ホープフルステークスの予想2018。出走馬データ、傾向を分析。

ホープフルステークスの予想2018。出走馬データ、傾向を分析。

ホープフルステークス2018の予想をブログで公開しています。出走馬の詳しいデータや、レースの傾向などを分析して書いております。


テーマ:

12/28(金)に中山11R・芝2000mにて
《ホープフルS》が開催されます。

 

 




翌年のクラシック戦線に夢をつなぐ
2歳中距離チャンピオン決定戦。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。


============
ホープフルSの出走馬
============


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ニシノデイジー 55.0 勝浦正樹
2 2 ブレイキングドーン 55.0 福永祐一
3 3 キングリスティア 55.0 内田博幸
4 4 ヒルノダカール 55.0 松田大作
4 5 サートゥルナーリア 55.0 M.デムーロ
5 6 ハクサンタイヨウ 55.0 松岡正海
5 7 ミッキーブラック 55.0 O.マーフィー
6 8 アドマイヤジャスタ 55.0 C.ルメール
6 9 ジャストアジゴロ 55.0 田辺裕信
7 10 マードレヴォイス 55.0 三浦皇成
7 11 ヴァンドギャルド 55.0 C.デムーロ
8 12 タニノドラマ 55.0 池添謙一
8 13 コスモカレンドゥラ 55.0 戸崎圭太


以上、出走馬13頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


サートゥルナーリア

半兄にエピファネイア、リオンディーズ
という2頭のG1ホースがいる良血馬。

期待に違わぬ高レベルな走りで
デビューから2連勝を飾っている。

無傷のV3でG1制覇となるか注目だ。


アドマイヤジャスタ

2014年コーフィールドCの勝ち馬である
アドマイヤラクティの半弟にあたり

2016年のセレクトセール当歳セッション
において1億5120万円(消費税込み)で
落札された期待馬。

重賞初挑戦のここでどんな走りを
見せてくれるのか楽しみだ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ニシノデイジー

新馬戦は2着に惜敗したものの
同舞台の未勝利で初勝利を挙げると
その後は札幌2歳S、東スポ杯2歳Sと
G3を連勝している実績馬。

他に重賞タイトルを持つ出走馬がいない
今回は主役の座は譲れないところだ。


ブレイキングドーン

OP特別・萩Sでは放馬による疲労で
競走除外となったが、仕切り直しの
前走・京都2歳Sでは2着に好走した。

その前走で先着を許したクラージュゲリエが
不在の今回はチャンス十分だろう。


ヴァンドギャルド

母がフランスのG3勝ち馬という良血で
新馬戦を1番人気に応えて勝ち上がった。

3着止まりだった2戦目の東スポ杯2歳Sも
勝ち馬との差はわずかだった。

今回、G1でも好勝負の期待が高まる。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-2-1-3】
2番人気【2-2-4-2】
3番人気【1-1-0-8】
4番人気【2-1-0-7】
5番人気【0-1-1-8】
6番人気【0-0-0-10】
7~9番人気【1-3-4-20】
10番人気以下【0-0-0-52】


1,2番人気はそれぞれ複勝率
70%,80%と安定した成績。

また、8番人気以下からは勝ち馬ゼロで
9番人気以下からは連対馬がゼロ。

10番人気以下は1頭も馬券に絡んでいない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

※中山で開催された2014~17年の
 過去4年間のデータ。

1枠【0-0-0-6】
2枠【1-0-0-5】
3枠【0-1-0-6】
4枠【1-0-2-5】
5枠【2-0-0-5】
6枠【0-1-1-6】
7枠【0-1-1-6】
8枠【0-1-0-9】


5枠が最多の2勝をあげており
また、4枠が3着内の頭数が一番多く
真ん中の枠が好走傾向にある。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-0-6】
先行【1-2-0-15】
差し【3-2-4-16】
追込【0-0-0-11】


先行・差しが優勢。

逃げや追い込みといった極端な脚質の
馬はほぼ決まらないので注意。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
・ 予想情報局の総括
===========


ホープフルSは中山芝2000mで行われる。


重賞昇格後も新馬戦から挑む馬が強く
勝ち馬がこの10年で6頭。

そして10年間毎年馬券に絡んでいる。


特にキャリア2戦以内の馬が好成績で
勝ち馬はキャリア4戦以内から
馬券に絡むのは6戦以内となっている。


また、過去10年で連対した20頭中
19頭が前走3着内だった。


そして、重賞格上げ後の14年以降は
17年のタイムフライヤーだけが前走2着で
その他の11頭はすべて前走1着だった。


最後に、過去10年で馬券に絡んだ30頭中
24頭が前走1800〜2000mのレースに出ていた。


よって、前走の距離・クラス・着順をもとに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
馬券を構築していきたいと思う。
~~~~~~~~~~~~~~



⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


本命は【タニノドラマ
==========

新馬戦での勝ちっぷりが
素晴らしかった。


対抗は【サートゥルナーリア
=============

データ的には減点がない良血馬。


以上を加味した馬券戦略は

◎:タニノドラマ
◯:サートゥルナーリア
▲:アドマイヤジャスタ
△:キングリスティア
△:ジャストアジゴロ



固い決着が多いが、抑えには人気薄が
来ることもあるので手広く勝負予定。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

競馬の最新ニュースは下記の各種SNSにて

リアルタイム更新しております。

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス