだと思ったが、うちの子は多分、全員がこれはう〜んと低いと思った。



それを次男に言ったら、「お母さまの場合は、この値はマイナスになると思いますよ」と言われた。



マイナスっていうのはないと思うのだが、多分次男が言うようにわたしも低いと思う。



つまり、分かりやすく言うと、「親の顔色を見ない」っていうことだと思う。



自分のしたいように決めて、我が道を歩んで行く。



親がそれをどう思うかなんて考えることもない。



なので、うちの子どもたちは、勝手に高校をやめるし、仕事も辞める。



だけど、自分で考えて、自分で決めて、自分でなんとかしている。



わが家は一匹狼の集合体みたいなもので、団結力もないし、お互いのことにあまり関心がない。



わたしは子どものことに関心はあるが‥



グループラインで楽しいやり取りなんて全くなくて、わたしが孫ちゃんの写真をたまにアップするくらいだ。



およその楽しい家族のグループラインのやり取りとか聴くと「いいなぁ💕」って思う。



けっこううちは寒々しい関係だ。



それでも、会えば色んな話をするし、良いことがあれば「良かったじゃん」って言ってくれるし、これがわが家なんだと思う。



親の顔色なんて見ないで好きに生きている子どもたちはそれはそれでステキだ。



わたしも好きに生きてきて、ほんとに幸せだったし、これからも幸せだ。



互いの幸せを願いながら、
自分の道をそれぞれが歩いて行く( ̄^ ̄)ゞ





☆☆☆☆☆