五代続く老舗 と聞いたら、それが何屋さんでも
興味しんしんな私です


ということで
3日の夜は コルフタウンへ皆で繰り出して
見学してきたのは 石鹸屋さん




五代ずっと同じ作り方!



入った時に、Lumina氏いわく


「ここ、すごい神気!」


訳すと、「めちゃ凛とした澄んだ空気」



きっと、ファミリービジネスとして
真剣に真摯に打ち込んでいらした場、
なのでしょう



昔ながらの作り方でオリーブオイルから…
あれこれ説明と実演

夏は3日でできちゃう
冬は2週間かかる、同じ石鹸を作るのに!
自然、ってそういうことなんですね😅


作って最低4ヶ月は寝かせないと
汚れが落ちないのだとか


あとは85年もののナントカを混ぜると
素晴らしい石鹸ができるらしい
なんだっけ、、
日本に帰ったらちゃんと説明書読みますね😅



道々、八百屋やギリシャらしいお土産物屋さんが






{3A2E1AC4-176E-4BAF-A803-EF5179A37FBB}





{9A152717-ADF0-45FD-B4F0-F78A9EAB6280}




海綿は700〜800円くらいかな



{02A48437-6FC2-4DE5-831E-012B92404999}




ヨーロッパでは 夏は屋外で楽しむので
こんなカフェがたくさんあります


ここは タベルナ、つまり 食堂 です



{712865A6-299C-4430-8A35-8FBA7F5DD53F}




ここはなんだろう?
アイアンのデザインが素敵



{B0A67B20-2BCE-4EB9-8BA1-EB1AAD9B6F5E}





ここがその石鹸屋さん、奥がこの工場です



{8059D38B-31C1-4A88-9E15-A302945404B9}




{B3F62509-95EC-4B61-A86B-C732F5DA0F91}




手で手早く印を押していく かなりの職人技


印はズレても良い、クレームがきたことは一度もない
とのこと(・◇・)/



{91E765FE-CE0F-4920-BD17-A6E932CECC99}



おじいさんの代に使った樽

博物館も兼ねているから置いてあるのだ、と



{BC7AF73E-53E7-435B-8C24-8AB0CE026275}





こうして保存、いや寝かせる?



{736E1705-9800-4791-971B-6D12349F901D}



寝かせるのが大事な行程
緑色のうちは、使っても汚れが落ちないんだとか





{C68463D5-F866-40F9-AE67-258D898A860F}




出来立ての石鹸はこんなグリーン

酸化して茶色っぽくなります




{47AD8D3E-25FF-4C8E-B8E0-9FBC88A1595F}




見学のあとは ハーバー沿いで食事
この明るさで 20時半です



{33E04E5D-5467-4EB8-819D-6217289ED82D}




皆さま、本当にパワフルです❣️
遊んでいるだけとはいえ、帰宅は夜中の0時20分

ギリシャの夜は 遅い時間に盛り上がる、ので
睡眠不足です



海の幸は どこで食べても美味しいです



{9BB73EF6-6A21-4B10-B1A9-7CB66B7B80A6}




夜は、ライトアップされた船が美しい




{C3C73E48-6C6D-4C86-B2CC-412A498703E8}



この日も沢山 蚊に刺されました ( ´Д`)y━


あ、ギリシャにも日本とほぼ同じグルグルの
蚊取り線香が売っています

やはり、蚊取り線香は威力があるようです!
朝起きたら 撃沈したモスキートが壁際に4匹も


蚊さえいなければ最高のコルフです

あ、
蚊はいても やっぱり素晴らしいところです!