古民家♡納屋のリフォーム

テーマ:
週末暮らす、田舎の古民家は
もともと農家さんのお家なので
納屋があります。
 
 
ボロボロにはがれてしまって
穴も空いている状態の土壁を
きれいに直しております。
 
ようやく先週末、1階が90%ほど完成!
桜色の漆喰を塗りました ドキドキ
 
 
image
 
 
暖房がなくって、作業中はとっても寒い・・・ 得意げあせる
でも、次第に美しくなっていく室内を眺めていると
テンションが上がります!
 
ここは、農家さんがお米を置いていた場所で
お米が壁に当らない様に、板が壁に打ち付けられているのですが
味があって、カッコいいのです。
 
 
image
 
狙って、これはできないなぁと思って、
隙間を漆喰で埋めるのは大変だったのですが
元の板を活かして、チャレンジしてみました。
 
 
image
 
板にはステインを塗って、マスキングもせず
ガシガシ楽しく壁を塗りました ニコニコ
 
 
両サイドは、補強目的に
構造合板を張りました。
 
before>>>
 
image
 
 
after>>>
 
image
 
板を張るだけで見違えるようにきれいになりました!
 
 
でもでも、古い家ならではの悩みで
柱がまっすぐに切り出されていない上に
歪んで斜めになっている個所もあったりして
そのエッジに合わせて板を調整するのがとっても大変でした。
 
 
二拠点生活2年半年目にして、
ようやく納屋も収まってきたので、
あふれかえった道具の整理も出来て
やっと母屋も片づけられそうです^^;
 
 
さて、次回はこの納屋の柱や
虫食いの跡を塗装して・・・
天井や二階もまだまだ手直しするところがいっぱいですが
こつこつ頑張ろうと思います!